2007/5/30 | 投稿者: KINOSHITA

 ちょっと前の話になりますが、今年の2月に福岡で私の声楽作品(合唱&歌曲)だけの演奏会が開かれました。自分の作品が演奏されるのって理屈抜きに嬉しいものです。コンクールの自由曲で取り上げられるのも嬉しいですが、演奏会で取り上げられるのはもっと嬉しいし、演奏会で一晩特集を組んでもらえるのは更に嬉しい。ということで福岡の「らくうた」という団体が主催して、その一番うれしい企画を立ててくれたので、練習立ち会いと本番(トーク出演)に出掛けてきました。

 特集企画してくださる主催者って作品に対する熱意が違うので、作曲者も練習立ち会いに力が入るし、演奏者と作曲者という関係を越えた仲間意識が生まれたりします。作曲はひとりでこつこつ行うしかない孤独な作業なので、こういう暖かい連帯感の記憶は心にずっと残ると思います。

 という素敵な演奏会のあと、案内してくださる方がいて長崎まで日帰りドライブしました。福岡と長崎ってかなり離れていて一日で回るのは時間的にきつかったのですが、次の〆切があってすぐ東京に帰らなくてはならなかったので仕方なく。
 長崎・・初めて行ったのですが素晴らしいですね。講習会やコンクールで全国ほとんどの県に出掛けたことがありますが、「長崎」はとりわけ強く印象に残りました。哀しいほど美しい自然と過酷な歴史の重さをひしひしと。いつかもっと時間をかけてキリシタン関係の場所を巡って見たいと思っています。
 きのうの写真もそうですが、今回も隠れキリシタンで有名な黒崎教会。今日は礼拝堂です。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ