2005/6/22

先生もお年を召された  
わたくしは現在、顕正会の活動には参加していない。
自宅で勤行をし、御書(大石寺版)を拝読し、あとはインターネットで情報収集しているのみである。

またしても某掲示板からの情報であるが、いわく「最近の先生は表情がさえない」(取意)と。
彼は顕正新聞の写真を見て、先生の顔色が悪いことを指摘しているのである。

確かに、そのように見える。

仮に自分が顕正新聞を編集する立場であれば、いやいや、誰でも同じであろうが、ともかくいちばんいい写真を載せるはずなのである。

やはりそうすると、某掲示板での指摘は単なるヒガメというものではないのだろう。
悲しいけど、先生も年を取ったのである。
いや、そういう問題ではなく、後頭部に砂が詰まっている状態なのかもしれない。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ