2020/7/14

ヨイヨイ  
このところダイアリー氏の活躍が目覚ましい。そもそもダイアリー氏がどのような経緯で拙ブログに常駐(?)するようになったのか、わたくしはまったく記憶していないわけだが、それはともかく改めて基本的なことを書いておこう。

わたくしはかつて顕正会員だった。今も正式な脱会には至っていないが、すでに離脱してから相当の年月が経過している。具体的には平成十六年の秋以降、一度たりとも会館には行っていない。この年、顕正会は百万を達成し、一国諫暁を開始した。ところがである。これがあまりにも手応えのないことに、おそらくは浅井先生自身が落胆したのだろう。また同時に、今まで頑張ってきた活動会員たちも疑問を感じ始めたのだと思う。あれ? 今まで思い描いていたものとは違うのではあるまいか? 百万を契機に一気に加速度がついてくると、そのように信じていた人たちには、それが拍子抜けするくらいの反響のなさだった。これが浅井先生にとっては脅威だった。活動会員たちがやる気をなくしてしまえば顕正会は一気に崩壊する。そこで目先を変えたのだ。一国諫暁は文字通り、一国が相手である。それがこの年の八月に、突如として方針転換となる。なんと一国諫暁から宗門諫暁へ逆戻りしたのだ。

浅井先生の心中についてはわたくしの勝手な推測に過ぎないが、一国諫暁から宗門諫暁への逆戻りという客観的な事実は誰も否定できない。この必然性ないし必要性については何の説明もなかった。ゆえにわたくしは一国諫暁が失敗に終わったことを誤魔化すための手段だったのではないかと、そのように思わざるを得なかったのである。しかも日顕上人に対して阿部日顕という呼び捨てが始まったのもこの時からである。それ以前は阿部管長という節度のある表現で統一されていた。失礼ながら創価学会よりも遥かにマシだった。

ダイアリー氏の質問に答える意味では、わたくしは平成十一年四月まで時間を巻き戻すべきだと思っている。この時、いわゆる御相承の断絶が発表された。これが取り返しのつかない大失言で、おそらくは顕正会が迷走し出したのも、この時からなのだろう。

つまり、わたくし自身は平成十一年四月の段階で相当にヤバイと感じていて、それから数年の間にも疑問に感ずることがいくつかあり、最終的には平成十六年八月の幹部大会での会長講演をキッカケに離脱したということになる。

拙ブログの開始時期もおおむねその頃である。

そういうわけで主には顕正新聞の情報を拾っては、浅井先生の言っていることやっていることを批判したり、活動会員たちの非常識をあげつらったりと、気がつけば十五年ほど同じことを続けているわけである。

「立正安国」特集号

そこで今日も顕正新聞から話題を拾って行こう。第1511号は五月度総幹部会の記事で構成されているわけだが、ご覧のような名称が付されている。今回、浅井先生は六月と七月の二ヶ月で二万人の折伏をやろうと号令を掛けた。特に七月は立正安国論の月ということで、会長講演では安国論に相当に紙数を割き、結果として上掲のごとく謳ったわけなのだろう。

会長講演の前に一面に載る人事について書こう。相変わらず兼任が多い。

一例を挙げれば、男子部第七総部長は今回の人事で第四十男子部長兼第二隊長に任命されたそうである。もはやわけがわからない。

 このときの大疫病は、恐らく今の新型コロナウィルスのようなものと思われる・・・

さて、会長講演である。ヤブカラボウの引用で恐縮であるが、なぜそのように言えるのかが問題である。

 二〇年代に突入するや、突如、新型コロナウィルスが発生したのも、まさに諸天の働きですね。諸天の中でも「大日天子」すなわち太陽の働きによるものと、私は思っております。

根拠は何だろうか?

 まもなく新型コロナの第二波・第三波が引き金となって、世界大恐慌がこれから始まる。

当該講演は五月二十二日に行なわれたものである。ちょうど緊急事態宣言が解除になる直前であり、その意味では第二波・第三波の記述は先見の明があることになるだろう。この後、感染者数は減少傾向を続け、このまま終息に向かうと思われたが、ご存知のごとく、今月に入ってからは再び増加傾向に転じているのだ。

 この感染力の強大なることただ驚異です。

確かに通常のカゼやインフルエンザは冬場にピークを迎え、逆に夏場は減少するものである。これは誰もが経験的に知っていることであるが、コロナの場合はそれがまったく当てはまらない。ともかく現状の拡大傾向が第二波だとすると、これがいつまで続くか、そしてどれくらい拡大するか、予断を許さない状況と言えるだろう。

ただ、細かいことを言うと、世界大恐慌の引き金を云々する意味では、第二波・第三波はじゃっかん事実誤認の気味が感じられなくもないところである。

定義がいろいろあって、日本の場合は今が第二波かもしれないという話なのであって、世界的にはぜんぜん違うのである。ようするに世界全体で見ればまさに今が第一波の途上なのであって、その終息すらまったく見えていない状況なのだ。つまり、この状態が続けば間違いなく大恐慌に突入すると見るべきであり、すでに今現在だけでも相当のダメージであり、もはや第二波を待つ必要すらないとも言えるだろう。

失礼ながら浅井先生も凡夫である。

先ほども書いたように当該講演は五月二十二日である。国内においては自粛が功を奏したものか、当時はかなり落ち着いた状況だったので、浅井先生はその雰囲気のまま発言してしまったわけなのだろう。

 もし五年・六年と流罪が長引いたら、大聖人様の御化導に差し障りが生ずる。

これは何を根拠に言っているのだろうか?

わたくしが知りたいのは、これが浅井先生独自の見解なのか、それとも他に同様のことを言っている人がいるのか、である。

 いよいよ二〇年代こそ、広宣流布の決戦場であります。

これはもう、浅井先生独自の見解であり、他に誰も言っていないことである。

しかし、今すぐにダメというわけではないにしても、かなりアヤシイ発言になりつつあるのは事実だろう。

ご存知のごとく、今年はまさに二十年代の第一年目に相当する。浅井先生は上掲の発言を数年前から続けてきた。昨年まではまったく問題なかった。文章としては、である。ところが今年は二十年代に突入してしまったわけである。ごく単純に、昨年までと同じことを言っていたらおかしいだろう。

ただ先ほども書いたように、今すぐにダメというわけではない。

いよいよ二十年代こそ・・・

言語感覚として、これがいつまで通用するかである。例えば、いよいよ本年こそ、というフレーズがいつまで使えるかが問題である。わたくしの感覚では三月末くらいだろうか、あるいは年度初めの四月いっぱいをギリギリセーフとするべきか、という感じになる。それが九月だとか十月あたりになっても同じことを言っていたら相当におかしいだろう。

すでに過去の発言との整合性からすると、浅井先生の言っていることはおかしなことばかりなのだが、ここで問題にしているのは別の話である。つまり、単独で読んでもおかしな感じのする文章だとすると、もはやオシマイだとわたくしは言いたいのである。日本語能力が著しく欠如していることになるからだ。それではごく普通の常識人には通用しない。誰も入信しない。

いわゆる浅井先生のご見識を持ち上げたいのであれば、こうした文章の基本的なところから見直さないとダメだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ