2006/6/28

体験発表の難しさ  
埼玉県出身I@札幌氏より本日未明にコメントを頂戴した。

「富士大石寺へ帰ろう」は立ち上げ当初は、管理人さんがまだ顕正会員で、現在の「自由な茶寮掲示板」と似たようなHPでありました。

これは知らなかった。そうすると、同じ運命をたどることになるのだろうか?

また、御自身の心法の変化について言及されているが、この「心法の変化」という用語は顕正会でもよく使われるものである。


さて、ガラン氏より質問をたまわっていたわけだが、その要を取って言えば、顕正会に長く在籍しているからにはそれなりの功徳を体験しているのではないのか、ということだろう。そうでなければ、ただでさえ定着率の悪い顕正会にいる理由が見えてこない、という意味でもあると思う。
すでに昨夜述べたように、わたくしには人に語って聞かせるほどの体験はないのである。だったらなぜ顕正会に拘泥し続けるのか、何か特別な理由があるのでは・・・という疑問が生じてもおかしくはないだろう。

だが、これについては、書くつもりはない。
もしかしたら将来、わたくしを取り巻く状況に大きな変化が生じて、その結果として書くことができる時がやってくるかもしれない。そういうわけだから、知りたい人は気長にお待ちいただくしかない。

そもそも顕正会員の功徳の体験談などは聞きたくもない、というのが法華講員や創価学会員の本音ではなかろうか?
ようはくだらな過ぎると。
それは、わたくしがそのように思っているわけではなくて、各種掲示板の投稿に見られるところなのである。
ことにバスタータイムズなどは顕正新聞の記事をよく読んでいて、スキあらば容赦なくツッコミを入れてくる。

相変わらず馬鹿げた内容で構成されている顕正新聞。
(中略)
それと、またまたしょうもない体験談を発見!
前の記事ではパチンコ依存症が治ったとの体験が紙面の半分を使って掲載されていましたが今度は、なんと紙面の3分の1を使って、パチンコで十万勝ったとの体験談が掲載されてました。
この体験談の中に、パチンコで十万勝ったのは、御本尊様の無量無辺の大功徳とありました。
あまりにも、馬鹿げた体験談に絶句してしまいました。


バスタータイムズではあっさりと書いているために見逃している点があると思う。
以前のパチンコ依存症が治った体験はいわゆる心法の変化のあらわれであるから、わたくしは悪くないと思う。それは二ヶ月あまり前の顕正新聞に載っている。そして今度の新聞ではパチンコに勝った話である。
つまり、今度の体験はややもするとパチンコを肯定している、もっと言えばパチンコを奨励しているとも受け取られかねないわけで、ひるがえってパチンコ依存症の体験を踏みにじる結果になっているかもしれないのである。

パチンコ依存症というのは正式な病名なのかどうか知らないが、問題なのはパチンコ熱が高じてくると借金までしてパチンコをやり続けるようになり、挙句は個人破産に至るわけである。この手の体験発表もよく見聞きする。
結局、パチンコをしなければこのような問題にはならないわけであるが、今度の体験ではパチンコをして十万円の臨時収入が得られたというのだから、ようは信心を真面目にやっていれば福運がどんどん身に備わってきてパチンコにも負けなくなる・・・などという解釈にもつながりかねないわけである。

ちなみに、その体験発表の該当部分は次のごとくである。

かつて仏法の話をして逆縁だった知人がパチンコ店に入るのを見つけ、再折伏しようと店内まで追いかけて行きましたが、見失ってしまいました。
疲れ果てた私は「しばらく休ませてもらおう」と空いているイスに座りましたが、店員が変な目で見るので仕方なくパチンコをやり始めました。すると周囲の人たちが「凄い!」と騒ぎ出すほど玉が出てしまい、なんと約十万円も儲かってしまったのです。
これには私自身、大変驚きましたが、年金暮らしの私には何より有難い臨時収入であり、御本尊様の無量無辺の大功徳に涙が止まりませんでした。


あくまで仕方なくという条件付きであるから、パチンコを奨励しているわけではないけれども、積極的に禁止しているわけでもなさそうである。
そうすると、やはり拡大解釈を許しかねないという問題をはらんでいるようだ。
さらには、この体験発表者がこれに味をしめて、それこそパチンコ依存症にでもなってしまったらどうするのか、という心配もなきにしもあらずである。

顕正新聞編集部はバスタータイムズに馬鹿にされないような紙面づくりをしなければならない。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ