2014/11/25

過去の話と現在の話  
いろいろと面倒臭いコメントが寄せられている。こんな時はいつものごとく独白に徹したいところだが、最近はそうも行かなくなってきた。

ユタ氏の、無教学なので話に乗れない、というのはやや意外な感じがするところである。氏は小説をたくさん書いている。わたくしの勝手なイメージかもしれないが、小説を書くような人は教学に関心を持ちそうなものである。

ところが氏の場合はそうではないのだ。

そもそも仏教そのものがさまざまの要素を備えた物語で構成されているわけで、小説家と呼ばれるような人たちはそうした仏典に精通していたりもする。仏典だけではなく、いわゆる外典にも詳しかったり、聖書に精通している人も少なくない。つまり、あらゆる知識を集積した上で書くのが小説なのだ。

ならばユタ氏にしても、小説の肥やしと言ったら語弊があるけれども、大聖人の仏法を深く学ぶことが小説を書くに当たって大いにプラスになるのではないかと思う。もっとも、この辺は個人の嗜好の問題でもあるだろうから、本人にその気がなければそれまでだし、わたくしが押し付けがましいことを言うのも甚だ失礼な話であろう。ともかく意外な感じがするということだ。

関の山氏は情報通である。

どうやって情報を得ているのか知らないが、おそらくネットを隈なく調べて行けばわかることがたくさんあるのだろう。勉強家と言い換えてもいいと思う。わたくしには面倒臭くてやっていられないことである。

因みに巌虎さんは以前、あの犀角独歩系の掲示板に参加されていましたよね? 別に批判ではないのですが、何故に板本尊偽作論、日興血脈疑義論、日蓮本仏否定論の犀角独歩系の掲示板に参加されていたのか? 何か教義思想など勉強になりましたか?
よかったら教えて下さい。


これはこれは、ひじょうに厄介な質問だ。

犀角独歩系の掲示板というのは、おそらく富士門流信徒の掲示板のことだろう。そこにわたくしが参加していたのは事実だ。このことは別に隠し立てをしているつもりはないのだが、たぶん正統派の顕正会員が知れば謗法与同だの何だのとツッコミを入れて来るので、あまり触れないようにしていたのは事実だ。さらに、もう一つ恥を忍んで書けば、わたくしはあの掲示板から逃げ出してきたという事実があるので、その意味でも触れたくなかったのだ。

もし関の山氏が熱心にお調べになってそこまでたどり着いたのだとすれば、これはある意味、称賛に値することだろう。ただし、その場合は当時の雰囲気みたいなものだとか微妙なアヤまでは把握し切れないはずで、おそらくは時系列などもわからないだろう。

話が長くなるといけないので簡略に書きたい。

インターネットの黎明期をいつと見るかはいろいろあるのだろうが、二十一世紀に入ったあたりから急速に普及し始めたのだと思う。わたくし自身はいわゆるアナログ人間であって、仕事もそうした分野とはかけ離れていたため、ネットとは無縁の生活を送っていた。以前にも書いたとおり、教学には関心があるけれどもそれほど詳しいわけではない。これは当時も似たり寄ったりの状況であり、顕正会で出している書籍は読むものの、それ以外にわざわざ仏教書を買って読むようなことはなかった。ゆえに宗門のことも創価学会のことも、顕正会から発せられる情報のみを鵜呑みにしていたのが実情である。ましてや他門のことや一般仏教のことなど、知る由もなかった。

そこに転機が訪れた。

なぜネットの世界に入り込んで行ったのかは話が長くなるので割愛するが、ともかく世の中の流れに乗ってわたくしもパソコンを買い、回線を引いてインターネットを利用するようになった。そこで最初に出会ったのが富士門流信徒の掲示板だったのである。

たぶん、今では想像することが出来ないだろうが、当時は一極集中の形容が相応しいくらいに富士門流信徒の掲示板が隆盛を極めていた。わたくしはそこでの丁々発止の議論を目の当たりにして、文字通りに目から鱗が落ちたのだった。何しろ顕正会の書籍しか読んだことがなかったものだから、知らないことがいっぱい出てくる。しかもそれを論じている人たちは、必ずしも大学の先生だとかそうした専門家ばかりではなかった。もちろんハンドルネームだからその正体はわからないものの、市井の人たちという雰囲気も少なからず感じられたのだった。

犀角独歩系の掲示板というのは結果論であって、わたくしが発見した当時は法華講員を名乗る人がけっこういて活躍していた。創価学会系の人物もいたし、絶対数は少ないものの顕正会系の人物も登場していたのだ。

ゆえに富士門流信徒の掲示板は、正信会・顕正会・創価学会など今日の四分五裂してしまった状況から、再び大同団結して広宣流布を目指すというコンセプトで始まった掲示板だったはずなのである。

簡略に書いたつもりだが、けっこう長くなってしまった。

以上のような理由で、わたくしがかの掲示板に参加した当初はまだ謗法色がそれほど濃くなかった、顕正会系の先輩たちはもちろんのこと法華講員のお兄さんお姉さんたちがキラ星のごとく輝いて見えた、ということでわたくしはハマリ込んでいったのである。

逃げ出したというのも話は簡単だ。

ご存知のごとく、かの掲示板はやがて謗法色が濃くなっていくのだが、残念ながら誰もそれを食い止めることが出来なかった。ぶっちゃけ言えば、謗法者を破折屈伏することが出来なかった。わたくしもその一人である。そして誰もいなくなった。

ブログも掲示板も更新がなくなると終わりである。拙ブログも頻度は落ちたものの、こうして更新が続いているから閲覧者もいるしコメントを下さる人もいるわけだ。掲示板も同じで誰も投稿しなくなったらオシマイなのだ。

恥を忍んで当時のことを書いたわけだが、実は恥であると同時によき思い出でもあるのだ。毎日どころか毎時毎分のごとくに更新があって、それも多士済々・多種多彩であって、さまざまの立場の意見を伺うことが物凄く楽しかった。リアルタイムでそれが経験できたことは自分にとって大いにプラスになったと思う。

その後、わたくしは独白ブログという、いわば自分の殻に閉じこもる道を選択したわけだが、結局はこうしてコメント投稿者と議論をしているので、当初の独白というコンセプトは崩れてしまったわけだ。まあ、それはそれで構わないのだが・・・

以上、関の山氏へのお返事としては甚だ不十分ながらも、回想記のようなものを書かせていただいた次第である。

さて、ディープスロート氏のコメントもひじょうに厄介だ。

氏は妙信講時代に入信したものの、かなり早い時期に宗門へ移籍したごとくである。それが具体的にはいつ頃なのか文面からは判断できないが、それはさておくことにしよう。

話を思いっきり端折ってしまえば、顕正会から宗門へ移籍したけれども、結局のところ、宗門に対しても失望を禁じ得なかった、ということだろう。宗門が顕正会化している。より具体的には、宗門のやっている折伏も顕正会のようにノルマ化している、ということだろう。氏はその実態をかなり詳細に書いておられるが、わたくしもそれを読めば、さもありなん、と思う。一方で、ユタ氏の書いておられるように、逆の意見もある。これは末寺によって差があるのかもしれない。たまたまユタ氏の寺院とディープスロート氏の寺院が正反対なのかもしれないが、いずれにしても顕正会が抱えているような問題を宗門も内包しているのは事実だろう。わたくしは何も宗門に過大な幻想を懐いているわけではないのだ。

生意気なことを書くが、ここに八十歳の人間がいるとしよう。わたくしから見れば、人生の大先輩だ。しかし、この人は八十歳の今を初体験しているのだ。九十歳でも百歳でも同じ理屈である。人生経験豊富な人でも次の瞬間は未知の領域である。豊富な経験によって、こうだろう、こうなるに違いないという予測は可能だが、必ずしもそのとおりにならないのが人生だ。

組織も同じだろう。顕正会が迷走しているのは事実であるが、実は宗門だって同じことなのだ。創価学会もしかりで、先般の本尊義などが好例だろう。

ちなみに、物は言い様である。迷走よりは試行錯誤のほうがマシだろう。宗門の場合は試行錯誤と言い直したほうがよいかもしれない。

先日、保田や西山をあげつらって、彼らは自前の信徒組織を育んでこなかったという意味を書いた。実は大石寺も五十歩百歩のところがなきにしもあらずであって、大まかに言えば半世紀ほどは創価学会全面依存の時代だったとも言えるわけである。その間、怠けちゃった。だから今になって苦労しているような意味もあるだろう。

だが、しかし、それとは別の意味で、今はまったく未知の局面に突入しているとも言えるわけである。

まさにこの二十一世紀という新時代において、どのように仏法を弘めていくか、である。

これはもう、今までの経験だとか常識だけではどうにもならないことであって、恐れながら申し上げれば御当代だろうが御隠尊だろうが同じことなのである。ゆえに今、宗門がかつての創価学会における折伏大行進だとか顕正会のそれをマネしてもうまく行かないのは当然であって、これはいわば試行錯誤の段階なのだと考えるしかないと思う。その意味で宗門は次のステップへ進まなければいけないが、先ほどから繰り返し書いているように未知の領域であるからして、そこに明確な答えがあるわけではない。そんなところである。

以上、思いつくままに好き勝手なことを書いてしまったが、そこはご容赦願うばかりである。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ