テキスト探し

2008/3/28 | 投稿者: KINOSHITA

 3〜4月にアカペラ曲集と歌曲集を書く予定だったのですが、とにかくテキスト選びに苦労しています。特に合唱の場合テキストはほとんど好きな詩を使ってしまったせいか、いくら探してもコレ!という一目惚れする詩に出会えません。たくさん存在しているはずなんですが・・。結局アカペラはヴォカリーズでいくことにしました。
 歌曲集は詩選びに悪戦苦闘しながらも、なんとかチクルスにできそうなテーマが決まってきました。最初は訳詩だけで行こうと思ったのですが、訳詩の新しいいいものって案外出ていないんですよね。アンソロジーで可愛い絵本になっているようなものは時々ありますが、それすら意外なほど早く市場から消えてしまって図書館にも残りません。
 クリスティナ・ロセッティなどいい訳があればいくらでも読まれそうに思うのですが、最近編まれた訳詩集はないようです。古いものなら岩波文庫の入江直祐さん訳の詩抄が復刊されましたし、中村千代さんの訳詩も国会図書館でマイクロフィッシュ保管されているものをコピー(ちゃんと合法で)させてもらいましたが・・どちらも名訳で格調高い文語で書かれていて文学的価値は高いですが、曲をつけるのにはちょっと難しすぎる。訳詩にはある意味寿命があるように思います。時代ごとのいい日本語で書かれた訳が欲しいです。

 そんなことで最近ずっと作曲よりテキスト選びで大型図書館や都立図書館、国立国会図書館など出掛けては一日詩選びしていたのでもう疲労困憊です。港区にある都立中央図書館にいったら、全集は多いものの普通の詩集などはほとんどなく、そういうものは多摩図書館に移転したとのこと。でも多摩図書館に行ってもほとんど閉架でしかもネットで検索してもそれほど多く引っかかってきません。

 しかたないので永田町の国立国会図書館まで探しに。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも古いものはマイクロフィッシュに保管されていて読めるのですが、意外なほど新しい(昭和期の)詩集が少ないように思いました。今夥しく出版されている本も、もしかしたら全然後世に残らないのでは・・。国会図書館は新館ができてコンピュータもたくさん導入されたのですが、もとは一回四冊まで閲覧させてもらえたのに今は一回三冊までなので、待ち時間の長さにぐったり。係員の方が大勢いて親切にいろいろ教えてくれるしコンピュータも多いのですが、それにしては効率が良くないような気がしました。私が図書館というものに慣れていないだけなんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
国立国会図書館の向かいは国会議事堂。横から見た図。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ