2017/12/24

ナガスギ  
何やらコメントを読んでいると、マイケル氏が創価学会に入会しそうな雰囲気が漂っている。実に複雑な心境であるが、こればかりは本人の自由なので、これ以上の言及は控えたいと思う。

また、罰が出て喜ぶ云々について、罰で苦しんでいる人を救うのが宗教だという、きわめて常識的なコメントが寄せられた。これはまったくその通りであり、これには顕正会員たちも異論はないはずなのである。
ところが顕正新聞を読んでいると、相手に罰の現証が出たことを喜んでいるようなフシがあるので、拙ブログではそれを繰り返し指摘してきたわけである。
もっともこの喜ぶという精神構造について考えると、あるいは罰によって気がつくチャンスを得た、つまりは顕正会に入信するキッカケを得た、往いては幸せになるためのスタートラインに立てた、というような意味合いから喜んでいるのだとすれば、それほどおかしなことではないのだろう。
相手の不幸を見て喜ぶのは、ひじょうにおかしなことというか、仮に本心がそうだとしてもそれを表に出すのはきわめて幼稚なことである。

いずれにしても顕正会員は世の中のあらゆる事象を仏法で説明しようとするので、その最終形としては自ずと功徳と罰の二分法にならざるを得ないのだろうと思う。また、こうした思考自体がすでにして顕正会の活動にのめり込むための装置となっていて、何か悪いことがあれば罰だと解釈してもっと頑張って活動しないといけないと思い込むわけだし、良いことがあればあったでよりいっそう信心に励むことになる。さらに付け加えれば、ここに魔障という概念が組み込まれることもあるが、これもまた功徳と罰の応用に他ならない。二分法では単純すぎるので、少し複雑化しただけの話である。

しかし、ここまで書くと、オマエは大聖人の仏法を否定しているのか、というような反論が寄せられるかもしれない。

これについて釈明しておくと、表面的なことで功徳だとか罰だとか騒ぐな、というのが第一点である。浅薄なる功徳論・罰論、あるいは幼稚な功徳論・罰論と言ってもいいと思うが、そういうものはもはや現代人には通用しなくなってきているのだと思わないといけないだろう。ともかく功徳も罰も否定はしないが、それはもっと深い次元で捉えなければいけないことだと思う。もちろん答えとしては不十分である。ようはわたくし自身、よくわかっていないのが本当のところであり、今後の課題である。

もう一つ言っておくと、わたくし自身は日蓮正宗系無所属信徒という立場である。そこから見えるものは、教団ごとの自己都合解釈である。唯一の例外が沖浦氏であって、氏の場合はどこの教団に属していようが功徳はあると言っている。しかも日蓮正宗系に限らず、どこでもいいのである。さらには日蓮系に限らず、他の宗派でもいいのである。さらには仏教系に限らず、他の宗教にも功徳があると言っている。
しかし、今言ったように、これは例外中の例外であって、日蓮正宗系は他宗教に不寛容というのが一般的な認識であり、事実、そうなのだと思う。その最右翼が顕正会であるが、宗門も創価学会も五十歩百歩である。
たとえば樋田昌志氏がわかりやすい。氏の作るパンフレットには顕正会員や創価学会員の罰に苦しむ様子がよく表現されている。確か美大出身のはずで、あのエゲツナイほどデフォルメの効いたイラストは本人によるものなのだろうと思われる。
創価学会系ですぐに思い浮かぶのはフェイクである。これはもう謀略情報紙だけのことはあって、実にエゲツナイ。
顕正会は拙ブログで常々紹介している記事の数々を見ればよくわかるだろう。また、顕正会の内部にいた人であれば、いわゆる口コミ指導としてエゲツナイことがたくさん語られていることはよく承知しているはずである。

ここで思い切り上から目線で言わせてもらえば、もしかしたら日蓮正宗系のすべての教団が罰を受けているのではないか、ということになる。ようするに大聖人の立場からすれば、お前たちはいったい何をやっているのか、皆で力を合わせて広宣流布を目指さなければダメではないか、というふうに思っていらっしゃるかもしれないのだ。現状、各教団が信徒の獲得合戦をやっていて、日蓮正宗系の中で行ったり来たりしている人がいるけれども、それでは何の進歩もないだろう。なぜ大同団結を目指さないのか、なぜ大連立の発想が生まれないのか、むしろそこが日蓮正宗系の未熟なところである。

あるいは今のところ、ぜんぶを取りまとめるほどの実力を備えた大人物が存在しないということなのかもしれない。その意味でも日目上人の御出現が待たれるところなのだろう。

しかし、こんなテイタラクだから顕正新聞が溜まる一方なのだ。もちろん、これはわたくしの話である。そこで今日はもう少し頑張って、第1423号の残りを取り上げてみよう。

「三桁の供養をすれば四桁の功徳がある」

これは平成二十一年入会の男性婦人部員である。かなり時間が経っているけれども、なぜか男子部に移籍せずにいる。それはともかく彼は創価学会員時代に上掲のようなことを言われたそうである。これは凄い話だ。顕正会では上限があって、ようは一桁の供養しかできない。いちおう建前上はそのようになっている。ところが創価学会ではご覧のごとくなのだそうである。

しかし、これは話半分ということなのだろう。実際、そのような話があるのかもしれないが、あくまで話であって事実ではない。

以前、ネット上で創価学会の古参幹部の指導テープを聞いたことがある。確か戸田会長の側に仕えていた女性幹部である。彼女はそこで百万円供養しろとハッパを掛けていた。しかし、その場の雰囲気はひじょうに明るくて、彼女が百万円と言った直後に大爆笑が巻き起こるのである。それを聴いたわたくしの印象では、百万円は冗談なのだろうと思えた。もちろんお金持ちの人は百万円の供養をするのかもしれないが、それが創価学会における供養の相場というわけではなくて、無い人からむしり取るような、そういうエゲツナイことはしていないのだろうと思えたわけである。

それはさておき、次のくだりが疑問だった。

 私は中学生のころから母に連れられて学会の会合に参加しており、昭和五十二年には当時勤務していた東京の病院の同僚から折伏を受け、何の抵抗もなく池袋の常在寺で御授戒を受けました。

なぜに母親は彼を入信させなかったのかである。

 また創価班の御奉公ができることを誇りに思い、寝る間も惜しんで都内の会館や正本堂の衛護、少等部の指導に熱を入れ・・・

少等部は小等部の誤記か、もしくは創価学会特有の表現なのかもしれないが、ここで前掲の疑問が鮮明になるはずである。中学生の頃から云々である。当然、中等部があるはずだから、そうなると彼の母親がなぜに彼を入信させなかったのか、まるで理由がわからないのである。

つまり、こういう記事を載せるから創作だとかヤラセだとか言われてしまうわけなのだろう。編集部はそこをよく考えるべきである。

話は後半に移る。

広布以前に、何度も御開扉を重ねてきた恐れ多さに・・・

そんなにおかしな文章ではないのだが、顕正会員的な思考からすると何か悪いことをしてきたようなイメージになるので、そこが問題である。さらに問題は次のくだりだ。もはや彼が顕正会に染まっていることは一目瞭然であるが、話が支離滅裂に感じられるのも事実である。

 「本音を言うと戒壇の大御本尊様にお値いしたい。もう学会の言うことは信じられない。もう学会の言うことは聞かない!」

近所の創価学会員の発言だそうである。わたくしならば、だったら宗門に行くべきですね、と応えるところである。これで支離滅裂の意味がよくわかっただろう。

もう一つ、女子部第四十三区総班長の記事から、総班員のセリフを紹介しておきたい。

「顕正会は仏壇を買わせたりしないから良いね」

これは創価学会との比較である。単純に言うと、本尊の下付があるかないかの話なのだろう。創価学会では入信者に本尊を下付する。すると必然的に仏壇が必要になる。顕正会の場合はそれがないという話なのだ。

しかし、ここが顕正会の定着率の悪さの一端でもあるわけで、実は本部首脳もそれを理解しているフシがあるのだ。ゆえにかなり以前の話ではあるものの、経机の推進が行なわれたことがある。しかし、これはかなり中途半端というか、傍目にはケッタイな風景に映るかもしれない。その意味では失敗だったのだろう。そこで今、わたくし自身はその実態をほとんど知らないけれども、自宅拠点の名目で本尊の下付が行なわれているらしいのだ。もちろん入信早々のわけのわからない人に本尊を押し付けるようなことはしない。この点はしっかりと守られているとは思うが・・・

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ