2009/4/28 | 投稿者: 木下牧子

 少し前の話になりますが、友人と国立新美術館にいって来ました。開館当時かなり話題になりましたが、3年経って少しは空いてきただろうということで、展示もさることながら建物見たさで出掛けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
駅から直結の国立新美術館エントランス

 黒川紀章氏設計の建物は想像以上に個性的でした。壁がすべてガラス張りで曲線を描いており、周りの緑豊かな森が建物内からそのまま楽しめるようになっています。しかも一階から天井まで吹き抜けでやたら開放的。
 
 ご本人のコンセプトは「10を超える展覧会が同時並行で開催できるよう、作品搬出入はあらゆる意味で機能性を重視している。他方で、エントランスロビーのアトリウムは21.6mの天井高で、透明で大波のようにうねる外壁面が特色である。日射熱・紫外線をカットする省エネ設計でありながら、周囲の森と共生する建築である。いつも人々が訪れ、レストラン、カフェ、ミュージアムショップが、新しい東京の芸術文化のサロンとなることを願っている。」とのこと。

 素人目には曲線の総ガラスでは地震に弱そうと思ったのですが、「免震装置による地震・安全対策、雨水の再利用や地下自然換気による省エネ・省資源対策、車いす仕様のエレベーターによるバリアフリーへの対応、さらには地下鉄乃木坂駅に直結する連絡通路など、様々な機能性を追求した施設づくりとなっている」そうです。

 黒川紀章氏といえば、亡くなる直前の都知事選、参院選でのややエキセントリックな選挙運動のことばかりが印象に強いのですが、こういう建物を目の当たりにすると改めて日本を代表する偉大な建築家だったのだなあと実感しますね。

 いくつもある展示室ではいろいろな公募展を同時開催しているようで、平日というのにアトリウムには大勢の人が溢れていましたが、我々が見た企画展「アーティスト・ファイル2009ー現代の作家たち」は案外空いていてじっくり鑑賞することができました。現代音楽と同じで、現代美術というのも何を基準に一流と判断するかが難しいですが、平面、立体、映像、インスタレーションと表現手段の異なる7人の作家の作品はそれぞれに個性的で変化に富んでおり、興味深く鑑賞しました。

 もうひとつ、この美術館で感銘を受けたのはレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」。接客係の応対はイマイチでしたが、料理はとても洗練されていておいしく、おもわず昼からワインを飲んでしまいました。おいしいわりに値段はお手頃です。休日はさぞ混雑することでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
一階から三階のレストランを見る。宇宙船のよう。