2020/9/12

ハカダンカ  
沖浦氏が講義らしきものを掲載している。あれは自分で考えて書いているのだろうか? もしそうだとしたら大したものである。もちろん教学的には異論のあるところだが、ともかく独力で講義ができれば相当の水準に達していると言えるだろう。何しろわたくし自身はまだそのレベルに達していないからである。

さて、顕正新聞の続きである。

女子部の組織系統がよくわからなくなっている。このところの顕正新聞には副総合女子部長の肩書きが出てこない。その代わりに女子部副部長が出てくる。副総合は廃止されたのだろうか?

必ずや御在世のごとく第二波・第三波が起こり・・・

女子部第十五総部長(中部)の発言である。六月二十七日時点でこれが言えたのは凄い。ご存知のごとく、七月に入ってから感染が拡大したからである。いちおう国内ではそれが第二波に相当するわけだが、問題はこれからである。今はまた少し落ち着きを取り戻しつつあるものの、この先はわからない。秋から冬に向かって今までとは比較にならない大波がやってくるかもしれないのだ。

次は婦人部である。

正系門家から大事の御遺命は完全に消滅したとき・・・

総合婦人部長もいよいよ衰えてきたようだ。上掲、「御遺命は」ではなく、「御遺命が」ではないかと思うのだが、いかがだろうか?

大師子吼ばっかり言っているから、こうなるのだ。

次は副総合婦人部長である。

決戦場到達と同時に「禁をとかれた」大聖人様のお申し付けに諸天が忽ちに動くさまを直接体感しつつ・・・

一般人が読んでもわけのわからない文章だが、顕正会でそれなりに教学を学んだ人ならばよくわかる話ではある。ただし、問題がある。前にも書いたはずだが、ではなぜに日本は比較的に感染者数ないし死亡者数が少ないのか、である。厳密にはアジア圏でいちばん悪い数字を出しているのが日本なのだが、それでも世界全体で見ればもっとヒドイところがたくさんある。現状、アメリカが最悪の状況であり、インドやブラジルも相当に深刻である。この点、どのように説明するのか、ぜひとも聞いてみたいものである。

婦人部第八総部長(首都圏・中部・近畿)の記事も拾っておこう。

いよいよ浅井先生が最終段階の諫暁を開始される序章・・・

毎回、同じツッコミを繰り返しているが、ご容赦願いたい。最終段階の初出は未確認であるものの、少なくとも平成十六年の頃には言っていただろう。いや、平成九年の頃にも言っていたかもしれない。つまり、平成九年ないし十六年の一国諫暁は最終段階ではなかった、けれども盛んに最終段階を云々していた、早い話がウソを言っていたのだ。

先生のご存在こそ「大善来たる」の瑞相・・・

同じ人物の発言である。まったく何を言っておるものかと思う。

総幹部会のネット配信に歓喜爆発

第五婦人部長(青森)の記事に付された見出しである。本文もご覧に入れたい。

今は動画配信によって時間や場所の制限なく足を運び・・・

気づけば五月度総幹部会の動画配信において、過去最高の五五二名の同志と拝聴が叶っており・・・

上段の意味は、おそらくタブレットのようなものを携行して、訪問先で視聴するわけなのだろう。下段はその成果として過去最高の視聴数を記録したと言っているわけである。

難しいところである。

いわゆるビデオ放映で同数が参加するのと動画配信によるそれとでは意味合いが異なる。わざわざ会館に足を運ぶという行為が尊いわけで、その意味からすると数字の価値がぜんぜん異なるのだ。ただ時代に即応している意味ではこれもアリなのだろう。よって、くだんの組織においては五百五十二名を起点にして、今後どれだけ数字を伸ばせるかが問われることになる。

ところでこの動画配信は一般人も視聴できるのだろうか?

例えばYouTubeであれば視聴回数だとか高評価・低評価の数、あるいはコメントなども自由に投稿できるはずなので、今現在の顕正会の概況がわかるようになる。ある意味、実態がバレバレということにもなるだろう。二百万を標榜していても視聴数が十万にも満たなければ、それが実数を物語ることになるのだ。しかもそれが一般人をも含めた数字だとすれば、ますます実働会員の少なさを露呈することになる。

 また、上行寺・本源寺および妙教寺周辺の住民は、ただの墓檀家であり・・・

婦人部登米支区部長(東北)の記事である。話が脱線して恐縮であるが、しばしばダイアリー氏が紹介しているリンク記事には、創価学会の主力だった世代が高齢化して次々に亡くなり、活動力が低下している意味のことが書かれている。唐突ながらも墓檀家の話と通ずるところがあるように思った次第である。

創価学会の三世四世みたいな人たちは、まさに墓檀家化しつつあるわけなのだろう。まさに顕正会もしかりである。ここ数年、繰り返し書いていることだが、以前に比べると顕正新聞に登場する人たちの年齢層が上がっている。若い人たちが育っていないのだ。今後、顕正会も墓檀家化が急速に進むかもしれない。

ただし、厳密には違う。

ようするに伝統宗教と新興宗教ではまるで事情が異なるのだ。伝統宗教の場合は何のコダワリもなくご先祖様の宗教として受け継いでいく。信仰心はなくてもである。ところが新興宗教の場合は受け継がれないのだ。つまりは自然消滅である。今の段階ではなかなか想像がつかないものの、創価学会と顕正会は似たような末路を辿るのかもしれない。

それにしてもなかなか片付かない。顕正新聞一号一投稿にしないとダメかもしれない。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ