2015/3/25

憂鬱な日々  
このところトチロ〜氏がたびたび来られている。当初はわたくしの無条件降伏論があまりにも極論すぎるので、思わず反応してしまったのだろうと考えられたが、しかし、直近のコメントを拝見すると、別の意図があるようだ。おそらくは拙ブログの異変に気づいて、その推移に注目しているのだろう。異変とはコメント投稿者たちの顔ぶれの変化である。早い話がウサン臭い連中が跋扈している状況のことだ。

軍楽しょう氏はナリスマシということで、ほぼ確定のようである。あれ以来、まったく音沙汰がない。もはや釈明の仕様がないほど、バレバレということだ。

他にもウサン臭い連中が何人か居座っているが、その代表格はやはり次のコメントを書いた人物だろう。

折角の連休なのに、『顕正新聞』に向かって、「一人ツッコミ・一人ボケ」をするしか、他にやることのない淋しい御仁は可哀想だと思いますが。(大笑)

これはわたくしに対するイヤミ以外の何物でもない。どうやら挑発的なことを書いて反応を窺っているようだ。

腹立ち半分だが、せっかくなので正直な感想を書いておこう。

なかなかうまいと思った。一人ツッコミ・一人ボケは言い得て妙である。何しろ独白ブログなのだから、まさにご指摘のとおりである。自虐的ながらもこれには同意せざるを得ないところだ。

しかし、ありがたいことに拙ブログには多くのコメントが寄せられる。沖浦氏がその最大の功労者だが、その他にもそれこそ宗派の垣根(?)を越えて、多方面からコメントが寄せられる。もし十年間、一つのコメントも寄せられなかったら、それこそ正真正銘の独白であり、ご指摘のとおり寂しい限りだったろう。もっとも、そうした状況下で十年間にわたって独白を続けられたら、それはそれで一種の偉業だろうとは思うが・・・

そこで貴辺に提案しておきたい。ご自分でブログをやってみたらどうかと。己の主義主張を思う存分に書くことが出来るのだ。悪い話ではないだろう。

ちなみに、わたくしはずいぶん前に、他の人に対して同様の提案をしたことがあった。その人はその後、しばらくしてから自分のブログを立ち上げた。瑠璃堂氏である。結果は大成功で、氏のブログは多くの人から注目を集め、メールで脱会相談などを行なったり、最近はツイッターのほうにも力を入れているようで、いわば八面六臂の大活躍といった感じである。

ゆえに貴辺にも提案したいと思う。

ただし、実際にブログを立ち上げて、どういう結果になるかはわたくしの知ったことではない。幸いにも拙ブログはそれなりに注目され、自分でもそれなりの手応えを感じることが出来たわけだが、誰もが同じ結果を得られるわけではない。店を出せば誰もが繁盛し儲かるわけではない。閑古鳥が鳴く結果に終わることだってザラにあるのだ。それと同じ理屈である。

さて、ここまで読んで、どう感じただろうか?

いちおう、わたくしなりの反論のつもりである。他人のやることなすことにイチャモンをつけるのは簡単だ。拙ブログにおける顕正新聞批判も同様であって、単なるイチャモンに過ぎないと言われればそうかもしれないと思う。しかし、そのブログにイチャモンをつけている人はいったい何なのだろうかという指摘もあり得るだろう。駕籠に乗る人担ぐ人そのまた草鞋を作る人、である。

だったら自分でブログをやってみたらいいのだ。あえて挑発的に言えば、たぶん無理だろう、貴辺には無理だ、できっこない、ということになる。

ちなみに、今日の話のヒントは次のくだりにある。

大沢某・沖浦某の低レベルな投稿に、厳虎さんが御丁寧に答えている事によって、この掲示板の水準が更に下がっている様子を例えると・・・

貴辺は拙ブログのコメント欄を掲示板と勘違いした。掲示板を悪く言うつもりはないが、ブログ等の個人サイトを持たず、掲示板のみに書き込んでいる人は、自分に自信がないのかもしれない。あるいは自分で自分に責任を持てない人なのかもしれないと思う。ハンドルネームと言えば聞こえはいいけれども、匿名と言えばガラリと印象が変わる。いわば匿名で言いたい放題をしているだけの無責任な人なのだ。貴辺はそういう人種なのかもしれない。

三月十六日に富士宮ボーイ掲示板が終焉を遂げた。かの掲示板は創価学会系の老舗掲示板で多くの人が出入りしていた。面倒なので細かいところまでは読まなかったが、いちおう定期的に開いていたので、おおよそのことは承知しているつもりである。昨秋の創価学会の教義改変あたりから自界叛逆の様相を見せ始め、一向に収まる気配がなかった。そこで管理人が店じまいを決断したのだった。

これに前後して、拙ブログの異変が始まった。このように感じるのは、わたくしだけであろうか?

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ