2007/10/6 | 投稿者: KINOSHITA

 先日旅先のテレビで「生きる」のリメイクを見て、斬新な構成で見応えがあり主演の松本幸四郎も熱演で、生きることの意味を考えさせられた、ということを書きました。なんとなく違和感があったのは幸四郎が格好よすぎて、息子の奥さんや部下の女の子から気持ち悪がられる設定がピンとこなかったり、時代を現代に移したのが不自然と思った程度でした。

 リメイクでこれならオリジナルの黒沢映画はさぞ面白かろうと思っていたら、友人が「生きる」DVDを送ってくれました。

 昨晩時間ができたので見たのですが・・。う〜ん、リメイクっていっても、テレビのシナリオはほとんど映画のまんまだったのね。現代の役者で名作を取り直すということだったんだあ。まあ微妙な違いはいろいろあったものの。
 これならわざわざ現代に置き換えてテレビ局で制作しなくても、名画劇場でオリジナル映画をやればいいと思わなくもないですが、現代の俳優さんが演じることで、こういう骨太な主題を若い人が考えるきっかけになり、オリジナルに再度光が当たるわけだから、やはり意味深いのかな。

 映画では主人公は志村喬で、キャラクター的にぴったり。大まじめで面白みがなく脂性のさえない課長、という雰囲気が悲しいまでによく出ていました。なんといってもオリジナルがすごいのは、どんな悲惨な場面も台詞がとても面白くて洒落ていること。強烈な「官僚制度批判」映画ですが、客観的に主人公を突き放すことで、そこにシニカルな笑いが生まれ、声高に叫ぶよりずっと深い感動が生まれる感じです。涙ぐみながらクスクス、という場面が何度かありました。

やっぱり映画は台本が命ですね。
ただ、ひとつだけ残念だったのは(他の黒沢映画でも言えることですが)、俳優さんの滑舌が・・。今のテレビ録音技術とは違うんでしょうが、もう少しはっきり聞き取れたら尚感動できたかも。

写真はオナガガモのオス。以前撮った写真にメスだけしかいないと書きましたが、大間違いで、今の時期まだ繁殖期ではないのでオスはメスと限りなく似た外見をしているのでした。エクリプスというやつです。寒くなってくると、オスは首に白い線が入り羽も黒白くっきり美しくなります。

クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ