2007/5/3 | 投稿者: KINOSHITA

昨夜久しぶりにミュージカル「シカゴ」(映画版)のDVDを見ました。台本・歌詞とも実に巧みで洒落ていてテンポがよく毒と風刺が効いています。音楽も登場人物ひとりひとりの特徴をよくあらわしていて変化に富み、ダンスの振り付けも素晴らしいし、なにより感心するのはミュージカル特有の歌い出しの唐突さが気にならないよう演出の技が冴えていている点です。アメリカのショービジネスの奥深さを見せつけられる気がしますね。こういうパンチの効いたオペラ台本書いてくれる人っていないでしょうか。

お花は今日届いたものです。ファンの方から・・と言いたいところですが、先日私が楽譜を献本した友人のピアニストKさんからお心遣いいただいたものです。美しい花束をいただくのって無条件に嬉しいですね。連休中豊かな気分で過ごせそう。
クリックすると元のサイズで表示します