2007/9/5 | 投稿者: KINOSHITA

 8月末にひとつ再販の校正が間に合わなかったばかりですが、また来ました校正。今度は10月新刊の校正なので絶対手を抜けません。そろそろ原稿が届いて10日くらい経つので、早くしないと出版が遅れて皆さんに迷惑がかかってしまう・・でもほんと校正って細かいし疲れるし集中力が続かないんですよねえ。家でやっていると1ページごとに気が散ってすぐ別の作曲のスケッチを始めてしまうので、今日は校正の日と決めて午後三時ごろ散歩がてら外に出ました。

 まずは家から徒歩8分くらいのところにある某ホテル2階の喫茶室でコーヒーを飲みのみ一曲校正。珍しくBGMが鳴ってなくて集中できましたが、全部で5曲からなる組曲なのでまだまだ先は長い。1時間くらいで居づらくなって、次は20分ほど先にあるM市中央図書館へ行ってみることにしました。てくてく。とてもいい図書館と噂には聞いてましたが、家から徒歩30分なので(バスに乗るという手もある)こういう時でもないと行く気がしません。

 中央図書館は評判どおり広々して気持ちよく、蔵書も多くてご機嫌でした。夏休みも終わって宿題をする中・高校生も殆どいないので、蔵書棚の脇にある勉強コーナーの机に陣取って校正開始。図書館て居心地よい上BGMが鳴らないので助かります。まずは「一眼レフ入門」という本をとってきてパラパラみてから、自分の作業をはじめました。今日は蒸し暑かったのに、市のエコ対策か冷房があまり効いてないので、汗たらたら流しながら校正しました。家ならドライが効いて快適なのに何やってんだか。

 午後5時くらいから8時の閉館近くまで粘って一通り校正を終え、またてくてく歩いて帰ってきました。ただ校正してきただけなのに、行き帰りに始めての道を歩いたら遠足のように楽しい気分になれました。校正もだいたい?終わったし。

写真は、図書館へ行く途中に咲いていたサルスベリ。

クリックすると元のサイズで表示します

図書館の入り口にあった表札?

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ