地味な仕事

2007/9/19 | 投稿者: KINOSHITA

 今月は校正作業が続いて気分的にぐったりです。神経を集中するので妙に頭の芯のあたりが疲れてしまうんですよね。校正・・の説明は以前もやりましたが、作曲家の書いた楽譜を浄書屋さんが出版用の美しい譜面にする(浄書)過程で、どうしても臨時記号が落ちたり音が違ったりするので、出版前に作曲家自身が浄書にミスがないか詳細にチェックします。ま、校正作業が続くということは出版が続くことなので、文句をいう筋合いではありません、皆様に感謝感謝。

 今年は前半にピアノ曲「夢の回路」、室内楽「ねじれていく風景」、吹奏楽「ゴシック」と現代音楽系の作品出版が続いたのですが、後半は久しぶりに合唱作品がたくさん出版されます。すでに一冊、無伴奏男声合唱作品「わたしはカメレオン」が春に出ましたが、秋には同じカワイ出版から女声合唱曲集「悲しみの枝に咲く夢」が出る予定で、今二回目の校正譜が手元にあります。これが終わればいよいよ出版。それから吹奏楽伴奏合唱曲「いま!」の校正譜も手元に・・。これは吹奏楽伴奏スコアとパート譜だけレンタルで出て、合唱譜はピース出版になります。今は女声合唱ピース譜の校正ですが、そのうち混声4部版と吹奏楽スコアの校正もしなくてはいけません。
 もうひとつ、ちょっと変わり種の現代音楽系作品、女声アンサンブルと打楽器のための「BLUE」も急に年内出版が決定して、ここ数日缶詰めで浄書してました。現代作品の場合、出版用のコンピュータ浄書も自分で作成する場合が多いのですが、今回も自分で浄書やって校正やって、もうた〜いへん。でもがんばります。

下は今年出た楽譜で気にいっている表紙。シャープでシンプルなのが好き。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ