2008/10/31 | 投稿者: 木下牧子

 先週末の25〜26日、大阪の国際会議場で全日本吹奏楽コンクールの審査をしてきました。その前の週は普門館で中・高校の全国大会がありましたが、今回私が審査したのは大学・職場・一般の部。この大人の部は金管や打楽器の音量が非常に大きくなるので、以前1500人くらいのホールで聴いたときは耳が壊れそうになりましたが、今回は2,500人収容の大きい会議場なのでちょうどよかったです。二階の正面の席で聴いたので音はバンバン飛んできましたが、音量が飽和量を越えた団体はほとんどありませんでした。

 さすがに全国大会だけあってどこも実力が高く、金賞はともかく、銀賞と銅賞に分けなければならないのはしのびない感じでした。全国大会の審査はこれでたしか三度目?ですが、出場団体で直接関わりのある団体は皆無なこともあり、私なりにかなり客観的な審査ができたのではないかと思います。

 私の採点基準の第一はサウンド。楽器それぞれの音、それがすべてブレンドした時の全体の響きの音色バランスと音量バランスがいい団体は、開始10秒くらいで聴き手の心を掴むことができるように思います。そしてそういう団体はどんなffを演奏しても「うるさい」感じにならない。もっともこういう基礎的な力をアップさせるのは最も難しいかもしれません。

 採点基準の第二は課題曲をどう自分たちのものにして魅力ある演奏をしているかということ。そのために5つのうちどの課題曲を選ぶかも重要そうです。今年は5曲とも平均して演奏されていたように思います。個人的には3の「セリオーソ」(吹連委嘱作品/作曲 浦田健次郎氏)のシンプルでありながら緊張感に富んだ深い音楽に魅せられましたが、全国大会まで勝ち上がった皆さんが4ヶ月に渡って練り上げると、どの課題曲もその魅力がよくあらわれて聴きごたえがありました。さすがに大人の団体はあたえられた参考演奏そのままコピーという演奏はなく、どの団体も一歩踏み込んでより魅力的な音楽を作っていたのが印象的でした。

 採点基準の第三は自由曲の選び方です。その団体の長所を生かせて、曲自体も変化に富んた魅力的な音楽で、最後に感動的な山が形成されればいうことなし。ですが、そういう曲がそんなにたくさんあるわけもなく、皆さん毎年選曲にさぞ苦労なさることと思います。
 大人の部では邦人作品が多いですが、これはとても意義のある大切なことだと思います。本当にいい作品は滅多に出ないかもしれないけれど、どんどん生み出していくことで、作曲家も育てられるし、吹奏楽界も発展していくと思います。もちろん素晴らしいアレンジのクラシック作品を聴くのも喜びの一つですが、それだけしかなかったら吹奏楽の魅力は半減だなあ。
 数年前に聴いたときは天野正道作品が人気沸騰してましたが、今年も邦人作品がたくさんあって(一般の部では鈴木英史作品が最多で3作!)楽しめました。今後もどんどん作曲家との共同作業で新しい魅力のある作品を世に紹介して頂きたいと思います。私もそのうち(三年後ぐらい)また吹奏楽を書いてみたいと思いつつ聴いた2日間でした。

【第56回全日本吹奏楽コンクール金賞受賞団体】

大学の部 龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部(京都府)
     駒澤大学吹奏楽部(東京都)
     近畿大学吹奏楽部(大阪府)

職場の部 ブリヂストン吹奏楽団久留米(福岡県)
     ヤマハ吹奏楽団浜松(静岡県)
     NTT東日本東京吹奏楽団(東京都)

一般の部 名取交響吹奏楽団(宮城県)
     ソールリジェール吹奏楽団(埼玉県)
     土気シビックウインドオーケストラ(千葉県)
     大津シンフォニックバンド(滋賀県)

 最初、土気シビックウインドオーケストラを書き落としてしまい、ご指摘を受けました。関係者の皆様、大変失礼しました。実はこの土気シビックウインドオーケストラは、今回聴いた2日間の熱演の中で、私個人が最も感銘を受けた素晴らしい演奏をした団体でした。なのになのに私ったら。

2008/10/18 | 投稿者: 木下牧子

 今日は全日本吹奏楽コンクールを聴きに「普門館」に行ってきました。ちょっとお仕事の関係で臨時派遣記者として全国大会の中学の部を朝9時から聴いてまいりました。凄い人気なので普通だったらチケットなんて取れないんですが、お仕事だと特等席で聴かせてもらえるんですよね。役得役得。遅刻しそうになって慌てたもののぎりぎりセーフ。朝9時にホールに到着するだけで大変なのに、その時間にパワー全開で吹奏楽を演奏しなければいけないってさぞ大変でしょう。朝何時に起きて調整するんでしょうねえ。
 でもどの団体もそんなことモノともせず素晴らしくパワフルでハイレベルな演奏を聴かせてくれました。さすが全国大会。今日は審査員じゃないせいもあって、それぞれの団体の演奏を心から楽しんで聴きました。プログラムに真っ黒に感想の書き込みをしながらですが・・。この感想記が発表されるのはまだ先なので、残念ながらここでは内容を書けません。もうしばらくしたら詳しくご報告しますね。

 9/26日に室内楽作品展で「打楽器コンチェルト」を発表するため、夏から秋までずっと打楽器アンサンブル頭だった私。無事発表できたはいいけれど、その後なかなか頭が声楽に切り替わらなくて大変でした。締切予定を大幅に過ぎてしまっている(重めの)歌曲新作を書き上げるため、この半月かけてようやく頭を「歌曲」にシフトしたというのに、今日一日吹奏楽を聴いたらすっかり吹奏楽頭になってしまいました。明日は千駄ヶ谷の二期会会館第一スタジオで「二期会日本歌曲研究会」の講師を務めるので、夜の間にまた「歌曲」頭に戻しておかないと。

 明日の歌曲研究会では私の歌曲集「秋の瞳」を全曲取り上げます。直前のお知らせになってしまいましたが、もし興味おありの方はぜひお出かけください。聴講の方は当日直接お越しいただければ大丈夫のようです。受講料¥2,000で、朝10時〜10時半までの間に二期会会館までお越しいただいて、聴講の旨お伝えください。

2008/10/15 | 投稿者: 木下牧子

 最新CD(右欄)が室内楽作品集「ふるえる月」から歌曲集「C.ロセッティの4つの歌」に変わりました。この歌曲CDは実は9/24日に既にリリースされていて、本来なら出た途端に大宣伝するところですが、9/26の「室内楽の夜」開催の直前だったため、少し落ち着くまでご紹介時期を待っていました。そろそろいいかなということで、ここに正式宣伝させていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します
木下牧子歌曲集「C.ロセッティの4つの歌」
日本伝統文化振興財団 VZCC-1013

 私の三枚目の歌曲CDで、録音は今年3月中旬。響きの良いことで知られる府中の森芸術劇場ウィーンホールで行われました。プログラムは最近人気があってよく演奏される「C.ロセッティの4つの歌」と最新作「父の唄」、それに初歌曲集「晩夏」の3曲集です。
 演奏のソプラノ神野靖子さん、野崎由美さん、バリトン松井康司さんのお三方は、今日本でもっとも日本語歌唱が上手い演奏家(と私が信じる人々の中の3人)で、ピアノは奏楽堂日本歌曲コンクールで三度も優秀共演者賞を受賞なさっている小原孝さん。小原さんはポピュラーピアノの華やかな印象が強いですが、日本歌曲での緻密で表現力豊かな演奏も素晴らしいものがあります。また「父の唄」ではアルト・サックスの彦坂眞一郎さんとピアノ東井美佳さんの客演もいただいて、とても豪華な顔ぶれとなっています。

 歌曲の録音てとても難しいのですが、今回は録音も編集も丁寧に行っていただき、音やバランスもいいし、ジャケットデザインもきれいで、とても質の高いCDに仕上がりました。うれしい!「ロセッティの4つの歌」は合唱の皆さんにもフレーズの作り方などで参考にしていただけると思いますし、新曲「父の唄」でのバリトンとサックスの新鮮な響き、初演から13年で初めて素晴らしい録音ができた「晩夏」と、聴き所もたくさんです。
 ぜひぜひお聴きになってみて下さい!

2008/10/15 | 投稿者: 木下牧子

 うちのマンションのベランダからは公園一望!公園まで徒歩1分。はっきり言って公園の中に建っているようなロケーションなんですが、にもかかわらず、ここ3ヶ月ほとんど足を踏み入れていませんでした。「打楽器コンチェルト」の追い込みでずっとカン詰め。一日中Macの前に座りっぱなしで、公園なんかどうでもいいという心境でした。心に余裕がないと自然を楽しむこともできないんです。室内楽個展が大成功で終って、家の改装工事が済んで、ムジカ・アルブル主催の木下作品展も満員盛況で終わったけれど、今度は安心のあまり疲れがどっと出て一週間くらい腑抜けになっていました。

 10日を過ぎてようやく疲れが抜け平常が戻ってきたので、昨日と今朝(14日)、本当に久しぶりに公園散歩をしました。ちょうどいいタイミングで冬鳥の飛来第一団を発見!早速写真に収めました。例年より渡ってくる時期がちょっと遅い気もしますが、今日の朝オナガガモとキンクロハジロのグループのそれぞれ第一団が到着して池で休んでいたので、これから続々到着するはずで、11月上旬くらいには池が冬鳥でいっぱいになるはずです。楽しみ楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の初オナガガモ。シベリアから何千キロも飛んできて疲れているのでしょう、みんなうつらうつらしていました。左の3羽がオス、右の2羽がメスですね。もうしばらくすると、オスの尾はもっとりっぱにピンとなり全体に色がくっきりと美しくなって雌雄の外見の差がはっきりしてきます。

 しかし昨日公園を見回って不思議に思ったのは、留鳥のカルガモがどこにもいないことでした。冬鳥が飛んでくるまでの間、池はカルガモの天下のはずなのに・・。たまたま昨日今日と会えなかっただけならいいのですが。一説には不届き者が池に放ったブラックバスがカルガモの幼鳥を食べちゃうのではないか、といった恐ろしい噂もあり。
 
クリックすると元のサイズで表示します
静かな公園も野生生物にとっては弱肉強食の厳しい世界なんですね。

2008/10/7 | 投稿者: 木下牧子

 日曜日は日帰りで名古屋へ。ここ数年、私の作品を次々とエネルギッシュに演奏し続けてくれている名古屋の男声合唱団「シンガーズなも」(指揮 片桐 真氏)が、11月8日にしらかわホールで「光る刻」の男声版初演をおこなうので、その練習立ち会いに行ってきました。「光る刻」のオリジナルは混声で、一部でとても人気の高い組曲ですが、どんどん楽譜がODPになってしまう昨今、残念なことにあまり演奏される機会は多くありません。
 今回片桐氏からの委嘱で男声版を作ってみたのですが、これ、男声にとても向いているかもしれません。かなり歌曲的なフレーズのうねりを必要とするので演奏は難しいかもしれませんが。「シンガーズなも」は、私の知る男声合唱団の中でもとりわけフレーズを歌うのが上手い団なので、練習ではとてもいい感じに仕上がりつつありました。11/8日の本番が楽しみです。

 練習立ち会いのあと、帰りの「のぞみ」の時間まで少し間があったので、駅地下に出来た食堂街の一軒で「ひつまぶし」を食べました。うな丼のようなものですが、お櫃に多めのご飯とタレと鰻の細かい切り身(蒸してなくて直接焼いてあるのでこんがり感が強い)が乗って出てくるので、中身をまぜて、先ず一杯目はそのままお茶碗によそって食べ、二杯目は刻みノリと刻みねぎをのせて、三杯目はそれにわさびを入れてお茶漬けにして食べました。わさびは二杯目で入れるのかもしれませんが、私はお茶漬けにわさびを入れるのが好きなので。高級なうな重はおいしんだけれど、最後のほう必ず濃厚な味に飽きてしまうんですよね。ひつまぶしの食べ方はとても気に入っています。食べ過ぎてしまうのが難点ですが。

 お腹いっぱい食べて幸せな気持ちで新幹線に乗り込み、ぼ〜んやり放心していたら東京についてしまいました。そこまでは上々だったのですが地元駅に着いたら何と雨が・・。駅ビルの出口からうちのマンションまでせいぜい3分というところなので、傘を買わずにそのまま歩き出したのですが・・かなりの本降りであっという間にびしょぬれになってしまいました。きちんとしたスーツを着てこんなにずぶぬれになったのは初めて。でも面倒なのでそのまま濡れて帰りました。気温がほどよい時期なので別に風邪をひくこともなくすみました。ただお気に入りの靴が・・。

2008/10/4 | 投稿者: 木下牧子

 きのう、『ムジカ・アルブル」主催のオール木下作品演奏会があり、大勢のお客様が来て下さって何と満席になりました。お忙しいところお越し下さった皆様、ありがとうございました!私はゲストという気楽な立場なので、女声合唱、ピアノソロ、サクソフォンカルテット、独唱、ピアノ連弾など自分の作品ばかりを優れた演奏で聴けて、作曲者として本当に幸せでした。すてきな演奏会を企画してくださったムジカ・アルブルの皆さんに感謝!

クリックすると元のサイズで表示します
Ensemble詩音の皆さんと指揮の鈴木静子さん

クリックすると元のサイズで表示します
クローバー・サクソフォン・クァルテットの皆さん

 例によって本番写すことができず、上の写真はリハーサルの模様です。出演者の皆さんごめんなさい。打ち上げも演奏者の皆さんと楽しく盛り上がって帰ってきたのですが・・・、今日になってものすご〜く疲労が押し寄せてきました。

 何しろ8〜9月は自分の室内楽作品展のための打楽器コンチェルト作曲に没頭しつつ、出演者のスケジュール調整や練習場の確保やレンタル楽器の手配やちらしのデザインなど山のような雑務をこなさねばならず、それと同時に新作歌曲CDリリースの準備で音源の編集立ち会いやジャケット写真のデザインやブックレットの文章書きやらやることたくさん!でもがんばって9月上旬にはほぼすべての作業を終了し、9月中旬以降は作曲缶詰、21日に最後のページを書き終え、演奏会直前の23〜25日の3日間はぶっ通しで長い真剣なリハーサル、26日の演奏会当日は朝から晩まで何だか知らないが大忙し。大成功のうちに終了ののちも余韻に浸る間なく、翌日は友人2人に来てもらって演奏会の残務整理やいただいたプレゼントやお花の整理。そのあと混沌と化していた部屋を整頓掃除して、その翌日からは部屋の改装工事が4日続きました。

 ブログに書く暇がなかったのですが、6月中旬の朝、「ポタ、ポタ、ピチ、チャプ」という不思議な音で目が覚め、よく目を凝らすと、何と天井から畳のうえに水滴が次々と落ちているではありませんか!急いで飛び起きて水が漏っている所にバケツやらたらいを置きタオルで水を拭き取り、管理人さんに連絡してマンションの上の階のお宅の元栓を閉めてもらったのですが・・。上の階の方が台所の水道の蛇口を少し開いたまま流しのふたを閉めて仕事に出掛けたため、流しから水が溢れて床が水浸しとなり、それがうちの天井やかべにどんどんしみ出してしまったようです。
 幸い上の階の方がとても誠実な方だったのでトラブルにはならず、保険で天井張り替えや壁紙の交換、畳替えなど行ってもらえることになりました。9月中旬に工事が入るところを私の演奏会終了まで待ってもらったので、演奏会後すぐ工事が始まったのでした。4日間で天井も壁も本当にきれいになり畳も新しくなりました。気持ちいい!さすがプロは仕事が早くて美しく仕上げてくれますねえ。腕のいい職人て格好いいです。

 そしてきのうはアルブルの演奏会にゲネプロから打ち上げまで付き合ったので、きょう漸くほっとする時間を持ちました。や〜れやれ。でもよく考えると、もう10月だというのに9月末締切の作品にまだ手もつけていません。どうしよう。

2008/10/2 | 投稿者: 木下牧子

 数日前にもお知らせしましたが、明日3日(金)午後7時から、かつしかシンフォニーヒルズ モーツアルトホールで、「ムジカ・アルブル」第二回公演が行われます。これは柏市の音楽家たちが立ち上げたグループで、昨年に続き二度目の公演だそうです。今回はオール木下プログラムとのことで、私の作品の中から、女声合唱曲集、歌曲集、ピアノ曲、ピアノ連弾、サクソフォン四重奏曲という変化に富んだ選曲をしてくださっています。
 ちょうど一週間前(もうそんなに経ってしまったとは!)に開催した木下牧子作品展3「室内楽の夜」は、個性的な編成の現代作品ばかりでしたが、今回は編成も内容もかなり親しみやすくメロディの美しい作品揃いとなっています。(ピアノのための「夢の回路」だけかぶっていますが。)

 今回のプログラムでの注目は、女声合唱の最新曲集「花のかず」の事実上の全曲初演がおこなわれることと、私のもっとも初期の作品!サクソフォン・カルテットが本当に久しぶりに演奏されることです。「花のかず」はシンプルな二部合唱ですが、とてもメロディが美しくて大人っぽいです。今年出版されてすぐ重版になりましたが、音楽之友社の別冊付録への書き下ろしだったため演奏初演がされず、あまりまだ知られていないようです。今回はプロの女声合唱団なのでしっとりした大人の演奏が聴けそうです。ぜひ女声合唱の皆さんに聴いていただきたいです。
 それからサクソフォン・カルテットは私が東京芸大2年の時書いた最初期の作品で、とっってもおフランスな雰囲気の典雅な作品です。石桁真禮生先生に「大家がビール飲みながら一気に書いたような曲」というお言葉をいただきました。これは「すごい褒め言葉」らしいです。今はこういうピュアでオーソドックスな曲はとても書けない気がしますが、自分ではとても気に入っている作品です。この機会にぜひお聴き頂ければうれしいです。演奏するクローバー・サクソフォン・カルテットはキングレコードからCDデビューも果たした今売り出し中の若手実力派グループで、その演奏も楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

ムジカ・アルブル第二回公演「木下牧子展」

日時 10月3日(金)午後7時開演 
場所 かつしかシンフォニーヒルズ モーツアルトホール

1. 女声合唱とピアノのための『花のかず』
  鈴木静子(cond)岡部裕司(pf)アンサンブル詩音(F-cho)
2.ピアノのための『夢の回路」 堀田万友美(pf)
3.サクソフォン四重奏「アンダンテとカプリチオ」
  林田祐和、田村真寛、貝沼拓実、坂口大介(以上Sax)
〜トーク  木下牧子(ゲスト)〜
4.歌曲集「秋の瞳」全9曲 渡邉真弓(Sop)、三原敦子(Pf)
5.ピアノ連弾曲集「やわらかな雨」 
  岡部裕司、堀田満友美(以上Pf)
6.女声合唱とピアノのための「ファンタジア」全6曲

一般:前売¥3,000 当日¥3,500 学生:前売・当日共¥2,800
問い合わせ ムジカ・アルブル事務局 04-7154-1679