2007/5/15 | 投稿者: KINOSHITA

 きのう四日間に渡る第一次予選が終わって、230人の参加者が50人に絞り込まれました。かなりの狭き門ですね。私にとっては4日連続の審査は珍しくて緊張しましたが、なんとか遅刻もせずきっちり全員の演奏を聴けてほっとしました。四日間そればかり気にしていたんですが・・。特にきのうは中央線のトラブルがあって電車はこないし、来ても中野で止まってしまうしで青くなりましたが、上野駅から奏楽堂まで(いい歳をして)ダッシュしてやっと間に合いました。

 それにしても日本語って難しいですね。皆さん平均的にとてもいい声をしていらっしゃるのですが、声を鳴らすことに力を注ぎすぎるとテンポが限界を越えて遅くなり、曲のフォームはこわれるし、言葉も聞こえなくなりがちです。もちろんコンクールだから「声の良さ」は不可欠ではあるんですけどね。残念ながら二次に進めなかった皆さんは、そのあたりを改良なさると来年いい結果がでるかもしれません。あくまで作曲家からのアドバイスですけどね。

 大学の学部のうちに日本語の歌い方の基礎をちゃんと教えるべきというのが私の持論なんですが、どうでしょう。今、日本語歌曲を学部のカリキュラムに入れているのは武蔵野音大くらいではないでしょうか。(違ったらごめんなさい。情報教えていただけると嬉しいです。)日本歌曲コンクールができたことで、これだけレベルがアップしたのだから、教育の場できちんと日本語を教えれば画期的に進歩するのではないかと思うのですが。そちら方面の先生方ぜひがんばってください。

 そんなことを考えつつ、同じ審査員で意気投合した声楽家の小泉惠子さんと上野公園の素敵な和食のお店で打ち上げ(一次審査のですけど)をやりました。先生お勧めのお店に連れて行っていただいたのですが、上野公園内にあんな素敵なお店があったとは全然知りませんでした。混むといやなのでお店は秘密にしたいところですが・・「韻松亭」というお店です。上野で演奏会をやったあとの打ち上げなどにも最適、料理は繊細でとてもおいしく、雰囲気も大人向けのしっとりした和風のすてきなお店です。

 めずらしくデジカメを持っていなくてお店を撮れず残念ですが、かわりに奏楽堂のそばに置かれている不思議なオブジェの写真を。

  
クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/14 | 投稿者: KINOSHITA

 日本歌曲コンクール三日目が終わりました。だんだん積み重なる疲労。
でも審査でご一緒の80才を越えた某大先生は、日本歌曲はオペラ・アリアに比べたらずっと楽、と涼しいお顔でおっしゃってました。なるほど。とはいえコンクールなので、日本歌曲にしては誰もが重めな表現、大きい音量で歌っていますし、奏楽堂って300人のホールで舞台から客席が近いですから、あなどれない音量が審査員の耳に届いていると思いますけど。
  実は私、合唱・吹奏楽・ピアノ・管弦打楽器・声楽の各分野でコンクール審査の経験があるのですが、なかで一番音量の大きいコンクールといったら、やはり吹奏楽でしょうか。オペラ・アリアのコンクールより更に上だと思いますねえ。特に一般の部の全国大会あたりになるとものすごい音量になりますが、その分ホールも大きくなるので、普門館(定員5,000人)級の大ホールだとそれほど耳を聾する感じはありません。それにどんな楽器でも、自然な発声による音楽的なffはそんなに耳にうるさくないんですよね。うるさかったり疲れたりするのは、無理して力んでしまい不自然な発声や発音になっている場合なんだと思います。これって声楽も器楽も同じだと思いますね。

 いよいよ明日が第一次予選の最終日、最後の50人が歌い終わった後結果発表があります。私も寝坊して遅刻しないよう気をつけなくては。
写真は奏楽堂入り口です。

 
クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/13 | 投稿者: KINOSHITA

 日本歌曲コンクール、昨日で第一次予選2日目まで終わりました。ずっと同じ格好で座って審査していると腰が痛くなってしまうので、昼食休憩ではホールを出て上野公園をぶらぶら散歩しました。からっと晴れた素晴らしい五月の緑を味わうのに上野公園は最高!そのまま動物園にでも入りたくなりましたが、ぐっとこらえホールに戻ってまた審査です。
 第一次予選はまだ2日しか(全4日)聴いていませんが、去年と比べると「シニア」と「男性」の参加が増えたように思います。男性参加者が増えたのはもしかして「千の風になって」の影響?声楽家ってドイツ語やイタリア語の勉強はするのに日本語には関心がない人がまだ多いので、どういう理由であれ男性参加者が増えるたのはとてもうれしい傾向だと思います。声楽家としての将来が楽しみな若者や、味わい深いシニアなど、年齢を問わず男性陣の健闘が目立った感じがしましたが、参加者の5分の4は女性なので、どうしても男性のほうが女性より目立ちやすいことはあるかもしれません。

 この「日本語歌曲」限定のコンクールができたことで、日本語を上手く歌える声楽家が本当に増えましたが、このコンクールの特徴はもうひとつあって、それは20才以上というほか年齢制限がないことです。
 声の熟成と表現力が本当にバランスがとれてくるのは、たぶん40才!くらいではないかと思うのですが、コンクールってふつう30才くらいで年齢制限が入ってしまうから、晩成タイプの人が認められる場がなかなかないんですよね。特に日本では演奏の中身よりコンクール歴とか若さ・容姿とかが評価の基準になりやすいので、じっくり熟成した才能が評価される場って声楽に限らずほとんどないんです。だからこういうコンクールがあるのは、全国の声楽家の大きい希望になるのではないかと思います。それにアマチュアからバリバリのプロまでが同じ舞台で審査を受けるってなんだかとても面白いと思いませんか。上野公園という素晴らしい環境と奏楽堂の芸術的な佇まいも趣がありますし。

第一次予選はあと今日13日(日)と明日14日(月)の2日間、第二次予選は19日(土)です。上野公園に行かれる用事がある方は覗いてみてはいかがでしょう。入館料(¥300)でコンクールを聴くことができます。ただし27日本選のチケット(全席自由¥2,000)はもうほとんどソールド・アウトのようです。
写真は奏楽堂のステージ。コンクール休憩時間の調律風景です。


クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/12 | 投稿者: KINOSHITA

 きのう、日本歌曲コンクールの審査第一日目を無事終えました。たぶん4日目あたりには慣れてくるのでしょうが、久しぶりに一日60人の熱唱を真剣に聴いたら予想以上に疲れてしまいました。日本歌曲はオペラアリアほど声を鳴らすタイプの曲は少ないですが、それでもすごい音量なので・・。参加なさった皆様お疲れさまでした!
 今年の第一次審査課題曲は「山田耕筰」。一般に知られているのは「北原白秋」の詩に曲をつけた日本的情緒のものが多いですが、私は「三木露風」の詩につけた格調高い作品群のほうが好きですねえ。とにかくこうして日本歌曲をずらっと聴くと、山田耕筰の存在の大きさを実感します。作品の量と質ともにずば抜けていて、この方が最初にいなかったら今の日本歌曲の興隆はなかったと思います。とまじめなコメントを書いているうち出掛ける時間になってしまいました。
写真は会場の旧東京音楽学校奏楽堂。こうして正面から見ると品格のある素敵な建物ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/11 | 投稿者: KINOSHITA

今日から上野の奏楽堂で「日本歌曲コンクール」が始まります。作曲家にはあまり関係なさそうなイベントですが実は大あり。私、このコンクールの審査員を務めるんです。審査に加わるのは今年で二度目ですが、とにかく他の審査員の顔ぶれが豪華で、同席するのがはばかれるほど大物声楽家の皆さんがずらっと勢揃いします。ちなみに私が最年少です。遅刻しないように気を付けなければ・・。
参加者はなんと227人!きょうから4日間連続で第一次審査がおこなわれます。詳しいことは明日からレポートしたいと思っています(もちろん審査内容は秘密ですが)。

写真はうちで買っているあひるたち・・というのは冗談で、ご近所の自然文化園の「白鳥」です。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/10 | 投稿者: KINOSHITA

今の住所に越してきたらあまりに緑の多い環境なので、歩くのが嫌いだった私も自然に散歩するようになってきました。なぜ歩くのが嫌いだったかと言えばヒールの高いパンプスしか履かなかったからですが、こちらにきて「アシックス」の足の構造を考えた靴を履くようになったら、いくらでも歩けるようになってしまいました。といっても「いわゆる健康靴」といった外見ではなくてとてもおしゃれ。すでにそのお店でパンプスを3足、ブーツを2足、スニーカーを2足買ってしまい、ここのところ靴係数が跳ね上がっています。歩きやすくて格好の良い靴を履き、軽くて性能のいいカメラを持つと、どこまでも歩いていきたくなって・・・作曲の〆切がどんどん遅れます。

写真はご近所の自然文化園でみつけた藤棚です。


クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ

2007/5/9 | 投稿者: KINOSHITA

いま美容院に行って来ました。いつもは月1回行ってカットをお願いするのですが、ずっと作曲で缶詰めのときはいつもより却って行く回数が増えて、どんどん髪が短くなったりします。カットしてもらいたいのではなくて、たぶん、いつも歯磨きチューブを絞り出すように脳味噌を絞っているので、たまに心を開放して頭をマッサージしてもらいたいんだと思います。シャンプーを力強くやってもらうと本当に気持ちいいです。うちの周辺はとにかく美容院だらけなので選り取りみどりですが、中で一番リラックスできそうな柔らかい木調のインテリアのお店に通っています。もちろん美容師さんの腕を気にいっているのですが、リラックスするためなのでインテリアも大切。

写真は先日珍しくちょっぴり貯金したとき郵便局でもらった、昔のポストの形をした可愛い貯金箱です。なつかしいですねえ。今まで郵便局でもらった景品のなかで一番気に入りました。早速仕事机の上において500円玉貯金箱として活用しています。
クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ

2007/5/8 | 投稿者: KINOSHITA

 ブログ・ビギナーの私ですが、ホームページは7年間続けていて、そろそろ100万!の大台に乗るというところまで来ました。でもここ2〜3年の忙しさでトップページの更新回数がどんどん減ってしまい、大台間近にしては微妙に沈滞した感じになってきたので、この連休に心機一転ブログを始めたというわけです。

 初めてランキングに参加してこのブログの存在をアピールしてみたのですが、コメントを見るとすでにランキングのページからここに流れてくださる方がずいぶん増えていて、その効果に驚いています。ランキングもプロ・アマいろいろな立場の方のブログがあって面白く、昨晩は読みふけってしまいました。私は作曲もスケッチから清書まで全部Macで作るので、オフタイムぐらいは液晶画面から離れたほうがいいんですが・・。

 さて昨日コメントに質問をいただきました。
「邪宗門秘曲」という作品は高橋和己さんの小説「邪宗門」と何か関わりがあるのかというご質問です。
 最初にご説明すると「邪宗門秘曲」というのは私の作曲した混声合唱と管弦楽のための11分くらいの作品で、私の合唱作品のなかでは今のところ代表作のひとつといえるものです。ちなみに「原体剣舞連」という作品もあって、二作タイトルを並べると漢字10文字並びます。

 質問にお答えすると高橋和己さんの小説とは関係ありません。これは北原白秋の詩集「邪宗門」の巻頭詩「邪宗門秘曲」の詩をテキストに使った作品なんです。室内合唱と室内オケ版はCDでお聴きいただくことができますが、作曲者としては200人くらいの大合唱と50〜60人くらいのオーケストラだと更に曲の雰囲気が出るかなと思っていて、そのうち2管オケ版も作りたいと思っています。

 それからCD「ふるえる月」を購入してくださったという書き込みもいただき、とても嬉しいです。これはジャケットとタイトルからもお察しがつくかと思うのですが、分類すると「現代音楽」で、いろいろな編成の室内楽を集めたものです。私は「前衛」にはあまり興味がありませんが、無調もしくは複調系は大好きで、しかもなるべく厚い複雑な(かつ美しい)響きを求めてしまいます。私の作品には、はっきりしたメロディを持つ調性の作品と、複雑な響きの無調作品が混在しているんです。



2007/5/7 | 投稿者: KINOSHITA

連休中に上げなくてはならなかった三曲ですが、昨日の朝の段階でひとつも仕上がっていなくて絶望的だったのが、午後から急にスパートがかかって2曲仕上がりました。しかも出来がいいです。初演が楽しみだ〜。大作の場合は構成立ててスケッチまとめてオーケストレーションして、と何ヶ月もかかるので、急に頭に浮かんですらすら出来上がることはまずないですが、小曲の場合、2〜3ヶ月考えていても全然いい曲ができなかったものが、突然書けるということがあります。とても気持ちがいいです。

写真は地元の公園の弁天様。弁天様は女性なのでお参りすると恋人同士はうまくいかなくなる、とかいいますが、芸術の神さまでもあるので、私は散歩のたびにお参りしてかなり真剣にいろいろお願いします。次の〆切が間に合いますようにとか、大作の委嘱がどんどん来ますようにとか具体的にいろいろ。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/6 | 投稿者: KINOSHITA

連休も今日で最後ですね。休み中はいろいろアクシデント頻発で、結局どこへも出掛けられず家で作曲してました。とはいえ休みの日って「休日特有の柔らかい匂い」が外から漂ってくるので家にいてもなかなか集中できません。作曲の合間にブログ作りに熱中してしまったりして、籠もったわりには連休中に仕上げる予定だった三作品・・、ひとつも仕上がってません。これからがんばります。

ホームページのランキングは今まで一度も参加したことがないのですが、ブログって放っておくと全然存在が目立たないようなので、初めてランキングに参加してみました。バナーをクリックしていただけると嬉しいです。クリックしてリンク先に飛ぶと同時にバナーのサムネイルもびよ〜んと飛び出してしまいますが、これを出さない方法は今研究中。

写真はうちのそばの公園です。ゴールデンウィーク中は、木の下にマットを敷いて(桜も咲いてないのに!)宴会をやっている人が多いのに驚きました。平和だなあ。日中はとにかく人が多いので、私はいつも夕方散歩していました。池のまわりを一周するだけでオゾンをたっぷり吸えて、生き返ったようになります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/5 | 投稿者: KINOSHITA

昨日の想定外の出来事というのはお察しのとおり著作権がらみ。しかし著作権て一体何でしょう。とりわけアメリカの映画界やアニメ制作会社のやっている、利益の大きいものの著作権を独占し勝手に期間をのばす強引さってどうなんでしょう。ああいう強欲な世界を見ていると、著作権なんてちょっぴりのほうが人生幸せだなあと・・と自分を慰めて。

写真は「とび」。昨日アップした写真にもまめつぶのように写ってますが、鎌倉・湘南地域のとびはおっかないです。ふつうは高い空をつがいで悠々と飛んでいて鳴き声もかわいいですが、この間七里ヶ浜にいったときは、低空飛行で威嚇してきて、こちらが避けなければぶつかるところでした。うちのそばのカラスと同じだ。でも顔はとびのほうが猛禽だから迫力あります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/4 | 投稿者: KINOSHITA

今日は友人のお誘いで「ラ・フォルジュルネ」に行って銀座で食事する予定・・でしたが、昨晩想定外の事態が起きて、お楽しみプランは全部飛んでしまいました。折角書いた曲が使えなくなりそうなので、もう一曲急いで書かなくてはなりません。10日まで家に籠もって作曲です。仕方ないので地元の公園でも散歩しますか。

写真は江ノ電の七里ヶ浜から江ノ島を見た所。作曲ラッシュから開放された4月にまず海を見たくなって、友人と出掛けました。洒落たレストランもあって素敵な所ですが、海風が強くて髪がごわごわばさばさになってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します



2007/5/3 | 投稿者: KINOSHITA

昨夜久しぶりにミュージカル「シカゴ」(映画版)のDVDを見ました。台本・歌詞とも実に巧みで洒落ていてテンポがよく毒と風刺が効いています。音楽も登場人物ひとりひとりの特徴をよくあらわしていて変化に富み、ダンスの振り付けも素晴らしいし、なにより感心するのはミュージカル特有の歌い出しの唐突さが気にならないよう演出の技が冴えていている点です。アメリカのショービジネスの奥深さを見せつけられる気がしますね。こういうパンチの効いたオペラ台本書いてくれる人っていないでしょうか。

お花は今日届いたものです。ファンの方から・・と言いたいところですが、先日私が楽譜を献本した友人のピアニストKさんからお心遣いいただいたものです。美しい花束をいただくのって無条件に嬉しいですね。連休中豊かな気分で過ごせそう。
クリックすると元のサイズで表示します



2007/5/2 | 投稿者: KINOSHITA

久しぶりに一曲仕上げました。連休中にあと2曲の作曲と出版の校正がありますが、ようやく復調と行った感じです。今日は午後パスポートの申請をしにいく予定。4月に珍しく10日も空いたので久しぶりに出かける気満々だったのに、パスポートが切れていて旅行は没に・・。おかげで4月中投げやりな気分になってしまいました。次回はいつになるかわかりませんが、とにかく更新だけしておかないとね。

写真はうちのマンションのベランダからの風景です。証拠としてベランダの手すりも入れておきました。すごいでしょう〜。いったいどこの山奥に住んでいるのかという感じですが、住所は秘密です。若葉が一斉に広がる今の時期は一年で一番美しいとき。自然のすばらしさの前ではどんな天才の作った芸術もかなわない気がします。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2007/5/1 | 投稿者: KINOSHITA

掲示板のボタンを押したら突然ブログということで。
掲示板はせっかく作りましたが今ひとつ使いにくいので、当面ブログを掲示板がわりに使うことにします。今日は朝から公園がやたらに騒がしいと思ったら、メーデーでした。
せっかくのお休みなのに皆さんデモに参加して大変ですね。
私はフリーランスだから組合運動とは無縁ですが、そのかわり何でもひとりでやるので大変です。自由なのだけが取り柄ですかね。
写真は4月初旬に友人と鎌倉に遊びにいったときの、鎌倉文学館です。
建物がいい感じにレトロで、2階にはソファ、ベランダには木のイス、芝生の庭にはベンチがあって自由にのんびり休めます。高台なのでまわり一面鎌倉の山と海でロケーションも最高、夏にでも、文庫本を持って自分の別荘代わりにまた訪れたいです。
クリックすると元のサイズで表示します