2022/1/1

クダシブミ  
まず、大沢氏に感謝申し上げたい。本当ならば自分で積極的に史資料を集めて研究すればいいのだが、正直なところそこまでの情熱はない。わたくしは何事も中途半端な人間なのである。

平成新編には例の四菩薩についての記述は載っていない。ごく単純に日朗師の存在に違和感があって、一般の信徒レベルには読ませないほうがいいとの判断なのかもしれないと思う。ちなみにうろ覚えの話で恐縮だが、かつて浅井先生は御書講義か何かの時に安立行菩薩のことに言及したことがあった。いわく、安立行菩薩は上野殿である、と。何か根拠があればいいのだが、日朗師では具合が悪い、上野殿のほうが収まりがいい、というような浅井先生の勝手な願望を披露しただけなのではないかと思えて仕方がない。

それはさておき、この件に関して沖浦氏がヨコヤリを入れてきた。

 体調が極めて悪いので花押を書く事が出来ないとおおせです。
 その大聖人が10月11日に本因妙抄を書かれて花押をかけるかどうか?
 誰でも理解出来る道理です。


新年早々、クギを刺しておこう。これは怨嫉謗法の可能性があるので、気をつけられたほうがよい。

道理を示そう。氏は御相伝書について内部規定などと貶めている。だが、しかし、ここでは大沢氏がわたくしのために紹介して下さった史料なのである。氏は正真正銘の日蓮正宗信徒であり、わたくしはそうではないものの日蓮正宗無所属信徒を名乗っている。ようするに二人でやり取りする分には内部規定だろうとまったく問題ないのである。沖浦氏もそう言っていたはずである。だったら口出しするな、である。つまり、ヨコヤリを入れた時点で怨嫉謗法を犯したことになるのだ。

とは言え、大沢氏もいつものごとく沖浦氏に対して反論を加えているので、今さら謗法か否かを論じても仕方がないのかもしれない。

そこで本因妙抄の花押についてわたくしの見解を示しておくと、沖浦氏の指摘は一見すると説得力があるように思えるが、実際にはかなりピントが外れていると思う。もし仮に同抄の御真蹟とされるものが存在したとしよう。その時こそ疑うべき材料として花押云々の話が出てくるのだ。現時点では御真蹟の存在すら確認されていないのだから、そこで花押のことをとやかく言っても意味はない。まさにその土俵で戦えば、大沢氏の反論が成り立つことになる。問題はそこではなく、まず御真蹟の有無をどう取り扱うかであり、真蹟がないものは議論の対象外であるという姿勢の人もいるわけであり、その場合は議論が成り立たないことになる。しかし、何でもかんでも真蹟を主張するのはかなり偏波であるからして、もともと存在したが何かの事故で消失してしまったものと仮定して、その上で議論するという立場の人もいる。さてそこで花押の存在を疑問視するという話もあって当然ではあるのだが、わたくしに言わせれば下の下の議論である。ほとんどイチャモンのレベルということだ。どうせ議論をするのならば本因妙抄の中身を議論すべきだろう。

さて、顕正新聞の続きである。

 明年は、登用・五級・三級の三種目の試験が実施されます。

毎年のように同じツッコミを入れている。四級はどうしたのかと。あるいは二級や一級はいつやるのかと。

日目上人に託された「下し文」も、大聖人様が国立戒壇建立の御遺命を下し給うに当り、後宇多天皇をして遺さしめられた重き文証・・・

おそらく意味不明だろう。

 「朕、他日法華を持たば、必ず富士山麓に求めん」

これが弘安五年二月二十九日付のクダシブミの文面である。そもそもこの重要な紙片はその後どうなったのか、今もどこかに保存されているのか、あまり聞いたことがない。それはさておき、先ほどの本因妙抄の話題と同様に、これが確たる文書として存在したと仮定して議論を進めると、この富士山麓の意味が問題となってくる。当時は大石寺その他、今のような富士五山は存在しなかった。それでいて後宇多天皇のクダシブミには富士山麓と認められている。いったいどういうことなのか?

前掲は何となくその辺の事情を踏まえて言っているのだろうことが見て取れるのだ。

いま国債をいくら発行しても国家破産しないと嘯く論調が蔓延る世相に・・・

経済オンチのわたくしも最近は少しずつわかってきたような気がする。上掲はいわゆるMMTと呼ばれるもので、現政権は必ずしもそれを主張しているわけではない。大袈裟な言い方をすると、経済における極右勢力が盛んに主張しているという図式になるのかもしれない。

 ちなみに後日、能安寺の公式サイトを確認するとなんと閉鎖されており・・・

男子部第五総部長(首都圏)は斬り込み隊長みたいな存在で、どうやら日蓮正宗の僧俗に恐れられているようである。今回は能安寺を襲った(?)らしく、活動報告を読むと相手のタジタジぶりが伝わってくる。もっとも顕正新聞の内容は盛っている場合が少なくないので、そこは割り引いて読む必要がある。ただし、上掲のようなことは実に単純な話であり、事実関係を確認すれば一発で済むことである。

なんと、本当に閉鎖されているではないか!

ここでわたくしが思うのは、いずれリニューアルされたものが公開されるのだろうことである。顕正会に文句を言われないようなものを作って公開するに違いないのだ。

女子部第二百五十一区長(奈良・和歌山県)の記事には次の記述がある。

住職は「登山費用をタダにしてあげるから入信してほしい」とか・・・

具体的な寺院名が書かれていないところがイヤらしい。

どうでもいい話だが、同じ紙面の下段にアマガエルと思しき写真がある。これがなかなかいい感じなのだ。

学会男子部地区本部長の父と学会婦人部に所属する母・・・

創価学会から入会してくる人もいろいろである。たぶん上掲の役職はデタラメだろう。単なる記憶違いの場合もあるだろうし、本人はもともと大して創価学会で活動していなかった場合もある。いずれにしてもそれをそのまま載せてしまう編集部もどうかしていると思う。

「俺は学会だ。教学副部長もやってたんだ」

この役職もデタラメっぽい。

すり鉢状の異様な造りで、土足で入って飲食をしながら御本尊様を拝していた・・・

七十七歳にもなると記憶もアイマイになってくるのかもしれない。土足はともかくとして飲食しながら云々が解せない。

食法餓鬼・水島日叡のえげつなさ

世相閻魔帳の第二十二回は先ほどの男子部第五総部長の記事と連動している。

十二月二日現在、能安寺公式サイトは閉鎖され、誰もアクセスできない状態となってしまった。

一ケ月後の今も同じである。

 本コラムとしては、池に落ちた犬を打つつもりは毛頭ないが・・・

不勉強のわたくしはこの言い回しを知らなかった。もっともこういう表現を使うのもどうかと思うので、今後も使うことはないだろう。これこそエゲツナサの見本みたいな文章である。

「厄よけ祈念」で人々を騙す邪教のごとき能安寺の冊子。これを「食法餓鬼」というのだ

悩ましいところである。本文中には日顕上人の御指南が長々と引用されている。上人の御言葉を素直に読めば、確かに邪教のごとき云々の指摘が当てはまりそうなのである。

「法要」を利用した
    阿漕な勧誘


ここも悩ましい。顕正会の折伏も騙まし討ちとの批判を受けているが、宗門のそれも似たり寄ったりかもしれない。

(原文ママ)

これがイヤらしい。あえてイチャモンをつければ、だったら他の引用は原文通りではないのか、となるだろう。なぜここに限ってわざわざ原文ママと入れたのだろうか?

新型コロナに罹患、25日も生死を彷徨う

男子部第九隊総支隊長(首都圏)は二十五日間も意識不明だったという。凄い体験談だ。

遥拝勤行根本にプロランナーとして活躍
 パラ五輪選手を指導、銅メダル獲得!


失礼ながらプロもピンキリである。とは言え、指導者として名を馳せることもあるので、今後の活躍に注目したい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ