2008/1/31 | 投稿者: KINOSHITA

 外出が続いて書き込みが遅れてしまいました。「三つのオレンジへの恋」の感想です。
 良かった点は、1.ゲルギエフの溌剌とした音楽、2.オケのブラスの力強い音色、3.男声合唱の低音の強靱さ。プロコフィエフなので音楽自体が骨太なんですが、ブラスや合唱の音色が強靱で厚みがあり、特にオペラ開始10分くらいはそのメリットが充分に発揮されて、ぐいぐい引き込まれました。本当の深いバスの音色を持った歌手って日本では少ないので羨ましく聴きました。
 プロコフィエフ先生の書き方自体、1幕目はいろんな登場人物が出てきてオーケストラは絢爛、合唱も変化に富んでいてエキサイティングですが、2幕になるとセリフが増える分オーケストレーションが地味になり、合唱の登場も減ります。音楽がやや地味になる第二幕で視覚的にいかに演出で見せるか、というのを今回楽しみにしていたんですが・・。

 華やかに祭りが開催されたり、魔法使いが登場したり、オレンジから王女様が生まれたり、王女様がねずみになったり、演出の工夫し甲斐のあるストーリーなので、最近は技術も進んでいることだしわくわく期待していたのですが・・。期待を越える面白い演出ではなかったですねえ。ちょっとやぼったい感じがしました。別にリアルな装置を使う必要はありませんがお金をかけずとも、もっと洒落た工夫ってできないものでしょうか。演奏はよかったけれど演出がややチープだったのが残念。

2008/1/29 | 投稿者: KINOSHITA

 昨晩はゲルギエフ指揮マリインスキーオペラ「三つのオレンジへの恋」公演を見に東京文化会館へ行っていました。人気のゲルギエフとはいえ、かなりマニアックな演目なので、さすがの文化会館も一杯ではないだろうと思ってましたが、9割がた入っている感じでした。やはりライブのオペラは華やかでいいですね!オケの音色がいかにもロシア的にきらびやかでわくわくしました。

 5年前に初オペラ「不思議の国のアリス」を書いたとき、「オペラを書くときは自分の一番好きなオペラ・スコアをピアノの上に置いておくと名作ができる」という某先輩作曲家のお話を聞いて私もやってみることにしました。ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」にするかバルトークの「青ひげ」にするかベルクの「ヴォツエック」にするか、いっそプッチーニ物にするかワグナーにするか迷ったのですが、ストーリーが寓話的でシュール、オーケストレーションが華やか、音はわかりやすく明るいのに斬新さもある、という点で「アリス」と設定のにているプロコフィエフの「三つのオレンジへの恋」に決定、ハードカバーのフルスコアをピアノの上に置いておいたものでした。モーツアルト劇場の委嘱だったので「フィガロの結婚」も置いておきましたが。

 別に作風や内容を参考にしたわけではないのですが、おまじないのおかげで初オペラは初演も改訂初演も大好評いただくことができたので、昨日はプロコフィエフ先生に「お礼参り」。しかし・・チケットとパンフで5万円!私はあくまでお礼参りだからいいんですが、日本人でシュール系の物語好きな人は少ないはずなのに、どういう人がこの金額で聴きに来るんだろう、と思ったらやはり経済的に余裕のありそうなシニア世代が多かったですね。休憩時間に聞き耳を立てていたら「途中でわからないから眠った」という声が複数聞こえてきました。う〜む。私の感想は次回に。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/1/26 | 投稿者: KINOSHITA

 きのうは午前中校正と原稿書き。めずらしく臨時記号の少ない曲で校正は楽に捗りました。いつも校正が大変なのは臨時記号だらけの曲を書く自分のせいなのだと改めて気づきました。でも校正を楽にするために転調しない曲を書くわけにもいきませんし。

 夕方から3月のレコーディングの練習に立ち会うため出掛けました。約束時間ぎりぎりだったのにちょうど急行が発車したところで仕方なく次の普通で。乗り換えは東急田園都市線なのにいろんなことを考えながら歩いていたら東急東横線に到着。改札を越えてから過ちに気づき、スイカの手続きをしてもらってようやく田園都市線へ。この時点で約束時間オーバー。ここから目的駅までは直ぐだと思っていたのに案外時間がかかり駅に到着したときは約束時間の15分後。ふた月前に一度おじゃましたことがあるのに駅に着いても道順の記憶が全然なく、むやみに歩き回った揚げ句疲れ果てて先方に電話し道順を再度教えて貰ったら、すごくわかりやすい真っ直ぐ道ですぐ到着しました。結局45分遅れ。・・と思ったら約束時間を1時間早く間違えていて実は15分前に余裕で到着していたのでした。相当疲れがたまっているようです。

 あまり演奏はされないけれど自分ではとても気に入っている歌曲集「晩夏」の練習立ち会い。ソプラノの野崎由美さん、ピアノの小原孝さんのコンビは昨年末コンサートでも全曲通して演奏してくださっていて表現力も安定感も抜群、今日は最後のチェックをさせていただきました。「晩夏」は最初の歌曲集なのでやはりかなり難易度高いのですが、CDにいい演奏が入ったらチャレンジして下さる方が増えるのではないでしょうか。
 演奏を聴かせていただいたあと小原邸のピアノ・ルームでおいしいケーキをご馳走になって帰ったのですが、帰り寒かったです。今年一番だったのでは?

クリックすると元のサイズで表示します
ケーキの前で微笑むソプラノ野崎由美さんと、ピアノ小原孝さん

2008/1/24 | 投稿者: KINOSHITA

 またまたお久しぶりです。21日に今年初の作品を一曲ようやく書き上げたあと原稿書きを一生懸命やっていました。自分のサイトやブログではしょっちゅう文章を書いているのですが、改まって書くのはやはり緊張します。作曲で使う脳味噌とは違うところが疲れる感じでしたが、何とか23日朝にだいたい書き終えました。寒いので朝カーテンを閉めたまま原稿を書いていたのですが、書き終えて開けたら雪景色でびっくりしました。

 
クリックすると元のサイズで表示します

 午後からキングレコードのスタジオに出掛けて吹奏楽作品の録音編集に立ち会いました。何カ所か編集したものの、ほとんど問題なくスムースに終了して1時間くらいでスタジオを後にしました。いい感じに仕上がりそうで楽しみです。たぶん2月末くらいにリリースになるのではないかと思いますので、またご案内しますね。

クリックすると元のサイズで表示します

 このスタジオは私の大好きなフォーシーズンズ・ホテルのすぐ傍なので一階の素敵なラウンジに寄っていこうかと思ったのですが、珍しくお茶するより散歩したい気分だったので、関口台から江戸川橋に出て、大通り沿いをてくてく飯田橋まで歩きました。雨がぱらぱら降ってましたが、こういう寒い日は幾ら歩いても汗をかかないので散歩にはいいんですよね。でも思ったより距離ありました。さしあたって原稿も書き終えたことだし飯田橋から東西線一本でのんびり帰ってきました。

2008/1/18 | 投稿者: KINOSHITA

 今日は特に寒かったですね。作曲が行き詰まってしまったので久しぶりにベランダで鳥でも撮ろうかとしばらくカメラを構えて待っていたのですが、寒くて身体の芯まで冷たくなってきたのでそそくさと部屋に入ってしまいました。

 野鳥写真を撮るのにはあこがれるのですが、長い時間同じ場所でじっと待つなんてせっかちな私には無理ですね。それに鳥を撮ろうとすると三脚を持ち運ばなくてはならいんですが、カメラだけでもレンズ入れて1キロくらいになってしまうのに、そのほかに三脚まで持ち歩くなんてちょっと考えられません。うちにも一応デジスコ用に三脚ありますが、それはうちのベランダから公園の小鳥を観察する為のもので、あれもってあちこち歩き回る元気はありません。一度でいいからカワセミなんかきれいに撮ってみたいですがたぶん一生無理ですね。水鳥なら三脚なしでなんとか撮れるのでそれでがまんすることにします。ということで白鳥の大群。もっともこの白鳥は夏でもボート乗り場にいつもスタンバってますが。

クリックすると元のサイズで表示します



2008/1/16 | 投稿者: KINOSHITA

 お久しぶりです。昨年秋頃から外出のあと必ずイソジンで念入りにうがいして手をよく洗うことを徹底していたので風邪を引かなかったのですが、2〜3日前うっかりうがいを忘れたら即風邪引いてしまいました。今日は身体の関節がミシミシいうのですが、この痛みはまさかインフルエンザでは・・。

 気を取り直して買い物にいきました。地元の伊勢丹美術用品のところにカレンダー(売れ残り?)がたくさんあって、中に日めくりの犬カレンダーを見つけました。どれもなかなか良く撮れた犬の写真が365枚!毎日めくるのもったいない感じですが、公募写真を使っているからこんな贅沢なことができるんですね。1月半ばということでお値段も半額になっていたので購入しました。早速めくって今日のページを見てみたら・・。

クリックすると元のサイズで表示します
りりしい顔!ハンサムなボストンテリアですね。


クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに今年の顔1月1日の写真は柴犬でした。よしよし。

これから毎日カレンダーをめくる楽しみができました。

2008/1/10 | 投稿者: KINOSHITA

 きのうはあまりぽかぽかいい天気なので仕事を放り出して散歩に出かけました。昨年末に食事を和田式に切り替えてから一人での外食はほとんどしていなかったのですが、暖かい陽気に思わず気が緩んでアフタヌーン・ティールームに足が向いてしまいました。お茶だけ!と決意して入ったのに、口は「スコーン・セット」と注文してました。やってきたのは香ばしい大きめのスコーン2つと皿に添えられたたっっぷりの生クリームにブルーベリージャムに蜂蜜・・。仕方ないので全部おいしくいただきました。このところこういうバターたっぷり系は口に入れていなかったのでくらくらするほどおいしく感じました。少しくらい体重が増えても人生おいしいほうが幸せかもしれない。

 スコーンを待っているあいだに今年の詳細な予定を立てたのですが、年頭にブログに書いた作曲予定のほかにいろいろな計画が入っていたのを次々思い出し、だんだん顔が青ざめてきました。今年の予定はすでにパンパンなことが判明。最近アバウトな計画を頭の中で立てるだけだったのですが、やはりきちんと予定表を作らないといけませんね。

 突然話は変わって・・。このところ寝る前には温泉のガイドブックばかり見ているのですが、実際行くのは面倒くさいので、バス用品をたくさん買いそろえて家で温泉気分を楽しんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

左から、バス・ミルク、お風呂に浮かべる乾燥バラの花びら、バス・ソルト、薬用入浴剤、フォーミング・バス、と種類もいろいろ。香りはラベンダー系か柑橘系がよいですね。

2008/1/8 | 投稿者: KINOSHITA

 あっと言う間にお正月が終わってしまいました。皆様どうお過ごしになりましたか?
私は毎年正月三が日で頭がぼけてしまってエンジンを始動するのに時間がかかるため、今回は前年のエンジンを止めないまま年を越しました。関連の出版社などが全部休みなので〆切の催促はなかったものの、1月10日〆切の原稿が多いこともあって、午前中は原稿書きをやったり浄書したりし、午後から新年会に出掛けたりご近所で友だちとお茶を飲んだり。しかしそれにしては仕事の能率が一向に上がりませんでした。やはり休むべきときはは思い切り何もしないほうがいいのかもしれません。
 私の知り合いには、年末ぎりぎりまで仕事をしたらお土産持ってちゃんと田舎に帰省し新年早々戻ってきてリフレッシュして仕事開始、という人が少なくないですが、とても真似できません。気分転換とかリフレッシュにも体力がいるのですよ。

 私だって体力充分だった昔はよく初日の出を見にいったり初詣に行ったりしたものです。高尾山頂で初日の出を待っていて寒さに凍死しそうになったり、城ヶ崎で船に乗ってスタンバイしていたら雨が降ってきたり、犬吠埼行って初日の出を見たはいいけれど帰りの道路が大渋滞でぐったりしたり、ほんといろいろ行きました(と毎年この時期同じことを書いている気が・・。)今までで一番素晴らしかったのは九十九里海岸で見た初日の出ですね。波一つない青い水平線から黄金に輝く初日の出が出てきたときは、待っていた聴衆からおお!という歓声があがり、私も、ああありがたや今年こそはいいことがありそうだ!と思ったのですが、その年連れ合いと別れることになり、翌年は事故で車が大破しました。初日の出と人生とは別に関係ないようです。

 とはいえ、あまり何もしない正月というのは後々の記憶に残らないのでよくないですね。やはり意識的にハレの行事は作ったほうがよさそうです。来年からは何か正月ならではの晴れがましい過ごし方を考えようかな。

2008/1/4 | 投稿者: KINOSHITA

 今年もいろんな作品を書く予定です。
 1月はバリトンとサックスとピアノのチクルス。ずいぶん前から言っていた割にようやく着手です。掛け合いの面白さを生かした洒落た作品にしたいですね。
 2〜3月はソプラノ歌曲集、4〜5月はアカペラ合唱曲集。歌曲集は美しい旋律のものにしたいし、アカペラはちょっと面白い趣向を凝らそうと思っていてどちらも楽しみ。
 6〜7月は打楽器アンサンブル。久しぶりに炸裂系の曲を書こうと思っています。8月はシリアスな歌曲。

 9月は26日(金)に「木下牧子作品展3 室内楽の夜」という演奏会を開くので、その準備や練習立ち会いで作曲はあまり捗りそうにありません。また近くなったらご案内しますが、皆様ぜひぜひお越しくださいね!合唱や歌曲とはまた違った現代音楽系の響きの美しさを楽しんでいただけると思います。演奏者は一流揃いですし、何といってもライブで聴くと面白さが全然違います。
 10〜12月は弦楽三重奏曲と歌曲とピアノ・デュオ。三ヶ月で三作はどう考えても無理なのでどれかが来年にずれ込むことになるでしょう。そのほか「光る刻」の男声版アレンジや、ここ三年ほど毎年宣言しながら実行できないアカペラ・コーラス・セレクションの男声版も考えないといけないし。
 いろんな曲を書きたいのに筆が遅いので時間が全然足りません。せめて一曲ずつこつこつと愛情こめて・・。

2008/1/1 | 投稿者: KINOSHITA

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は正月休み明けの〆切が多く1月中に仕上げなくてはいけない新しい曲集もあるため、正月休みはほとんど無しです。そのかわり2月中旬にしっかり休むつもり。

 朝しばらく新作の浄書をしてから地元公園へ。12月は全く散歩する余裕なく終わってしまったので、元旦散歩しました。公園内に弁天様があって日頃からしょっちゅうお参りしているのですが、元旦はさぞ混んでいるだろうと思ったら、意外なことに空いていてすぐお参りできました。これはラッキーとお賽銭を入れてお祈りしようとしたその時、建物の中から「なにやってんだ、ばかやろう!」という神さまの罵声がふってきてびっくり。お賽銭が硬貨だったので叱られたのかと思ったら、建物内で年輩の神社関係者が若者をしかっているのでした。「だからおまえはだめなんだ、ばかやろう!」参拝者が拝んでいる丁度向かい側に立ってどなるもんだから、その罵声はストレートに参拝者にそそがれることに。今年はまだ何も悪いことやってないのに神さまから怒鳴られててしょんぼりの元旦でした。

 気を取り直して久しぶりに公園を歩いて池の水鳥を激写しました。相変わらずのへっぽこカメラマンですが、いろいろな水鳥を写すことができてかなり元気回復しました。

クリックすると元のサイズで表示します
元旦にふさわしく雲一つない真っ青な空でした。

クリックすると元のサイズで表示します
初オナガガモ。

クリックすると元のサイズで表示します
初キンクロハジロ。

クリックすると元のサイズで表示します
初ユリカモメ。

クリックすると元のサイズで表示します
初ハシビロガモ。