2009/1/27 | 投稿者: 木下牧子

 生協というと思い浮かぶのは、マンション一階のロビースペースで食に熱心そうな住人数人が地べたに座り、段ボールから泥付き野菜を出して仕分けしている・・という図。昔は共同購入システムしかなくて、4人くらい集まらないと野菜を配達してもらえなかったんですねえ。ただマンションの共有スペースで仕分けするのはやめてほしい、などと心の中で思ったりしていました。

 私の中では生協というとずっとそのイメージ。「地球には優しいが面倒くさい」という印象だったのですが、昨年末いろいろ忘年会に出ておしゃべりしたところ、大学の先生、演奏家、研究者という音楽キャリア仲間が私以外全員生協に入っているという驚愕の事実が判明しました。なんでも個人宅配というのがあって、新鮮な食材を週一回ドアまで直接持ってきてくれるとのこと。いつの間にそんな便利なシステムに進化していたのでしょう。

 ご紹介キャンペーン中だから、というので友人の紹介で入り、今年から個人宅配を利用しています。う〜ん、これは便利だ。毎週届く厚いカタログから、一週間の献立を考えつつ注文書に書き入れていきます。う〜ん、楽しい。生協の担当の方が食材を運びに来るとき次回の注文書を渡すので、その日の午前中は一週間の献立をじっくり考える時間帯となります。ただでさえ作曲時間が足りないので余計なことに時間を割きたくないところですが、食についてしっかり考えるのはこれからの年齢とても大切ですし、いい気分転換になります。

 一月から始めたのですが、肉は牛、豚、鳥肉をまんべんなく、魚も生と干物などをバランスよく、それから生協はなんといっても産直野菜ですから、たっくさん野菜も購入。牛乳やヨーグルトもおいしいし。日頃は重くてあまり買わない根菜類もキロ単位で購入できて、毎日の食のメニューがとてもバラエティ豊かになりました。なにより一週間分まとめて購入することで、トータルの食バランスを考えられるのがいいです。

 それに肉や小魚などはバラ凍結になっているので、少しずつ衛生的に使えて便利です。忙しい主婦のために、生協はこんなに進化していたんですね。

 エンゲル係数がさらに跳ね上がってしまうのではないかと心配しましたが、衝動買いや出来合いのお総菜の購入がほとんどなくなったので、かえって経済的かもしれません。と、今のところいいことづくし。しばらく続けてみるつもりです。