2021/1/21

ビヨウシ  
今日は顕正新聞第1530号の残りをやっつけようと思うが、その前に沖浦氏のコメントについて少し触れておこう。

 戒壇とは宝塔の住処ですから、阿仏房がいる場所がそのままで本門の戒壇です。

この根拠はどこにあるのだろうか?

また、以前は阿仏房の身体が戒壇なのだと、わたくしの記憶が確かならば、そんな意味のことを言っていたはずである。すると解釈を変更したのだろうか?

 そして私ごとですが、本年二月に、二〇年以上続けていた美容師の仕事を辞め、御奉公にかけ切る決意で転職いたしました。

さて、本題である。ご覧の女子部第二十五区班長(首都圏)の記事はいかがなものかと思う。今や顕正会もそれなりの人数であるから、美容師を生業にしている人もたくさんいるはずである。その意味で上掲は不適切な記事のように思える。確かに彼女は熱心な活動会員であり、大塚駅で街頭配布している時に石川県金沢市の人と出会って、なんとわざわざ金沢まで折伏に出掛けて行くくらいなのである。とは言え以前にも繰り返し指摘してきたように、人生の選択肢としては最悪のような気がしてならない。実際、そうやって仕事を辞めてまで顕正会に専念した人が、その後に顕正会を離脱しているケースも少なからずあるのだ。顕正会に人生を狂わされた。しかし、顕正会は責任を取ってくれない。たぶん訴訟を起こしてもダメだろう。何しろ辞める辞めないは自分自身が選択したことだからである。

早大・法科大学院で妙法の弁護士めざす

女子部第四区組長(神奈川)の記事である。顕正会には法務部があってすでに二名の弁護士がいる。彼女はそれに続く有望な人材と言えるだろう。もちろん他にも弁護士を目指している人がいて、顕正会の未来は明るいように思える。

しかし、次のリンク先を見ると、愕然とするかもしれない。

https://twitter.com/mochi_law/status/1351793905969164290

十四位に創価大学が入っている。具体的な人数はわからないものの、早大ならぬ創大出身の弁護士がたくさんいて、かつまた毎年のようにコンスタントに新たな弁護士を輩出している様子が伝わってくる。

そもそも現行の弁護士制度がどうなっているのか、一般人にはよくわからない。ようするに法科大学院を経なくても弁護士になれるらしく、現状では法科大学院全体の弁護士合格率よりも創大生のほうが上らしいのである。

ともかく社会的な意味では創価学会にとうてい太刀打ちできない。それが顕正会の実情である。

 正本堂はすり鉢のように、椅子席から御宝前を下に見下ろす構造になっており、最前列に池田大作と細井日達が座っておりました。

かつて創価学会員だった男性婦人部員の記事である。創価学会時代には総ブロック長をやっていたと書かれているので、それなりの大幹部だったわけなのだろう。しかし、いつも思うのだが、彼らの書いていることは昔の話なので記憶違いが多かったりして、あまり信用できない。上掲が一例で、最前列云々がいかにもデタラメな話に思える。まさか日達上人が池田大作氏と並んで座っているわけがあるまい。上人は導師席である。池田氏がどれほど偉かろうともしょせんは信徒である。肩を並べることはあり得ないのだ。

こう書くと、妙光寺事件を云々する人が出てくるかもしれない。だったらなおさらのことだろう。例の話は法要以外においては肩を並べるという取り決めだったはずである。

 それでも一ヶ月に一回の御書講義は、大聖人様の御事に触れられるので大へん楽しみでした。

文脈的には、創価学会は池田氏の自慢話ばかりでおかしいと思っていたが、それでも月一回の御書講義は楽しみだった、という流れである。

婉曲ながらも立派な顕正会批判である。もちろん本人にそのつもりはないのだろうけれども、顕正会的には痛いところを突かれていることになるだろう。何しろ月一回の御書講義すら実施していないのが今の顕正会だからである。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ