2016/2/9

ダセイデツヅケル  
沖浦氏との議論は適当なところで切り上げるのが得策である。しかし、せっかくなので、もう少しだけ書いておこうかと思う。

 御本尊に在御版とあるので勝手に複製をするなと言う意味である。

 概ねそういうご意見ですね。
 ですが、この場合、では書写や複製の資格を御書に基づいて明確にする責任が生じます。

 この点は日蓮正宗で証明した人がおられません。


やや思いつきながらも今回初めて気がついたことを書いておくと、他門では在御判のところに自署名を入れるような習慣があるけれども、これは不許複製の掟を守らんがためなのかもしれない。つまり、自分たちには本尊書写の権限がない、だから書写ではなくオリジナルの本尊を書くしかない、それがすなわち自署名の本尊の意味なのかもしれない、ということだ。

逆に、これはもうずいぶん前に書いたことだが、日蓮在御判などという表記は空文に過ぎない、しかし、唯授一人の相承者が書くことによって、そこに効力が生じるのであろう、ということを以前に書いた。

まあ、しかし、これでは沖浦氏を納得させることは出来ない。

血脈の次第 日蓮日興

御法主上人の権能ということを御書をもって証明せよ。これが沖浦氏の要求である。

わたくしはまず身延相承書を挙げたいと思う。当然、沖浦氏は言うだろう。それはダメであると。どうやら最近の沖浦氏はこれを偽書と見なしているようである。だったら御書全集から削除せよ、話はそれからだ、と言いたい。

勝氏による今朝のコメント群の中にも、顔は東を向き足は西を向いている、というような言葉があったけれども、まさに今の創価学会のテイタラクをよくあらわしていると思う。支離滅裂なのだ。

ようは教義の改変を行なうにしても、そのやり方が実に中途半端なのである。

以前、創価学会で御書の全面的な見直しをするような話があった。けれども、その後の進捗状況は不明である。

その理由はけっこう簡単な話で、ようは御書の真偽問題を追求しだすとキリがないのだ。たとえば創価学会で重用している御義口伝をどうするかとか、生死一大事血脈抄など最蓮房関連の御書をどうするかなど、まるで整理がつかないのである。それこそゲリマンダー的に選択すれば、嘲笑の的になるだけである。当然、日蓮正宗から痛烈に批判されるだろうし、顕正会からもされるし、あるいは他門からも鼻でせせら笑われることになるかもしれない。しょせん創価学会はその程度なのだと。

この際、提案しておこう。創価学会は宗門復帰を目指すべきであると。これがいちばん整合性が高いはずなのだ。まあ、しかし、たぶん無理だろう。無理を承知で、提案だけはさせていただく。

又此の血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり。

本因妙抄である。こういう御文を出すと、逆にせせら笑われることになるのかもしれないが、少なくとも日蓮正宗系においては必須の文証である。創価学会版の御書全集にも載っているはずだ。ゆえに文句があるならば、まずは全集から削除しなければいけない。

宗祖御遷化記録

ヤブカラボウに思われるかもしれないが、それはそのとおりである。たぶん、これはあまり言われていないことだと思うので、わたくしが何を言わんとしているのか、おそらくは誰も見当がつかないだろう。

日興遺誡置文

余計にわけがわからないだろう。

まず宗祖御遷化記録と二箇相承が矛盾するとの指摘がある。ようするに本弟子六人を定めることと唯授一人の血脈相承が矛盾するというのだ。

確かにそのとおりではあるのだが、わたくしは次のくだりに注目した。

一、御所持仏教の事
   御遺言に云はく・・・


煩瑣になるので省略したが、内容としてはいわゆる随身仏と注法華経の扱いについての遺言である。

なんと大聖人の遺言はそれだけなのだ。

あれ? もっとも大事な御本尊についての遺言はどうしたのだろう?

このように考えると、唯授一人の血脈相承の存在が俄然クローズアップされてくるのではないかと思う。

此の血脈並びに本尊の大事は・・・

なるほど、本尊書写の権能は日興上人のみに御譲りあそばされたがゆえに、本弟子六人を制定する文書には出てこないのだ。

同様の視点で御遺誡二十六箇条を拝すると、これも御本尊についてはまったく記されていないことに気がつくことになる。その理由は明々白々だ。以下、御遺誡の前後に付された御言葉の一端を示しておく。

後学の為に・・・

後代の学侶・・・


日興上人の御遺誡は主には大衆に向けて定められたものなのである。一般僧侶という意味だ。ゆえに唯授一人の権能であるところの本尊書写についてはまったく規定がないのである。

近年以来日興所立の義を盗み取り己が義と為す輩出来する由緒条々の事。

最後に富士一跡門徒存知事を拝しておこう。

上掲は現代的に言えば、さながら知的所有権の問題である。当時はそうした概念が希薄だったのだろう。ゆえにパクリが横行していた。

一、五人一同に云はく、本尊に於ては釈迦如来を崇め奉るべしとて既に立てたり・・・

 日興が云はく、聖人御立ての法門に於ては全く絵像木像を以て本尊と為さず、唯御書の意に任せて妙法蓮華経の五字を以て本尊と為すべし、即ち自筆の本尊是なり。


かくのごとく五老の多くは御本尊のことがわかっていなかった。まるでお話にならないレベルだ。こういう人たちにはパクられる心配はない。しかし、わかっていなくても真似事は出来る。それが最初のほうで触れた自著名の本尊だったり、あるいは次のような事例が相当するだろう。

一、御筆の本尊を以て形木に彫み、不信の輩に授与して軽賎する由諸方に其の聞こえ有り・・・

細かい点だが、諸方に其の聞こえ有り、というのがイミシンである。日興上人はそうした情報を耳にされていたものの、直接的には目撃していないと考えられる。さすがに唯授一人の権能まします日興上人の前では、そうした大それたことは誰も出来なかったのだろう。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ