2007/8/27 | 投稿者: KINOSHITA

 今日は朝9時の飛行機で帰ってくる予定でしたが、せっかく鳥取まで来たのに何も見ないで帰るのではあまりに勿体ないので、飛行機を午後1時40分発の便に遅らせて、午前中は観光タクシーで鳥取砂丘と浦富海岸を回ってたくさんデジカメを撮ってきました。たしか十年くらい前にも一度鳥取に行ったことがあるのですが、その時の記憶は「美しい海岸と小さい砂丘」というものでした。砂丘は予想よりずっと小さくて靴に砂は入るし歩きにくいし景色も大したことないし、正直言ってあまりいい印象ではありませんでした。

 だから今回砂丘はもう結構と思っていたのですが、観光タクシーのルートに入っていて渋々再訪したところびっくり。確かに規模は大きくないけれど、一面の砂丘のむこうに真っ青な日本海が広がっていて素晴らしい景色でした。10年前と全然印象が違うってどういうことでしょう。もっとも今日は暑かったので、砂丘をずっと歩いて丘を登ってから海岸まで降りたりはしませんでしたが、デジカメはちゃんと撮ってきました。写真を一二枚、と思ったのですがあまり美しいのでいいアングルを求めてあちこち歩きまわったら、結局靴の中は砂だらけ、ずいぶん日焼けもしてしまいました。でも「砂丘」の評価は今回大幅アップ!
写真がその鳥取砂丘です。ごま塩のようなのが人間で、あとは白い砂に青い海。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/8/27 | 投稿者: KINOSHITA

 鳥取でお母さんコーラス全国大会の選考委員2日目でした。03年と05年の秋にオペラの初演と再演を行ったせいで、ここ3年ほど夏はいつも缶詰めで作曲していましたから、久しぶりの夏のコンクール審査です。久々のせいかものすごく疲れましたが、2日とも、アイデアに満ちた上質でとても楽しい演奏を聞くことができました。今年はとりわけ小物を使ったり早変わりしたりアイデア満載で、視覚的にも楽しい大会でした。出演団体の皆さんお疲れさまでした!

 審査の番外編として昨日は連盟の理事の皆さんとお食事していろんなお話しができましたし、今日は選考委員を務めた5人の中からピアニストの熊本マリさんとソプラノ歌手の斉田正子さん、そして私の三人で座談会をおこないました。これがとっても面白かったです。それぞれの分野で一流プロとして活躍なさるお二人は、スタンスが明確で意見もはっきりとお持ちなので、はっとするユニークな視点もあって、とても刺激的で面白かったです。連盟のFさん(女性)の司会進行も的確で、軌道修正をきちんとしてくださるので、女四人でじっくりお話しました。だんだんディープになってオフレコになった話もありましたが、それぞれの出演団体への感想を、良かった点を中心にレベルアップするためのポイントも含めざっくばらんにお話したので、練習の参考にしていただけたら嬉しいです。(「ハーモニー」秋号に掲載されると思います。)

 写真はおかあさんコーラスの一大スポンサー「キューピー」から配られたうちわ。可愛いでしょ(フラッシュをたいたら光ってしまいました)。例年キューピー製品のおみやげがあるようですが、今年はおかあさんコーラス大会30周年ということで特別製「瓶入り」マヨネーズのおみやげでした。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ