2005/6/30

折伏の定義  
摂折論争というのがあって、大聖人の御化導は折伏ではなく摂受であると主張する人がいる。
いわく、折伏というのは謗法者を断命する行為である、大聖人が謗法者を断命したという記録はない、よって大聖人の振る舞いを折伏とはいえない、と。

これは面白い議論である。従来、大聖人=折伏というイメージがあり、また、創価学会の折伏大行進や顕正会の折伏活動も、それが大聖人の御意にかなうものと思って、布教活動に邁進してきたわけである。
これらのことをすべて根底からひっくり返すような驚くべき議論である。

前にも書いたとおり、現実には折伏だろうと摂受だろうと大して差はないように思う。今日、仮に摂受を基本とするにしても、結局のところ熱心に布教活動を展開すれば世間の反発を受けることは同じだろうと思うのである。

それにしても折伏の定義であるが、経文に忠実たらんとすると、謗法者に対してはいわゆるポアをしなければならない、ということになるらしいのである。
皮肉な話、顕正会では毎月、折伏誓願をたてて、月末には折伏成果を発表している、例えば○月度折伏成果の総合計は一万五千名に達しましたパチパチパチ(大拍手)・・・とかいって、本当に一万五千人もポアしたら大事件になる。
百万達成もポアのことだったら歴史的大事件である。
やや皮肉が過ぎただろうか?

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ