2014/11/23

男子部大会会長講演批判各論  
のび太氏のコメントを拝見するまで、地震のことはまったく知らなかった。それで大急ぎでニュースのサイトを開くと、それがけっこう大きな地震だったことがわかった。家屋の倒壊している写真が載っていたからだ。

へな氏のご指摘はまさにそのとおりであって、今回なぜにわざわざ結集人数を公表したのか知らないけれども、顕正会の実態を如実に物語る意味において貴重だった。これをもって男子部の結集状況も類推することが可能となる。すなわち男子部大会には五万人が集まったとされているけれども、その直後のビデオ放映にはそれ以下の人数しか集まっていないと考えられるのだ。

大会とビデオ放映では条件が異なる。

大会は同じ場所・同じ時刻に五万人が集まる。いわゆる一堂に会するということだ。一方のビデオ放映は全国各地に会場があって、しかも日時に幅がある。どちらが厳しい条件かは明白だろう。同一会場・同一時刻のほうだ。
であるならば、ビデオ放映には五万人以上の参加があってしかるべきで、その逆はひじょうに考え難いことである。ところが女子部の結集が示すごとく、大会よりもビデオ放映のほうが人数が少ないのだ。

この理由は何だろうか?

すでにお気づきのことと思うが、昨年であれば女子部大会の三万五千人結集はウソッパチであり、本年もまた男子部大会の五万人結集はウソということなのだ。これ以外に合理的な理由を説明できる人がおられれば、ぜひともご披露願いたいものである。

さて、ユタ氏のコメントであるが、これはひじょうに重要である。

わたくしはわりと教義に関心があって、拙ブログにおいては教学関連のことをけっこう取り上げているつもりである。類は友を呼ぶ、という。それがためか、コメント投稿者においても教学関連のことを書く人が多い。
ここでひじょうに厄介なことが起きる。これは日蓮系の宿命なのかもしれないが、いわば正統派争いみたいなことが起きて、議論が紛糾することになるのだ。マレには他山・他門の人が参戦することもある。キリスト教系の人が来たこともあるくらいだ。
別にわたくし自身は勝ち負けを争っているつもりはないので、それはそれで一向に構わないのだが、しかし、少々やり難いのも事実である。教学を論ずるに当たって上下関係はない。ゆえに遠慮会釈は必要ない。そのような理由でコメント欄は全面的に門戸開放しているけれども、実際には戦々恐々という心理もないわけではないのだ。

そこで正直な感想を書くと、このところ所属だとか過去の経歴だとかは不明ながらも教学に堪能な人がお出ましになって、けっこう苦戦を強いられる状況が続いていた。前回の拙稿はいわばその対応策の意味で書いたのだった。信徒は己の信仰がどのようなものかを必ずしも充分に理解しているわけではない、日蓮正宗系といえども必ずしも教学に関心のある人ばかりではない、といった具合である。

ユタ氏はそれを身をもって証明してくれたわけである。

それにしても氏は不思議な人物である。かれこれ何年になるだろうか、かなり長いお付き合いであるが、これまで一度として教学関連のことを書いたことがない。いや、一度としてというのは誇張が過ぎるかもしれない。もしかしたら何かしら書いておられるのかもしれないが、それがほとんど印象に残らないくらい教学ネタには食いつかない、それがユタ氏なのである。

 顕正会に居続けた理由もそうですが、人との輪を大事にしたいからですよ。
 そういった人間にとって、実は宗教はどこでもいいのです。
 基本、どこでも人の輪を大切にするのが宗教団体ですからね。
 たまたまそれが今、日蓮正宗法華講にいるだけですよ。


コメントの一部を紹介させていただいたわけだが、顕正会関係者にしても法華講の関係者にしても、もしかしたらガッカリしたかもしれない。なぜならば正義を主張するのが正宗系だからである。顕正会が正しいと確信したからでもなければ、日蓮正宗が正しいと確信したからでもない、では何なのかと言えば、人との輪を大事にしたいからなのだそうである。

ある意味、わたくしにとってはありがたい存在である。

というのは、拙ブログには法華講関係者も出入りしているが、たいていがケンカ別れになっている。なぜならば、わたくしは正宗批判も辞さない。正宗シンパを謳いつつも、批判的なことも書く。ことに戒壇論に限っては厳しい。全体的に見れば顕正会批判のほうが圧倒的に多いわけだが、戒壇論に関しては正宗側に相当の問題があると考えているわけだ。

すると、マレには反論してくる法華講員がいて、そういう人はたいていが元顕正会員であり、顕正会を全否定したいという思いが強いのだろう、その点がわたくしとは相容れないのである。それでケンカ別れになってしまうというパターンなのだ。

この点、ユタ氏はまったく当てはまらない。ネット上での付き合いに過ぎないけれども、わたくしとの関係を大事にしたいということなのだろう。実にありがたい存在である。

さて、今日は他に書こうと思って用意していたことがある。男子部大会の会長講演を批判するものである。以前のものを総論とすれば、今回は各論に位置付けられると思う。

まず、顕正新聞第1324号二面の記事から紹介する。

 中国は建国以来、「二〇二〇年代にアジアから米国勢力を駆逐し、大中華帝国を築いてアジアに君臨する」との国家目標を掲げ・・・

いつものごとく、各地の集会において会長講演が反復される。これは第十一婦人部長の登壇記事であるが、浅井先生の男子部大会での発言をご覧のごとく書いているわけである。

おいおい、それは違うだろう。

中国の建国は一九四九年とされている。上掲の言い方だと、あたかもその時から二〇二〇年代を見据えていたかのごとく読めてしまうが、そんなことはあるまいと思う。そんな国家目標の立て方があるわけがない。凡夫は未来のことがわからないのである。十年先のことだってわからない。いや、もちろん、十年先二十年先のことを目標として掲げることはあるし、五十年先百年先の目標だってないわけではないだろう。だが、しかし、上掲はいかがなものかと思う。

他の幹部も似たような書き方をしているが、当の会長講演を読むと必ずしもそうは書かれていない。この意味では幹部たちが勝手に誤読していることになるだろう。しかし、これを顕正新聞にそのまま載せるということは、ある意味ではこれが正しいと言っていることにもなるわけで、それを踏まえて会長講演を読み直すと、なるほど、そう読めなくもないのだ。つまりは会長講演に問題があることになる。

これ以上は煩瑣になるので掲げないが、建国以来云々が会長講演の文脈であるならば、それはさすがに違うだろうというのがわたくしの意見である。

さて、会長講演にはこの直前にも問題がある。たまたま第十一婦人部長の記事の右隣に関連する文章があるので紹介しよう。

 ことに、御在世における大蒙古国の版図をなぞるような、現中国の領土拡大の規模には圧倒され・・・

第十六男子部長の登壇だが、この文章そのものは特に問題ないだろう。では、会長講演はどうかであるが、まずは読者のご判断を仰ぎたいと思う。

 大聖人御在世には大蒙古が、そしていま広布前夜には中国が、ともに日本の隣国に出現したのも不思議ですね。そして両国はともに類まれな侵略性の強い国でもある。

実はこのくだりもそれほど問題を感じない。正しいか間違っているかは別にして、いわば浅井先生の認識を示しているわけである。蒙古と中国の共通性についてである。

では、何が問題なのかであるが、それはまさに「版図」である。

大蒙古の最大版図

中国の版図


図面をお見せできなくて恐縮であるが、顕正新聞第1321号四面には二つの地図が上下に並べられていて、その地図の意味するところが上掲である。わたくしはこれをインチキだと思う。

図面のサイズは、ほぼ同じである。しかし、縮尺が異なるのだ。

縮尺を謳っていればまだしも、それがどこにもない。すると、ウッカリすれば同じ縮尺の図面であると勘違いする人がいるかもしれない。同じ縮尺で同じサイズの図面を並べるのは、両国の共通性を客観的に示す意味で正当である。しかし、サイズが同じでありながら、こっそりと縮尺を変えるのは、不当である。インチキも甚だしい。

つくづく図面を紹介できないことが悔やまれるが、もし同一縮尺だったらどのような印象を受けるかを書いておくと、大蒙古の規模に比べれば中国はまだまだ小さい、ということになる。これを逆に言うと、中国を大きく見せたいということだろう。中国脅威論を主張する顕正会としては当然だかもしれない。

結論として、掲載図面はきわめて恣意的ないし意図的、さらに言うならば詐術的ということになる。

己の主張をよりいっそう強調するためにさまざまの工夫を凝らすのはけっこうなことだが、インチキをしちゃいかん、ズルをしちゃいかん、ということである。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ