2021/1/18

ジュエキシャ  
前回の拙稿に対して晃氏から懇切丁寧なコメントを頂戴した。一方の沖浦氏は拙稿をしっかりと読み込めていないらしく、かなり脱線したコメントになっている。穿った見方をすれば、沖浦氏の顕益・冥益についてのコメントは創価学会の公式見解を否定することになりかねないので、それに気づいて議論をはぐらかしているのかもしれない。

今、大急ぎで「冥益」を検索したところ、その上位には創価学会の公式サイトであったり、創価学会系のブログなどの記事が出てきた。その中に宗門の記事が少し混じっている感じである。そのいずれもがほぼ同一見解だった。教行証御書を引用している点も共通である。

わたくしの懸案は、御講聞書との齟齬に言及しているサイトが存在するか、だった。少なくとも検索上位には見当たらなかった。

その意味で晃氏のコメントはひじょうにありがたいものだったが、やはり晃氏も明確な結論を持っているわけではなく、あれこれと試行錯誤している様子だった。

今末法には初めて下種す、冥益なるべし。・・・冥益なれば人是を知らず見ざるなり。

改めて教行証御書を引用した。これに対して御講聞書では次のごとく御指南あそばされている。

本化の菩薩は顕の利益、迹化は冥の利益

沖浦氏の発見である。氏は日蓮正宗を批判するつもりで、末法は冥益だから功徳がすぐに出なくても仕方がない、というような言い訳じみた解釈を否定したわけである。何しろ上掲のごとく、ハッキリと顕の利益とあるからだ。

わたくしはこれを踏まえて教行証御書を解釈し直す必要があると思った。

今末法に入っては教のみ有って行証無く・・・

これは冒頭の一節である。そして最後、結論部分には次の一節がある。

又已前の重、末法には教行証の三つ倶に備はれり。

これらを総合的に考えると、妙楽は冥益だと言っているが実は顕益なのだ、と解釈するのが妥当だろうと思った。これが前回の結論である。

ややこしくて恐縮だが、今はまた別の考え方に傾きつつあって、ネット上に出てくる創価学会系ないし宗門の見解もあながち間違いではないと、少し思い直している段階である。

教行証御書単独で考えると、末法は教のみあって行証がないとされているが実は教行証の三つが厳然と備わっているのだ、ただし妙楽が言っているように冥益だから見えないし知らないだけなのである、というまとめ方が可能になる。それほど無理な解釈ではないし、宗門や創価学会の見解もこれに準ずるものである。

では御講聞書の御指南はどうなるのか?

我々は功徳を受益者の立場で語るし、その立場からしか捉えていない場合が多い。だから見誤るのだ。

 今末法の初め、・・・迹化の四依は隠れて現前せず、・・・此の時地涌の菩薩始めて世に出現し・・・

本尊抄をかなり端折って引用した。

四大菩薩の此の人を守護したまはんこと・・・

同じく本尊抄である。そして次は撰時抄の末文である。

霊山浄土の教主釈尊・宝浄世界の多宝仏・十方分身の諸仏・地涌千界の菩薩等、梵釈・日月・四天等、冥に加し顕に助け給はずば・・・

御本尊には十方法界のあらゆる要素が詰まっている。そこには迹化の菩薩も含まれる。よって末法には無縁とされる彼らも、実は冥々の力用を発揮しているわけなのだろう。

本化の菩薩は顕の利益、迹化は冥の利益

以上、御講聞書の御指南は利益を受ける側ではなく利益を施す側の視点で考えれば、まさしく本化の菩薩は出現するわけだから顕の利益、迹化の菩薩は隠れて現前せずだから冥の利益となる。つまり、教行証御書とは次元が異なる話なので、一概に矛盾していることにはならないのだ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ