2020/7/6

リリク  
このところ教義の話題ばかりを書いてきたので、そろそろ顕正新聞の話題に戻りたいと思う。沖浦氏には不満かもしれないが、いずれまた書く機会もあるだろうから、それまでお待ちいただきたい。

ところで地区部長さんの話であるが、これはダイアリー氏の指摘がきわめて常識的であり、むしろ沖浦氏は己の軽卒を反省すべきである。

沖浦氏は実名で正々堂々と論陣を張って来た。この点は立派である。何しろ他の多くの創価学会員は匿名でしか書き込みをしない。そうした匿名の創価学会員たちが沖浦氏を攻撃してきたのも事実であり、たとえその原因が沖浦氏側にあったとしても、匿名と実名の戦いであれば実名の沖浦氏に幾分かは肩入れしたいという気持ちがわたくしにはあった。しかし、また同時に、言論の世界は言っていることが正しいか間違っているかが重要なのであって、沖浦氏がデタラメなことを言ってきたのも事実であり、この点はわたくしも厳しく追及してきたつもりである。

話が脱線してしまったようである。

ようするに地区部長さんは拙ブログにおいては匿名側の人間であって、いわば他の多くの創価学会員と同じ立場なのである。ここに沖浦氏の失策がある。沖浦氏はもともと実名であり何の差し障りもなく言いたいことが言える。しかし、地区部長さんは違うだろう。その立場を慮るならば、書いてはいけなかったのである。

おそらくはああ言えばこう言うで、何かしらの反論を言ってくるかもしれない。それはそれで結構である。なぜならば拙ブログは投稿制限を設けていないからである。しかし、その意味を拡大すれば、地区部長さん自らが拙ブログに投稿することも可能なのである。

いずれにしても、沖浦氏が自分自身のことを書くのは勝手であり、誰も文句は言えない。しかし、他人のことを書く場合にはそれがどのような作用を生むか、よく考えてから書くべきだろう。

さて、顕正新聞第1509号の続きである。

「新型コロナ」で医療崩壊、病院内は殺伐
  看護師が防護服の代わりに割烹着


第三十八女子部長(首都圏)の記事にはご覧の見出しがある。彼女自身は損保代理店に勤務しているそうであるが、どうやら組織の中に看護師がいるらしい。本文を確認すると、第二百八区長が都内の総合病院に勤めていると書かれている。そして見出しが示すごとく、防護服が足りずに割烹着を着ている。女子部長はそれを医療崩壊と書いている。

少し大袈裟な印象がある。

医療崩壊の定義を知っているわけではないが、わたくしのイメージでは感染者が加速度的に増えてしまって病床が足りなくなる状態を意味するのだと思う。離島であるとか過疎地においては急病人への対応が大変である。それこそヘリコプターを使って搬送することもある。ところが都内であれば救急車でわりとすぐに病院に運んでもらえる。実際にはコロナの問題が大きくなってからは受け入れ拒否=たらい回しのようなことが頻発していたらしいのだが、全体の病床数自体は余裕があったという。ようは院内感染の恐怖から、受け入れを渋る病院が少なくなかったのだろう。実際、院内感染が深刻な病院もあった。

先週あたりは都内で百人単位の新規感染者が続いた。いよいよ第二波が襲ってきたとの見方もあるわけだが、病床数には余裕がある感じである。現状、重症化する人が少ないことが幸いしているのだろう。

 先生は曽て
 「時が来れば、入信を願い出る人が会館に列をなしてやって来る」
 と仰せになりましたが・・・


婦人部千葉支区班長(千葉)はかつての浅井発言を紹介している。しかし、これが何年何月のどのような集会での発言なのか、そこは不明である。ゆえにわたくしの記憶をそのまま書いておこう。

浅井先生が言っていたのかどうか定かではないが、かつては幹部たちが口を揃えて上掲のようなことを言っていたのだ。時期的には百万以前だったろう。当時、よく使われていた譬えは、飛行機の離陸である。離陸の時にいちばんエネルギーを使うのだと。ゆえに百万までが大変なのであって、百万以後はラクチンであると。勝手にどんどん入信してくると。そして巨大地震だとか経済崩壊が起きれば、顕正会の言っていた通りになって来たことに皆が気づいて、会館には入信勤行の行列ができるようになるのだと、幹部たちは言っていたのだ。

しかし、現時点ではまったくその通りにはなっていない。

ちなみに今の顕正会では三百万が一つの合言葉になっている。わたくしから見れば騙されているに等しいだろう。なぜならば百万達成に向かう当時の顕正会と同じだからである。そして実際に起こったことは、百万達成を経験した当時の顕正会員の一定数が離脱してしまったという事実である。

あれ? おかしいぞ? 今まで言っていたことと違うのではないか?

ようはいつまで経っても楽にならなかった、活動会員たちはノルマに追われる日々から解放されず、その後もずっと使役し続けられているのである。

 その日は雪が降っていましたが、臨終からしばらく時間が経っていたにもかかわらず、救急隊員が「体温が三八度ある。電気毛布をかけていましたか?」と驚いて聞いてくるほど温かく、さらに検死の時には四〇度まで上がっており、検死医も驚いておりました。

あれ? わりと最近の記事で似たようなのがあったぞ?

男子部第百六十六隊班長(首都圏)の記事ではご覧のように父親の臨終を伝えている。気になって調べてみたら、なんと前号にもまったく同じ内容の記事が載っていたのである。それは女子部の総班長が発表しているもので、ようは夫婦なのだろう。班長の実父、総班長にとっては義父ということで、いちおうツジツマが合っているようだ。

ただ細かいことを言うと、前号の記事を読んだ時には、なかなか起きてこないので見に行ったら亡くなっていた、ということでてっきり朝の話だと思い込んでいた。しかし、今回の記事は違うのだ。朝は元気だった。ようは登壇者の実母がそれを確認しているわけである。その後、実母はどこかへ出掛けたわけなのだろう。そして帰宅したら夫が亡くなっていたという話なのだ。まあ、大した違いではないのかもしれないが、気になったのであえて書いた次第である。

女子部第百三十八区総班副長(神奈川)の記事には次のくだりがある。

 儀礼室委員が葬儀社が用意した煌びやかな椅子を丁重に断わり、「参列者と同じ椅子で」と言われた謙虚な姿勢と・・・

わたくしが思ったのは、いわゆる導師用のイスはいかにも謗法チックなので避けたのではないか、ということだ。実際、あらゆる宗派の僧侶がそのイスに座って葬儀を行なっているはずなので、顕正会的にはケガラワシイということになるのだと思う。だとすれば、いずれは顕正会専門の葬儀社みたいなものが作られるのかもしれない。いや、どうだろう、いわゆる創価学会専門の葬儀社が存在するのはそれだけ需要がある。つまり、創価学会が大きいから商売が成り立つわけである。しかし、顕正会の規模ではたぶん無理なのだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ