2020/2/22

ノタマウ  
沖浦氏のコメントに三国志の話が出てくる。

 乱れた世では本当の人物は出てこないのです。
 いないのではなく、隠されている。
 それを見つけるのです。
 人材は常にいますが、世に阻まれて出てこない。
 それを見つけ出すのが王の資質です。


これは何かのコピペなのか、それとも沖浦氏の脳内にストックされているものなのか、そこが気になった。不勉強のわたくしは脳内ストックがほぼゼロなので、上掲のようなセリフがスラスラと出てくる人を羨ましく思うのだ。

話が通じない。道理が通じない。何を言っても、ビクともしない人達のようです。

今度はミカン氏である。顕正会に対する鋭い観察眼を持っている。上掲はその一節であるが、いわばこれがカルト宗教の典型的な姿なのかもしれないと思った。

氏も指摘しているように、平伏する、咽び泣く、みたいな言葉は一般的には多用されることのない言葉である。それが顕正会の中ではたくさん使われている。このことが特殊な環境を物語っているのだ。

わたくしが常日頃、顕正新聞の中からピックアップしている言葉の数々も、そうした特殊性を感じさせるものが多い。

さて、引き続き顕正新聞を見て行くが、まずは上掲に関連するところから始めよう。

先生の「漢王三尺の剣」を重くする大成長を・・・

これは男子部第五十九隊長(宮城)の記事に出てくるわけだが、無教養のわたくしにはさっぱりわからない。おそらくはかつての冨士に解説みたいなものが載っていたと思う。あるいは顕正新聞のコラムのようなところにも書かれていたかもしれない。しかし、わたくしはそれでもわからなかった。顕正会の人たちは皆がわかっているのだろうか?

 「諫臣・争子」として、国のため宗門のため全責任を担われる先生・・・

第十三婦人部長(東北)の言っている意味はわかる。ただ一般人にはわけがわからないだろう。ましてや全責任などとノタマウのは特殊きわまることだ。

顕正会の特殊なボキャブラリーについては今後も取り上げていきたい。

顕正会初の地方会館として仙台会館が建立され・・・

ところでこの女子部第十一総部長(南東北)の発言は正しいのだろうか?

わたくしの認識が正しければ、顕正会初の地方会館は高知会館ではなかったかと思う。かなり早い時期から存在した。それは有力なリーダーがいたからなのだろう。ところがその人物は途中でおかしくなってしまった。有名な事件であり、わりと最近も話題に上がっていたと思う。もっとも委細に見れば、幹部の離反は日常茶飯事なのだが・・・

次のページに目を転ずると、正義にめざめて、の登壇が二本ある。いずれも高齢の男性であり、婦人部ないし女子部の紹介で創価学会から入会したらしい。ここでは具体的な内容を省いて、感想だけを書いておこう。若い入会者はいないのだろうかと。今は平均すると入信も入会も高齢者が目立つようだ。

下段の女子部第二百九区班長(宮城)は八十一で亡くなった母親のことを書いている。

 令和元年六月に開催された北東北大会では、長距離の移動を伴うことから母の体調を心配し、「車椅子で行こうか?」と提案しましたが
 「浅井先生にお会いするのだから、車椅子では行かない」
 と、キッパリ断られ・・・


亡くなったのは九月であるからして、すでに六月の時点でかなり衰弱していたと考えられる。その意味で車椅子を拒否する気丈さは美談と言えるかもしれない。ただし、あえてイチャモンをつけるが、上掲は少し問題があると思う。ようするに現状、顕正会には後期高齢の会員がたくさんいて、車イスを常用している人も相当数いるはずなのである。ゆえに上掲のような記事は、その人たちから車イスを奪うことにもなりかねない意味で問題なのである。

しかし、さらに矛盾したことを言うと、高齢者の中には甘ったれている人もマレには存在する。頑張れば自力歩行が可能なのに、甘ったれて車イスにすがっている。結局、そういう人は筋力が衰える一方なので、二度と自力歩行ができなくなる。それじゃあダメなのだ。

最近の顕正会は高齢者が目立つ。結果として臨終を云々する記事が多い。

それはそれで結構だが、わたくしの思うに高齢者の生き様のようなものをもっとアピールすることができれば、顕正会も存在価値が示せるのではないかと思う。現状は生き様ではなく死に様を見せている。仏法上、それが重要だと言いたいのはわかる。ただ、それだけではダメだろう。やはり生き様を見せるべきなのだ。

あるいは浅井先生がそのお手本のつもりなのかもしれないが・・・


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ