2007/5/26 | 投稿者: KINOSHITA

 今日は月一度の古紙回収の日。ぜったい出し忘れてはならない日です。だって月一回ですよ。きょう出し忘れると次の回収は来月末。家中段ボールと紙だらけになってしまいます。コンクール審査の日より緊張して朝5時に起き、全部きちんとからげて玄関前に出しました。やれやれ。

 私、マンション選びの条件に「いつも清潔に保たれている常設のゴミ回収所があること」というのを必ず入れます。マンション自体は立派でも常設のゴミ回収所がないと、毎朝マンション前にゴミが山積することになって衛生上まずいし、かならず夜のうちに出す人がいて朝カラスが食い荒らす、みたいな事態にもなるし。その点ゴミ回収所のあるマンションだと必ず厳しい管理人さんがいて、いつもちゃんとゴミを整理して清潔に保ってくださるので住人は安心。でもそういう管理人さんは当然几帳面で厳しいので、ゴミの出し方を少しでも間違ったり勝手にマンション内に車を止めたりすると大目玉を食らったりします。私も来客の車の件でときどき怒られますが、管理人さんは優しくてルーズより、厳しくて几帳面なほうが絶対いいです。

 私の住む武蔵野市はリサイクルのモデル地域なので回収がとても細かくて、生ごみ、燃えるゴミ、燃えないゴミ(これら三種は有料のゴミ袋で出さないとだめ)、回収プラスチック(これはスーパーの袋でOK)、ペットボトル、空き缶、空きビン、電池、などなど全部分別。でもこれらは常設ゴミ回収所があるので、それぞれきれいに洗って袋にいれさえすれば、いつ出してもOKなのだけれど、どういう訳か、古紙(新聞、雑誌、段ボール、紙パック類)と雑紙(リサイクルできる雑多な紙)だけは月一度特別の業者が取りにくるので、ひと月も家のなかに置いておかなくてはならないんです。でも作曲家ですから手紙や印刷物は毎日たくさん届くし、プリンターやファックスの紙も山ほどでる、楽器や機材やパソコンを買うたびに大きい段ボールが出るし、自分が関係している雑誌が何冊かある上、定期購読している雑誌もたくさんで・・紙地獄。せめて月2回回収してもらいたいというのが切実な願いです。
 写真は例の公園です。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ