2015/12/6

シワスノブロガー  
今日はまず、御大会式講演についての補足から始めよう。

・・・佐渡で著わされた義浄房御書には「三大秘法を成就」と仰せられている。

これはどういうことだろうか?

 まだ御本尊は顕わしておられない。しかし大聖人の御当体そのものが末法下種の本尊・人の本尊と顕われ給うたのです。
 よって日蓮大聖人を信じて南無妙法蓮華経を唱え奉れば本門の題目。また大聖人まします処は義において本門の戒壇。ゆえに「三大秘法を成就」と仰せ給うたのであります。


シツコイようだが、再掲しよう。

大聖人まします処は義において本門の戒壇・・・

この部分、法華講員はどのように読むだろうか? この道理がわかれば、戒壇の大御本尊まします処は義において本門の戒壇、ということがわかるはずである。ようするに今の正宗教学はこの部分で間違ってしまっている。拙ブログにはたくさんの法華講員が訪れるけれども、この件に関して明快な反論を述べた人はいない。それは当然のことだ。なぜならば浅井先生の言っていることが正しいからである。事実、昭和四十年代当時の宗門の高僧たちは、誰一人これに反論できなかった。

唯一の例外は日達上人であろう。

浅井先生も時の猊下に対しては遠慮があったのかもしれない。はっきり言えば日達上人の仰せにもかなりアヤシイところがあるのだけれども、当時の浅井先生はさすがにそれを徹底的に粉砕するまでには至らなかった。何しろ相手は時の猊下なのである。やはり遠慮があったのだろう。

しかし、解散処分以降はその遠慮が徐々に除かれていった。さらに近年に至ってはエスカレートして、とうとう呼び捨てにするまでになってしまった。

わたくしはこれに断固反対を唱える。いかなる事情があろうとも、呼び捨てにするべきではなかった。顕正会が今もなお、日達上人・日顕上人と呼び続けていたら、どれほどよかったかと思う。少なくとも細井管長・阿部管長と呼び続けるべきだった。それがギリギリの最低ラインだった。

顕正新聞第1358号は十月度総幹部会の記事を中心に組まれている。逮捕事件直後の総幹部会でもあるし、幻の総支隊長の脱会を機に脱会ブームが起こりつつある中での総幹部会でもある。ゆえに浅井先生の発言が注目されるところだが、逮捕ないし家宅捜索については完全黙秘を貫いている。そしてもう一つの大量脱会のほうは、きわめて婉曲に宗門批判をすることで対応しているようにも感じられた。ようは顕正会を脱会し宗門へ帰伏する流れを抑えるために、日達上人の御遷化をあげつらっているのである。

細井日達の罰を見よ

この小見出しに続いて、日達上人の御遷化の様子をかなり詳細に書いている。重要な部分ではあるが、あまりにも恐れ多いので省略しよう。しかし、誰もが思うはずだ。ずいぶん詳しいではないかと。まるでその場に立ち会っていたかのような書きっぷりである。

ようは誰かの受け売りなのである。どこかから仕入れたネタを使い回しているに過ぎない。

細井管長、急死

今度は折伏理論書改訂版である。ご覧のような見出しがあって、以下、三行目から次のような記述がある。

 この抗争に性心を労した細井管長は、病を得て総本山近くのフジヤマ病院に入院した。しかしほどなく回復し、明日は退院≠ニいう昭和五十四年七月二十二日午前五時、突如として激甚の発作に襲われ、急死を遂げてしまった。

本当は二つの文章を並べて比較しないといけない。しかし、先ほども書いたように十月度総幹部会での浅井発言はあまりにも恐れ多く憚りがあるので、ここには掲げない。

結論は、言っていることがかなり違っている、ということだ。

浅井先生の自語相違は枚挙に暇がない。ゆえに上述の一件もそのうちの一つに過ぎないのかもしれない。しかし、事が事だけに許し難いのだ。ようするに死者への冒涜である。

記述に一貫性があればまだしもである。言っていることがコロコロ変わるのは問題である。しかも言っていることが変わっても結論はいつも同じなのである。御遺命に背いた罰であると。浅井先生はそれさえ言えれば満足なのである。

折伏理論書改訂版の言わんとしていることをまとめてみよう。

入院した、しかしほどなく回復した、ゆえに明日はいよいよ退院ということになった、ところが突如として容体が急変し、激甚の発作に襲われ、急死してしまった。

元気になったので退院しましょうと言っている矢先に急死を遂げてしまったことの衝撃を強調しているわけである。それが御遺命違背の罰なのだと。

しかし、巷間ではこれとは別の情報が出回っている。ようするに病状が思わしくないので聖路加病院に転院するという話なのだ。もしこれが事実だとすれば、浅井先生は大間違いを犯したことになる。つまり、「明日は退院」ではなく、「明日は転院」ということになるのだ。

さて、この部分、今般の基礎教学書ではどのように記述されているのだろうか?

当然のことながら、わたくしもそうだし浅井先生も同じである。病院にいて、一部始終を見ていたわけではない。ゆえに、巷に出回っている情報を自分なりに咀嚼して、書いているに過ぎないのだ。それが浅井先生の場合、かなり恣意的な書き方になってしまっていることは否めない。そこが断じて許せないところなのである。

毒を食らわば皿まで

わたくしはこの言葉を浅井先生から教わった。確かに妙信講解散処分前後の事情を考えると、宗門側にそうしたイヤラシサがあったのは事実だろう。大事の前の小事ではないが、妙信講さえいなくなれば丸く収まるという、高度な政治的判断のような発想があったのは事実だろう。浅井先生の立場になってみれば、それは堪らないことだったろう。これも事実である。

しかし、時を経て、状況が変化したのも事実だ。

上掲の毒を食らわば云々は、今となっては浅井先生にこそ当てはまる言葉なのではないかと、そう思えて仕方がないのである。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ