2007/5/23 | 投稿者: KINOSHITA

 22日の日記に書かなかったことがひとつ。地元ラオックスのMac関連ソフト売り場があまりに縮小されたのに動揺したMacな人は、あろうことか衝動的に「VAIO」を購入してしまったんですね。だってWindowsひとつ持てば、売り場いっぱいのあのソフトたちは選り取りみどり・・4台目の携帯マシンにひとつくらいいいかも・・という考えが頭をよぎっても、誰も私を責められないでしょう。

 で、突発的に購入して店から家まで持ち帰る時、意外な重さに最初の後悔が・・。Macはたしかに重いので有名だけど、底辺にバッテリーがバランスよく配置されているので全体に平均した重さなんだけれど、VAIOはバッテリーの配置が一辺に片寄っているので、表示の重さよりずっと重く感じるんですよね。
 家に持ち帰ったはいいけれど罪の意識で何となく箱を開ける気になれない。思い切って開けてみても、いつもMacを開ける時のわくわくした気持が起こらない。それで二度目の後悔。仕方ないので開封しないまましばらく置いておいたら、家にあるMacがみんな調子悪くなってきて(偶然なんだろうけれど・・)。このまま一番古いPowerBook(使用6年)がだめになったらまた一台買わなくてはならないしそんな余裕はないし。 

 ということで結局VAIOの封は開けないまま返却しにいき、替わりに出たばかりのMacBookの最新機種を購入しました。Mac本体と格安の「office:mac」付きでVAIOと同じくらい。事務用ソフトは意地でずっとMac専用のアップル・ワークスを使ってきたけれど、大分前に製造を中止しているし、この際割安の「Office」を忍びがたきを忍んで購入。家へ帰って封を開けてリンゴマークを見たときのこみ上げる幸福感っていったい何でしょう。根っからMacな人だな。
 (VAIO関係者の方、食わず嫌いでごめんなさい。本当はもうWindowsかMacかで悩む時代はとっくに終わっているのかもしれないですね。周辺機器などが統一基準になったら買います。)

写真は新品MacBook。やっぱりスタイリッシュです。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ