2016/2/19

カツパツナロンギ  
引き続き一月度総幹部会の記事を見て行こう。まずは城衛だ。

・・・なかには全盲の人が介添えを伴って受験したり、百一歳の方の受験もありました。

教学試験についての報告である。全盲の人が受験したという話は以前にもあった。具体的にどうやるかはわからない。そしてもう一つの百一歳の受験者は確かに凄いことだ。もし可能ならば総幹部会で登壇するとインパクトがあるだろう。しかし、年齢が年齢だから決して無理をしてはいけない。

第八男子部長の活動報告では、創価学会の三世会員の発言が紹介されている。

今年は大きな出来事が起こって学会が分裂・崩壊するかもしれない。

ずいぶんイミシンな発言である。さて、いったい何が起こるのだろうか?

次に、昨年の一月に女子部の紹介で入会したという壮年が、登用試験を受験した旨の報告をしている。その中に気になる一節があったので紹介しておこう。

世間のような篩にかけるための試験ではなく・・・

いやいや、違うだろう。篩に掛けるという意味では、顕正会の教学試験のほうが、よほど当てはまる話だ。ようするに合格率の低さである。当該号には五級試験の合格者が掲載されているけれども、こんなに少ないのかと驚いたものである。この件は後日、詳しく書くつもりだ。

今回の拙ブログは話の内容を問わず、目についた記事を順番に紹介している。男子部第二十隊支隊副長の記事では、次のくだりが注目である。

いったい先生とはいかなる御方なのかと、低頭のほかはありませんでした。

ようするに日達上人に直接面談して論破したことを言っているわけだが、まあ、論破そのものはもうずっと以前から主張し続けていることなので、顕正会の主義主張ということでいいだろう。しかし、彼が細井日達と呼び捨てにすることは聞き捨てならない。猊下を呼び捨てにして、それに対比する形で「いったい先生とはいかなる御方なのか」などと言うに及んでは、オマエこそ、いったい何者なのだ、と言いたいところである。

一言で片付けるならば、ブンザイを弁えていない、ということである。ただし、これは彼に責任があるのではない。そのように仕向けているのは誰かという話なのだ。つまりは浅井先生ないし本部首脳の責任である。そろそろバカな教育はやめたまえと言っておこう。

婦人部横浜支区総班長は一昨年の一月に創価学会から入会してきた。おお、これはけっこうな出世頭ではないか、と思った。丸二年で総班長だからである。

 なかでも昭和四十七年九月、正本堂落成を眼前にしての法論は、先生お一人に対し学会側は三名、その後方には盗聴集団・・・

しかし、こういう人は顕正会の過去を知らないので、ある意味では虚飾の歴史を学ばされて鵜呑みにしてしまうという危険性がある。特に最近は、先生お一人、というフレーズが強調される傾向にあって、わたくしにはそれがやや疑問なのである。当時の浅井先生は妙信講の大幹部ではあったのだろうけれども、年齢的な意味でも先輩たちがたくさんいただろうし、また、男子部の精鋭部隊もいたわけである。そして当時の講頭はいわゆる顧問先生だった。顧問先生? たぶん彼女あたりはピンと来ないかもしれないが、今の顕正会でもそれなりに古い人たちには通じるはずである。つまり、創価学会の首脳や宗門の高僧たちと対峙していたのは、浅井先生一人ではなかった。そこには講頭先生もいらしたのである。

そうした事実をすべて消去してしまって、先生一人だけを強調することに、わたくしは作為的なものを感じずにはいられないのだ。今の顕正会の方針は浅井先生を独立教団の教祖に仕立て上げることなのだと・・・

先日、学会員を折伏した際に、本門の本尊、開して六義の人本尊を「御本仏日蓮大聖人」ではなく「池田大作」にしていると聞き、ただただ驚愕しました。

これはさすがにあり得ないと思うのだが、事実はどうなのだろうか?

少なくとも創価学会の公式見解としてはあり得ないだろう。こんなことをあからさまに言えば、宗門あたりから徹底的に破折されることになる。また、創価学会員たちにしても、ある程度の教学力があれば、こんな馬鹿な話が通用しないことは百も承知のはずである。

葬儀場社員も良相に感激し入信

婦人部中央支区総班副長の体験発表だ。父親の臨終ないし葬儀についての話題であるが、ご覧のごとく葬儀場の人が入信したという。入信者いわく、

「これまで色々な葬儀を担当してきたが、顕正会の葬儀は、いつも感激が満ちていて温かく、心打たれていました」

少し前にも同様の記事を紹介したと思うが、もしこれが事実ならば大変なことである。葬儀場の人が次々に入信するような現象が起これば、これはもうタダゴトではないだろう。今後、顕正会員が激増することになるかもしれない。

顕正新聞の傾向を見るに、最近は臨終の話題が多く感じられる。世の中の高齢化を反映して、顕正会にも高齢化の波が押し寄せているのだろう。そして顕正会で亡くなる人がその他に比して良相ばかりだとすれば、自ずと葬儀の専門家たちもその事実に気がつくことになる。そうした彼らが、亡くなった人の良相と顕正会の葬儀のあり方に感動して、次々に入信を願い出るような現象が全国的に起これば、もう広宣流布は確実である。

しかし、これはあくまで理屈の上の話である。さしあたっては、その手の人物が総幹部会で登壇することだろう。記事にウソがあるとは言わないが、現時点ではただ入信しただけの話なのである。入信しただけの話ならば、すでに百八十万人近くが入信しているからである。そして実態はご存知のごとくだ。

もう一人、男子部第八十二隊組長の記事を詳しく紹介するつもりだったが、くたびれたので簡単に触れて終わりにしたい。

 このたびの父の臨終を通し改めて、大聖人様、そして浅井先生の強きご一念により、父を成仏へと導いて頂けたこと・・・

これはこれは・・・

大聖人は当然のことだが、顕正会の場合、成仏するためには浅井先生の介在が必要のようである。なるほど、いったい先生とはいかなる御方なのかと、どうやらくだんの支隊副長が言っていることもツジツマが合っているようである。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ