2007/10/1 | 投稿者: KINOSHITA

 暑く、忙しく、最後にど〜んと落ち込んだ9月よ、さらば。今日から10月、新たな気持ちでいってみよう。
 作曲スケジュールとしては、今日から年末までに必ず仕上げなければいけないのが合唱&パイプオルガンのチクルス(5〜6楽章)、バリトンとサックス&ピアノのためのチクルス(三章)、単独歌曲、(可能なら)ピアノ曲集、自作アレンジとして某合唱曲の吹奏楽伴奏版、男声合唱のためのアカペラ集(これは2年前からひっぱっているような・・)、それに、オペラ「不思議の国のアリス」の浄書(全然進んでいない)。私のペースで、三ヶ月にこんなにたくさん仕上げることができるのでしょうか。

 でもまずは、久しぶりに地元の公園へ。9月は忙しかったから公園はベランダから眺めるだけでした。
 今日の目的は「オナガガモ」が来ているか探すこと。「カルガモ」は一年中いるので別に珍しくないけれど、「オナガガモ」は春遅くにシベリアに飛び立って、秋9〜10月くらいに日本に戻ってくる冬鳥です。一年に何千キロもの距離を往復するんだからすごいものです。

 いたいた、まだ数十羽ですが、ちゃんと戻ってきていました。どういう訳か全部メスでしたが。長旅のあとだけあって、とても体が締まっていますね。そのうち、井の頭池にはオナガガモだけでなく、いろんな冬鳥がやって大にぎわいになります。日本野鳥の会会員としてはとっても楽しみ。夕方行ったので写真が暗いですが(野鳥に対してフラッシュたくのは厳禁)、今年の初オナガガモ(メス)です。

 と書きましたが、あとでよく考えたら、今の時期エクリプスで、繁殖期じゃないから雄も地味な羽の色をしているのでした。よく見たら一番後ろにいるのはオスですね。

クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ