2020/9/21

イッケツ  
ダイアリー氏は経済問題に造詣が深い。ゆえに前回は株価の話題についてコメントを残されているわけだが、じゃっかん議論が噛み合っていないようなので、改めて書いておきたい。

本年三月十九日、日経平均は一万六千円台の最安値を示した。一月から二月あたりは二万三千円台をキープしていたわけだから、まさに大暴落である。当然、コロナがマイナス要因と考えられる。ところがである。その後、V字回復と言ってもウソにならないくらいの復調を見せ、今は以前とほぼ同水準まで回復しているのである。コロナが原因であれば、第二波とされる七月から八月の時期にも株価が下がっていなければツジツマが合わないのだが、実際にはそれほど下がっていない。そこがよくわからないところである。ちなみに安倍首相の退陣表明だとか菅政権の誕生も、マクロ的には株価に影響を与えていない。経済オンチのわたくしには、まるで理解できない。それが株の世界である。実際、株で失敗している人がたくさんいるらしいので、簡単ではないのだろう。

さて、顕正新聞第1517号である。

「顕正会こそ諫臣・争子」特集号

近年はこれが恒例になっている。誰が書いているのか知らないが、いずれはネタ切れになるだろう。

第三青年会館の鉄骨 組み上がる!

写真を見ると、確かに立派な建物である。

「本部会館」の各館位置図

地図が載っていて、本部棟を中心とした建物の位置関係がよくわかる。以前、似たような地図が掲載されたことがあって、その時には配置図と書かれていた。まるで伽藍の配置を云々しているみたいではないかとツッコミを入れた記憶がある。

それはさておき、会長講演である。

七月度総幹部会の会長講演であるから、当然ながら折伏成果のことにも言及している。しかし、今のわたくしは数字にはあまり関心がない。むしろ数字にコダワルのであれば三百万をいつまでに実現するのか、それを明示すべきだろうと思う。もっとも活動会員たちが苦しむだけなので、今のような感じでダラダラとやるのがベストではあるのだが・・・

また地を走る獣は、絶え間なく餌をほしがる子に責められて、少しも休むことなく餌を探し求めている。

御書の口語訳、正確には直訳ではなく意訳なのだろう。しかし、どうかと思うところである。基本、地を走る獣とは哺乳類だと思われるが、浅井先生がどのような動物を想定しているのか、わたくしにはまったくわからない。人間は乳離れしてから成人するまでが長い。ところが動物は乳離れイコール独り立ちなのである。ニートみたいな野生動物はあり得ない。

 この急死を見て、池田大作は阿部日顕を擁立して第六七世貫首として登座せしめた。

何度も言っているが、そんなことはできない。もし可能ならば平成二年末からの大抗争においても、日顕上人を追い落として自分の傀儡を擁立すればよかったのである。

 池田大作は平成二十六年十一月七日に、第六代会長・原田稔をして「弘安二年の御本尊は受持の対象にはしない」と言わしめ・・・

ここも疑問である。現執行部が勝手にやっているという説も有力であって、先年のいわゆる戦争法案と呼ばれるものに公明党が賛成した時にも、異を唱える創価学会員がたくさんいたのと同じ理屈である。池田先生はご病気であって重要な判断ができない。それをいいことに、現執行部は傍若無人を働いているのだと。

まさに巨大地震の連発はもう間もなく始まらんとしている。

これもおかしな主張である。すでに始まっていると言うのならば、まだしもだ。

浅井先生の描いている世界は、どのような恐怖映画よりも恐ろしい。極端な話、毎日のように巨大地震が連発する時代を想定しているかのごとくなのである。マクロ的には十年に一回でも震度七クラスの地震があれば連発と言えるわけで、現実にはここ十年間、もっと高頻度で襲ってきているのである。

 私は、二〇年代のしかるべき時に、第三回目の一国諫暁の書を著わし、大聖人様に応え奉らんと決意しております。このとき顕正会の大総会を開催し、全顕正会の熱誠を以て大規模なる諫暁の戦いを起こしたい。

久々の重大発表である。続きもご覧に入れたい。

 大聖人様に忠誠を貫く仏弟子三百万が一結すれば、日本国は必ず動き、大聖人様の大恩徳は一国に輝く。

やる前から水を差すようで恐縮だが、どうかと思うところである。

まず、少し前まで言っていたこととの整合性が問題である。すなわち三百万・五百万云々である。上掲は五百万を反古にする発言である。イヤミながら顕正会は下方修正が多い。ところがここでは上方修正を行なっている。つまり、五百万では間に合わない、三百万で事を決するべきである、という前倒しを宣言しているわけなのだ。もちろん実現すれば大したものである。

また、細かいことを言うと、いかにもアイマイな発言である。浅井論法と命名すべきかもしれない。

しかるべき時に・・・

再掲であるが、ここが問題である。なぜならば次も再掲であるが、わざわざ改行している点がいかにもアヤシイところなのである。

三百万が一結すれば・・・

さらには末文も紹介しておこう。

 さあ、いよいよ三百万をめざして・・・

ようするに、しかるべき時とは三百万達成の時と読めるわけだが、だったら最初から三百万の時と書けばいいのである。

では、なぜにそのように書かなかったのか、そこが問題である。

わたくしの感触では、今の段階では三百万がいつ頃までに達成できるかも見通せずにいるわけで、ヘタすると二十年代のうちに達成できないかもしれないので、さすがに断言できなかったのだろうと思うのだ。

客観的には達成できたとしてもギリギリだろう。ゆえに三百万を待たずに実行するかもしれないという、その余地を残したのが今回の発言だと考えられる。いわゆる客観情勢がその必要を迫るならば・・・というヤツである。

まあ、しかし、いつまでも同じことの繰り返しである。諫暁書の発想もそうだし、大総会もそうである。

実は古くからの幹部会員たちがそれをいちばんよくわかっているのだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ