2020/2/3

イヨイヨ  
沖浦氏がまたしてもやらかした。趣意はやめろと言ったはずである。師匠の言葉なのであれば正確に引用すべきだろう。御書の引用と同じである。
ちなみに御書の場合、趣意でも構わない。ただし御書は日蓮系とりわけ日蓮正宗系の共通ベースであるから、趣意と言いつつそれがきわめて恣意的なものであれば反撃を食らうことになる。
ところが池田氏の発言は必ずしも共通ベースではないので、氏が何をどのように言っていようがわたくしの知ったことではない。しかし、そうであってもそれが沖浦氏の恣意的な引用であれば問題だろう。ゆえに正確に引用しなければいけない。

さて、顕正新聞第1497号である。

第一面には浅井先生の年頭ご挨拶の要旨が載っていて、続いて隊長・区長・支区部長以上の幹部に対する挨拶が載っている。

いよいよ最終段階に至った・・・

いよいよ広布最終段階に突入した今・・・

いよいよ最終段階を迎えた・・・


いよいよ、なのだそうである。以前から指摘しているように、最終段階を云々するようになって久しい。その意味で、「いよいよ」はウソないしインチキである。

二面から三面にかけて挨拶の全文が載っている。最大の問題点はすでに示した通りである。さらに他の問題についても、いくつか書いておこう。

著名な地震学者4人が、それぞれ「2020年に発生する可能性あり」などと言い出している。

相変わらず予言が好きな人だ。しかし、浅井先生の予言は当たらないことで有名である。ゆえに著名な地震学者を引き合いに出すわけなのだろう。ただし、学者は予言者ではない。彼らはあくまで可能性を云々しているだけなのである。ところが顕正会の中では話だけが増幅され、あたかも本当に地震が起こるかのごとく錯覚してしまう。この繰り返しである。

世界の借金総額
  二京七千兆円


わたくしは経済問題に疎い。ゆえに実感が持てない。ただし、世界はさておき日本の景気はかなりアヤシクなりつつあると思う。オリンピック景気もいよいよ終わりを迎えるし、その後の展望が見えないのだ。

この点、方向性としては浅井先生の言っていることに異論はない。その上で一つだけツッコミを入れるならば、安倍政権批判はどうなったのか、である。経済の話をするのであれば、政治についても云々すべきだろう。ここ一年くらい、安倍批判が聞かれない。安倍批判の代わりに阿部批判を展開したのが去年一年間だった。

 どれほど世の中が乱れ、危険が身に迫るとも、大聖人様は門下の一人ひとりを、御本尊・諸天善神助け給えと・・・

ここは御書の通解である。しかし、それにしてもどうかと思う。具体的には御本尊・諸天善神のくだりだ。説明は省略しよう。

元旦勤行における浅井先生の挨拶については、おおむねこんなところである。

いや、そうではなかった。

 この大悪には二つある。
 一つは、仏法上の大悪たる「御遺命破壊」。
 もう一つは世間の大悪たる「前代未聞の大闘諍」であります。


これも説明は省くが、ちょっとヘンな感じだ。過去の一国諫暁で言っていたことと、少しズレているような気がする。

いずれにしてもである。広宣流布の最終段階を云々する前に、御遺命守護の戦いを完結させなければ話にならないだろう。昨年あたり、最終章という言葉を盛んに使っていたが、いわば今現在は最終章に突入したばかりと考えるべきである。ゆえに最終章の完結がいつなのか、それが問題である。昨年、正信会系の僧侶が顕正会の支持を表明した。では本年、それに続く動きがあるのか、とりわけ正宗の僧侶の中から出てくるのか、そこが最大のポイントだろう。一方で、活動会員の離脱・流出という深刻な問題がある。これは正確な実態がつかめない話ではあるものの、顕正会の恒常的な問題であることは間違いないだろう。不謹慎ながら浅井先生の年齢的限界も見えてきた。

こうしてみると、顕正新聞にいちいちツッコミを入れる作業も、あまり有意義ではないのかもしれない。今後は更新頻度を下げて、重要な問題だけに取り組むべきなのかもしれない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ