2009/5/14 | 投稿者: 木下牧子

 演奏会のお知らせを…。来月6月6日(土)旧東京音楽学校奏楽堂において、第7回・二期会日本歌曲研究会演奏会が開かれます。今回はこの会の委嘱による私の新作も初演されます。歌曲集「動物詩集」(詩/三好達治)全7曲。それぞれは短くてトータルでも12分弱ですが、どの曲もなかなかに個性的で面白い作品集になったと思います。
 よく考えると私って動物関連の詩を選ぶことが多いんですよね。合唱でも「光る刻」「わたしはカメレオン」などがありますし、単発でも随分動物を歌った歌があります。
でも今回は特に歌曲ということで、動物を擬人化した茶目っ気のあるテキストを多く使っているので、歌うにせよ聴くにせよ感情移入しやすいと思います。三好達治ってウェットな詩もいいですが、こういう洒落た詩も本当に巧い!

 初演は私の作品をいつも好演してくださるソプラノの野崎由美さん、ピアノは東井美佳さんです。このほかバリトン、サックス、ピアノによる歌曲集「父の唄」(初演の松井康司さんが再演してくださいます)、「抒情小曲集」からうぐいす、夕顔なども演奏されるので、ちょっとした木下作品特集にもなっています。もちろん山田耕筰、團伊玖磨、中田喜直、といった歌曲界の定番名曲もたくさん演奏されます。演奏は名手揃いですので、興味おありの方はぜひお出かけください。

第7回・二期会日本歌曲研究会演奏会

クリックすると元のサイズで表示します


日時 2009年6月6日(土) 午後1時30分開演
場所 旧東京音楽学校奏楽堂(JR上野公園口10分)
主催 二期会日本歌曲研究会
出演 
内田もと海、基山みづほ、小池芳子、竹内宏佳
武かほる、野崎由美、前中榮子、山本富美(S) 
清水邦子(M.sop)小林顕英、中村健(以上Ten) 
松井康司、宮本哲朗(以上Bar)
東井美佳、朴令鈴(以上Pf)彦坂眞一郎(Sax)

曲目 
山田耕筰:鐘がなります、からたちの花、この道
信時潔:「沙羅」より 
平井康三郎:秘唱、うぬぼれ鏡
中田喜直:鴉、かげ、サルビア、ゆく春
三木稔:「花ものがたり」より
木下牧子:歌曲集「父の唄」全曲、
     「抒情小曲集」より 夕顔 他
前田佳世子:てがみ、小さな恋の物語、あい
石桁真礼生:民話による4重奏曲「河童譚」
《今年度委嘱作品》
木下牧子:動物詩集(詩/三好達治)

二期会チケットセンター 03-3796-1831