2018/2/23

シオン  
贋虎氏から訂正のコメントが入った。わざわざ訂正するほどのことでもないと思うのだが、その律義さには敬意を表したいと思う。何しろ都合の悪いことには頬かむりを決め込む人が多い世の中である。その意味では立派な振る舞いだと言えるだろう。

慧妙の記事は時期的には後出しジャンケンそのものである。後思案と言い換えてもいい。ただし、それが正鵠を射たものであれば、いわば歴史認識としての決定版のような意味を持つことになるだろう。はたして当該記事には妙信講のことが書かれているのかどうか、わたくしとしてはそこが気になるところである。日達上人が認識を改められた要因の一つに、妙信講の存在がある。慧妙がそこに言及しているかどうか、そこが前述のホオカムリの話に通じてくるわけである。

さて、顕正新聞第1429号の続きを見ていこう。

日本広布

副総合婦人部長のこの表現がめずらしい。もっとも意味的には日本の広宣流布のことだから、別に大したことではないのだが・・・

問題は次の記述である。

 そこに平成二十六年十一月、学会が戒壇の大御本尊を捨て奉る大謗法を犯すその前に、先生が元旦勤行において「国難元年」と定めておられた不思議に、改めて驚嘆しました。

これは気がつかなかった。一種の盲点のようなものだろう。

本年は国難五年である。いわゆる顕正会式の年号だから世間的にはまったく通用しない。しかも顕正会員たちも、そろそろわけがわからなくなる時期である。あれ? これって、いったい何が基準になっているのかな?

ゆえに浅井先生も本年の年頭の辞であるとか昨年末の総幹部会などで、このことについて説明しているのだ。しかし、よく考えるとそれはおかしな説明なのである。面倒なので詳しくは書かないが、図らずもそのおかしさを副総合が暴いてくれたわけである。ヘタすると、浅井先生自身も気がついていないのかもしれない。もちろん副総合は浅井先生を批判する目的ではなく、その逆の目的で書いているわけなのだが、批判者たちからすれば格好のツッコミどころである。

いずれにしてもこれは国難元年の年頭の辞だとか、あるいはその前年あたりの会長講演を精査した上で詳論すべき事案だろう。いつものことながら、わたくしは面倒なのでやらない。誰か興味のある人は調べてみるといいだろう。

次に総合女子部長の発言を紹介する。

月例登山を激減させるという経済封鎖をし・・・

これは会長講演を受けて書いていることであり、他の大幹部たちも同様のことを記している。ようするにたくさんの創価学会員が大石寺に登山参詣していた時代があって、それを創価学会の上層部が意図的にコントロールしていたという。いわば兵糧責めのようなもので、その圧力で僧侶たちを牽制していたのだ。

結果的にはこれが失敗のもとであり、僧侶たちを怒らせてしまった。

ここからがわたくしの疑問である。顕正会ではこうした事態が二度あったと考えているのだ。すなわち日達上人の時代と日顕上人の時代である。前者の時には創価学会側が非を認めて和解した。しかし、後者の時には決定的な亀裂が生じて、周知のごとく、今日に至っているわけである。

はたしてこれが正しいのだろうか?

創価学会の上層部は一回目の時に兵糧責めが逆効果だったことを痛いほど味わっていたはずである。ならばわざわざ同じ失敗を繰り返すような愚は犯さないはずだろう。この点、顕正会の認識は甘いのではないかと思う。

先生ただお一人が、大聖人様より召し出された御方・・・

これはもう総合女子部長の口グセと言ってもいいほど、頻出するフレーズである。ゆえに今さら言うべきことは何もないのだが、さすがに次のくだりはどうかと思った。

女子部も大聖人様に命を帰し奉り、真心を重ね、すべての法戦に先陣を切る御奉公を以て、深き師恩に報いてまいります。

言いがかりを承知で言えば、ほとんど会長本仏論そのものである。

大聖人に命を帰すのは問題ない。もちろん表現的にはである。では、深き師恩に報いる、はどうだろうか? もしここでの師を大聖人とするならば、ひじょうに整合性の高い名文と言えるのかもしれない。しかし、彼女に限らず大多数の顕正会員が、ここは浅井先生のことを意味しているのだと理解するはずである。

結果的に彼女は自分の人生を顕正会に捧げたわけであり、別して言えば浅井先生に捧げたわけなのだろう。すると大聖人に命を帰すのも浅井先生に命を帰すのもさしたる違いがなくなってしまうわけで、そのように読めばまさしく上掲は会長本仏論そのものなのである。

ちなみに会長本仏論批判はもともと創価学会批判の一つであり、池田大作氏を本仏と見なすような創価学会のあり方への批判だった。わたくしはそれを転用する形で顕正会批判をしているわけであるが、今となってみると深刻度がケタ違いのように思えてならない。もちろん顕正会のほうが遥かに深刻である。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ