2015/3/27

顕正新聞第1335号精読  
沖浦氏いわく、顕正会に未来はない、と。これは一連の怨嫉謗法云々の延長線上に位置する話なのだろうが、それよりも先日の後継者がいない云々の話のほうが深刻だろうと思う。顕正会は浅井先生に代わる人物がいない。一から十まで浅井先生にオンブダッコなのである。ゆえに先生がいなくなったらオシマイなのだ。

顕正新聞の特集号も基本的にはオンブダッコである。すなわち浅井先生の講演をベースに構成されるのが特集号だからである。

近年、顕正会の折伏の形態も変わってきている。いわゆる特集号を武器に折伏するのだ。

若い世代の顕正会員は学生時代の名簿を頼りに折伏をする。現役の学生はもちろんのこと、三十代くらいまではそれが可能だろうか? しかし、それがいつまでも通用するわけがない。何しろ片っ端から折伏していくので、いずれは対象者が尽きてしまうのだ。
また、近年は後期高齢の入信者も目立つ。この人たちの名簿は手つかずでキレイではあるが、しかし、もう何十年も前の名簿が有効かどうかは疑問である。連絡の取れない人のほうが多いかもしれない。
そこで登場するのが訪問折伏である。一軒一軒、いわゆる戸別訪問をするのだ。友人だの知人だのは関係ない。知らない家を片っ端から訪問していくのである。その時の武器が特集号なのである。

そりゃそうだ。見ず知らずのお宅を訪問して、いきなり折伏したところで、わかりました、入信します、とはならないだろう。そこで特集号が大いに活躍するわけである。つまり、訪問折伏においては特集号が頼みの綱なのである。

ようは特集号の出来・不出来によって、結果が変わってくるということだ。

つまりは、浅井先生の講演のクオリティにすべてが懸かっているわけであり、また、それがために顕正新聞の発行が遅れがちでもあるわけだ。読者にツマラナイと思われたら、そこで終わりだからである。

そして今回の特集号は創価学会員をターゲットにしたものであり、ある意味では浅井先生にとって得意中の得意の分野なので、相当の力作となっている。これを今、顕正会の活動会員たちが精力的に配布しているわけである。

そんなわけで、何重もの意味でオンブダッコの状態になっている。とりわけ今回の場合は、御遺命守護の歴史として浅井武勇伝が語られている。記事のベースとなっているのは昨年末の総幹部会講演であり、言うまでもなく講演者は浅井先生である。そして今述べたごとく、過去の経緯として己の武勇伝が語られるのだ。文字通り、浅井先生に始まって浅井先生に終わるといったテイタラクである。

ゆえに、顕正会は浅井先生がいなくなったらオシマイ・・・というのは、それほど誇張された話ではなく、かなりの蓋然性で言えることなのだと思う。

さて、昨日は見出しばかりを列挙して、中身にはほとんど触れなかったので、今日は本文中から注目すべき文言を拾い出してみようかと思う。

正本堂が崩壊したように、いよいよ池田創価学会が消滅する時が来たこと、命の底から大確信したものであります。

第二十四女子部長の登壇である。凄いことを言うものだが、はたしてどこまで本気なのか、そこが疑問である。現実問題として、大聖人がいわゆる四箇の格言をもって破折した念仏等の諸宗は、今も存在している。この意味からすると、かなり難しそうに思えるのだが、いかがなものだろうか?

次は男子部第二十九隊総支隊長補の記事である。

 そこに今、この年を前もって「国難元年」と銘打たれた浅井先生の深きご見識と洞察力に、畏敬の念が込み上げるものであります。

昨年十一月に創価学会が教義改変を行ない、あろうことか戒壇の大御本尊を否定するに至った。彼が言っているのはこのことである。十一月に起こるであろうことを年初に予言していた。いや、そうは言っていないのだけれども、何となくそんなニュアンスの感じられる文章である。

一方、男子部第四十八隊支隊長は、創価学会婦人部の発言を次のようにあげつらっている。

学会婦人部の者は、・・・池田大作が書いたとされる大量の本の写真を見せながら
 「これだけの本の数は、ゲーテより凄いんだよ。あの仏に近いゲーテだよ」と誇らしげに話す始末で、このような姿に哀れさを感じました。


浅井先生と池田氏とで著作の数を競わせたら大差である。まったく話にならない。しかし、上掲のような意味不明のセリフを紹介することで、創価学会のイメージダウンを図っているのだろう。

あの仏に近いゲーテだよ・・・

確かに意味不明である。閲覧者諸氏の中で、この意味を説明できる人がおられれば、ぜひともお願いしたい。

さて、今度は婦人部片瀬支区総班長の記事であるが、彼女の目撃談には驚いた。創価学会員宅の仏壇の中の様子を次のように説明している。

なんと御本尊の両脇に、池田大作とドレス姿の香峯子夫人の写真が飾ってある・・・

これはどうなんだろうか、創価学会員の釈明を聞きたいところだが、わたくしの思うに御厨子の内側か外側かがポイントとなるだろう。内側なら大問題だが、外側ならそれほどでもないと思う。

それからどうでもいいことを書いておくと、

我が家に出入りしていた植木職人・・・

ほう、この婦人部総班長はけっこうなお金持ちらしい。わたくしも植木職人を頼むような身分になってみたいものである。

次に紹介する男子部第三十一隊支隊副長は、わたくしの記憶が正しければ顕正新聞論説委員のはずである。

昨年八月二日、大聖人様より国家存亡の危機を見せて頂いた以上・・・

たぶん多くの読者が意味不明に思うだろう。これは当時の新聞が中国の核戦力について報じたことを言っているわけだが、わたくしには一つだけ拭えない疑問がある。当時、これを報道したのは二紙だったと思う。つまり、全紙が一斉に報道したわけではないのだ。それでいてご覧のごとく大仰な言い方をするのはどうかと思うのだが、いかがだろうか?

婦人部銀座支区組長は見るからに高齢であるが、このたび折伏理論書を学んで次のように語っている。

 先生は、細井管長が態度を二転三転する中、猊下の立場を守られつつ、池田大作の御遺命破壊を大聖人様の御金言を以て破折し続けられましたが・・・

猊下の立場を守られつつ云々と、ああ、なるほど、ちゃんと読めているようだ。だったら、ずっと猊下の立場を守り続ければよかったのにね、と思う。

婦人部浜松支区 ○○ ○○○

最後に、上掲は「成人式に参列して」と題する登壇である。オイオイ、なんで婦人部なんだよ。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ