半年経過

2008/6/27 | 投稿者: KINOSHITA

 今年もあっという間に半年経過してしまいました!いろいろやったような、何もやらなかったような。
 初旬に疲労困憊した仕事に「楽典」の監修がありましたが、もうひとつ大変だった仕事にオペラ「不思議の国のアリス」のヴォーカル・スコア作成というのがありました。今ちょうど音楽之友社の雑誌広告に掲載されていますが、6月末から7月上旬ついに!出版予定です。この不景気な時代にオペラのヴォーカルスコアが市販になるのは本当に珍しくありがたいことなんです。もし興味のおありの方はぜひ購入いただけると嬉しいです。150ページあるスコアなので少々お高いですが。出版されたらまた正式にご案内しますね。

 それから、今年は9月に室内楽作品個展をやるので(「木下牧子作品展3 室内楽の夜」)、そのちらし作成やら、いろんな打ち合わせやらにも時間をかけました。歌方面の皆さんは室内楽作品にはあまり関心を示してくださらないので哀しい・・。でも佐竹由美さんの天使のクリスタルヴォイスをフィーチャしたヴォカリーズ(アンサンブルはハープ、ヴィブラフォン、チェロ)は本当に美しい響きですし、天才クラリネット奏者・武田忠善さんを中心としたクラリネット・トリオとか、あの名手・菅原淳先生をソリストに、パーカッション・ミュージアムの若手実力派がアンサンブルを固める打楽器コンチェルトとか、か〜な〜り〜気合いの入った豪華メンバーと編成です。これで4,000円は安い!・・と思う。9月26日金曜日、津田ホールで開催しますので、興味のおありの方はぜひお出掛けください。こちらももう少ししたら本格的にご案内させていただきます。

 今年は3月に歌曲のレコーディングもありました。その編集やらブックレット作成準備はこれからです。これもかなりいい録音になったと思います。9〜10月くらいのリリース予定ですので、こちらもぜひ。
・・と前半の総括のはずが宣伝三連発になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真は先日出掛けた声楽家・三林輝夫先生門下生の会「三輝会」の演奏会後のパーティでいただいた可愛いコンペイ糖。三林先生のお弟子さん達だけあって皆さん日本語の美しい名手ぞろい、比較的新しい日本歌曲のみの特集で、私の初めて聴く曲もたくさん入っていたので本当に楽しめました。私の曲も、メゾの長谷川忍さんが「風をみた人」と「ほのかにひとつ」を情感をこめて美しく歌ってくださいました。

 このところ、一日に何杯コーヒーを飲んでも眠いので、いただいたコンペイ糖をグラスに持っておいて、死にそうに眠い時ちょっと齧ると少しだけ目が冴えます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ