2020/5/12

ダラクソウ  
沖浦氏の今朝のコメントについて簡単に触れておこう。

堕落僧の仕業

バカの習慣


刺激的な表現がたくさん出てくるが、こういう話は法華講員のブログにでもコメントすべきだろう。わたくしに言っても詮無いことである。

前回も書いたように、宗門のやっていることは伝統であり、細かい点では大聖人の時代に遡源できないにしても、基本的には大聖人の時代から続いていると考えるべきだと思う。ただし、以前の拙ブログでは葬儀が簡略化されつつある現代事情を鑑みて、もしかしたら宗教そのものがオワコンになりつつあるのではないかと問題提起したことがある。つまり、以前であれば葬儀に僧侶を呼ぶのが普通であって、この点は正宗であっても他宗他門であっても同じだった。ところが近年は僧侶を呼ばない人も増えてきた。こうした時代の流れの中で、正宗だけが頑なに僧侶の必要性を云々しても、いずれは誰も耳を貸さなくなるかもしれないのだ。この点においてわたくしと沖浦氏との差異をあえて挙げるとすれば、氏は頭ごなしに正宗を否定している雰囲気が濃厚であるが、わたくしは違うということである。むしろわたくしは、時代は確実に変わりつつありますよ、どうするのですか正宗さん、という問い掛けをしているわけである。

もっともオワコンという意味では創価学会も例外ではないのかもしれない。

現状、創価学会は公明党の支持団体として存在価値を有するのであって、宗教としての価値には疑問符を付けざるを得ないと思う。実際、後継者が育っていない。たとえ両親が熱心な創価学会員だったとしても、その子女が熱心とは限らない。では新規の会員がどのくらい増加しているのかということになるが、あまり捗々しい話は聞かない。

また、公明党の存在価値にも疑問符が付く。

以前は自民党の暴走を牽制する立場と言われていたし、創価学会員もそれをいわばウリにして支持拡大の運動を展開していた。ところが現実にはそうではないことがハッキリしている。問題はこれからで、自民党がいつまでも天下を取っているとは限らない。自民党そのものがオワコンになるかもしれないのだ。さて、それが事実となったら公明党はどうするのだろうか? いや、逆かもしれない。今は潤沢なる創価学会票が期待できるものの、それが当てにならなくなれば捨てられるかもしれないのだ。

今のコロナ問題は人類にとって得難い教訓となっている。まさに凡夫には未来が見えないのだ。もちろん偉そうなことを書いているわたくしも例外ではない。

顕正新聞の続きを見て行こう。

 振り返れば、平成十年二月、浅井先生は「小田原地震切迫」との報に小田原の地に命がけで赴いて下さり・・・

五面の左側に婦人部小田原支区班長(神奈川)の記事がある。まさに浅井先生が凡夫であることを示す内容となっている。

ちょうど対比するのに好都合なのが右側の女子部第百五十七区総班長(熊本)の記事である。

 熊本地震から間もなく四年を迎えますが・・・

結局、小田原地震は来なかった。未だに来ないのである。地震予知の難しさを象徴する出来事かもしれない。当然、熊本地震も予知できなかった。

五面下段には見覚えのある話が載っている。

 実は顕正新聞を読んでから、「細井日達書写の本尊に祈っていたら大へんだ」と思い、すでに本尊をお巻きしていたのです。

五月五日の拙ブログを参照されたい。そこには婦人部宮崎支区総班長の記事が載っている。今回は本人の登壇記事である。ご本人は八十四歳だそうで、役職はない。

実は五面にはもう一つ取り上げるべき事案がある。

桜咲く本部会館・正門

ミツバツツジ


昨日のブログでも本部会館の四季を取り上げた。例の雪景色である。実はそれが同号の二面に載っていて、同号の五面には上掲が載っているのだ。チグハグ感が否めない。四季と謳っているものの、まさか同じ号に春夏秋冬が載ることはあるまい。それでは新聞の意味がない。強いて言えば、季節外れの雪化粧みたいな説明を付加すればまだしもだったろう。これらの写真は記事の文字量によっては空きスペースが生じてしまうので、その穴埋め的な役割を担っているのだと考えられる。それはそれで結構であるが、載せるからにはちゃんと考えて載せるべきだろう。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ