2020/1/12

オンマエ  
今日も十一月度総幹部会の各種登壇を見て行く。

大師子吼

婦人部第八総部長(中部・首都圏)が言っている。第二十五婦人部長(首都圏)も言っている。ようするに浅井先生のオンマエで登壇しているのだ。先生はそれを受け入れていることになる。教祖たるゆえんである。

輪奐の美

これには恐れ入った。男子部第十二総部長(南東北)は、ずいぶん教養のある人のようだ。

大学病院の脳外科医が広告文で入信
 医学会で「メス入れられぬ献体が話題」と


女子部二百九十六区総班長(神奈川)の記事である。献体の話題は拙ブログでも取り上げているはずだが、今は詳しく記憶していない。ともかく医者の会合で話題になるほどの衝撃的な出来事で、失礼ながらどこまでが本当なのかと疑う気持ちがあったのも事実である。今回の記事はそれが本当の話だったことを証明していることになる。欲を言えば入信した脳外科医本人が登壇するべきだろう。いつものことながら顕正会の話題は又聞きレベルで終わっている場合がほとんどである。今回も現段階では同じことだ。

 また、私は生命保険会社に勤務しておりますが、昨年の営業成績「全国一位」に続き、本年も優秀な成績・・・

このくだりは総班長自身のことなので、ウソではないのだろう。ひじょうに立派なことである。また、営業関係の仕事で好成績を上げている人は、顕正会の折伏においても成果を上げている場合が多いような気がする。

そこで思い出したのだが、生命保険のセールスレディ―は長続きしない仕事の代表格みたいな話をどこかで聞いたことがある。やはり成果が上がらないと収入にならないし、居心地も悪くなるのだろう。顕正会とひじょうによく似ている。

次の婦人部信州支区部長(長野)はわりと登場頻度の高い人だと思う。今回はちょっとした部分を取り上げておく。

 去る十一月三日、東北随一の新仙台会館御入仏式が厳粛に挙行され、私も当日のビデオ放映において浅井先生の重大指導を視聴させて頂きました。

当日のビデオ放映?

浅井先生の出席する集会は後日ビデオ放映が行なわれる。全国各地の顕正会員がそれぞれの地元の会場で視聴する。しかし、上掲はそれとは異なるようである。
おそらくは元旦勤行のような感じなのだろう。浅井先生は第一回目に出てそこで新年の挨拶をする。二回目以降はビデオを通して先生の挨拶を視聴するわけである。
すると彼女はわざわざ長野から仙台まで遠征したことになる。それでいて一回目には入れず、二回目以降にビデオを視聴したことになるのだ。

熱心なのはわかるが、ほどほどにしないといけない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ