2016/2/4

シブシブツヅケル  
顕正新聞第1364号は、まず一面で元旦勤行と四級・五級の教学試験の様子を伝えている。二面は浅井先生の元旦勤行・御挨拶。三面以降はいつものごとく各種の登壇記事が載せられている。

すでに指摘済みのことだが、浅井先生の本年の第一声には経済事案が含まれていない。天変地夭のことが少し、そして主には軍事問題に焦点が当てられている。
もちろん、それが不自然というわけではない。しかし、経済問題にも一言触れておくべきだった。そうすれば、ここ一ヶ月間の株価の低空飛行ぶりと見事に一致して、活動会員たちのモチベーション向上に役立っただろうと思う。
また、結果論ながら言えば、軍事事案においても北朝鮮への言及がない。これも浅井先生が凡夫であることの証拠である。

さて、各種登壇記事を見ていこう。

 我らが膨大な御書を拝読しても、その極理を得ることなど、到底なし得るものではありません。

城衛の発言である。わたくしもまったくそのとおりだと思う。ただし、この続きについては異論がある。

 そこに、お若きころより御書を拝しては六巻抄を拝し、六巻抄を拝しては御書を心肝に染め、まさに日寛上人の御指南を通して御書の極理を師伝せられた先生が・・・

これが事実ならば、我々にも同じことが可能のはずである。つまり、御書と日寛上人の御指南を併読すれば極理を会得できるわけなのだ。何も浅井先生だけが特別ではないことになるだろう。

ようは勉強する気があるかないか、ただそれだけの違いである。

ところがである。どこまで行っても浅井先生だけは特別な存在であると、こう言いたいらしいのである。次の副総合婦人部長の発言が象徴的だ。

・・・浅井先生を召し出だされた大聖人様の絶大威力に、低頭の他はありません。

彼女は大聖人に対して低頭の他はないと言っているので、いちおうは筋目を間違えていないことになる。しかし、大聖人が誰を召し出だしたのかと言えば、それが浅井先生なのだと言っているわけである。

別件ではあるが、婦人部下北支区総班長は次のごとく言っている。

世界中でただお一人・・・

もちろん浅井先生のことを言っているわけだ。やはり特別な存在らしい。

女子部総務も言っている。

・・・日寛上人の
 「後代の君子に贈る」
 と仰せの「君子」こそ、先生ただお一人であられることを、熱涙の中、深く思うばかりでありました。


男子部第十六隊長も同じことを言っているが、ここでは省略しよう。

そして話は変わるが、次に男子部第七十隊長の記事を紹介したい。まずは見出しからである。

何と卑怯・卑劣で無慚な男なのか
 塚原まで汚した阿部日顕に憤激


御隠尊猊下に対して何という言い草かと思う。次に本文を見てみよう。

 それにつけても、阿部日顕の所行はいったい何事でありましょうか。
・・・インチキな跡碑などを建てて大聖人様の忍難慈勝の霊地を汚すなどとは以てのほか。


ごく素朴な疑問なのであるが、跡碑が建立されたのは日顕上人が御隠尊となられた後のことではないかと思う。とすれば、建てたのは日顕上人ではなく日如上人である。それにもかかわらず上掲のように言うのはなぜなのだろうか?

・・・先生のご構想の妨害までするとは、なんと卑劣で無慚な男なのかと、

これもよくわからない文章である。先生の構想とは何なのか、文章の中にはそれらしい記述が見当たらない。

誑惑の正本堂と同様、この跡碑も諸天の鉄槌により、必ずや地上から消え去るものと確信するものであります。

挙句の果てにはこれである。

確かに正本堂はさまざまの問題が集約されたような意味があって、それが二十六年で崩壊したことには感慨深いものがある。いや、もちろん、所属団体によって感じ方が異なるだろうことは承知しているつもりであるが、少なくとも顕正会員たちにとっては感無量の出来事だった。

しかし、跡碑は関係ないだろう。これはもう、ほとんど八つ当たりみたいなものである。宗門のやることなすことが気に食わない。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのパターンである。

最後にもう一つ、婦人部総務が安倍政権のことで次のように言っているのが興味深い。

・・・これほどのペテンがまかり通り支持率まで上がるとは、まさに魔の所行と思わずにいられず、

浅井先生の予言は当たらない。結果として、その大言壮語こそがペテンではないかと言いたくなるところだ。

それはともかく、創価学会の崩壊ということも言い続けてきたが当たらない、そして近年は安倍政権の崩壊近しを繰り返し言ってきたが当たらない。それでもなお上掲のような減らず口を叩く。

恨み節・・・

浅井先生ないし顕正会員たちの精神構造を一言で片付けてしまうならば、まさに恨み節ということなのかもしれない。

これで一国を救う? ちょっと無理なんじゃない?

とわたくしは思うのだが・・・

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ