2009/7/25 | 投稿者: 木下牧子

 ここ一週間ほど頭が冴えまくって朝昼晩それぞれ別の曲を作曲しています。集中力のあるときは一週間でもかなり捗ります。この調子で8〜9月ずっと作曲すれば、〆切りを落とさずにすむかもしれません。しかし集中力持つでしょうか。

 そんなことでブログがご無沙汰してしまいましたが、今月15〜16日は三鷹「風のホール」でのレコーディング立ち会いをやっていました。私の曲をよく取り上げてくださるソプラノの野崎由美さんが、今回私の作品だけでCD一枚にまとめてくださるというので、丸2日間、ディレクターの古池公美さんの横で、ああだこうだ感想をいいながらレコーディングルームに籠もってました。
 作曲家がべったり立ち会うって演奏者や関係者から見るとさぞ気が重いんでしょうが・・私はとても楽しかったです。三鷹芸術文化センター「風のホール」はとてもいいホールで、しかもうちから車で10分かからない近さなので作曲を放り出して遊びにいってました。
 よりによってピーカン夏晴れの二日間で、立ち会っただけでもぐっっったり疲れたので、演奏した野崎さんとピアノの小原孝さんはさぞやお疲れになったでしょう。特に演奏中はホールの冷房を切るので、いつもひんやりのレコーディングルームにいた私には想像つかない大変さだったのでは。皆様お疲れ様でした。でも野崎さんの歌、小原さんのピアノともにいつもながら素晴らしく、とても質の高い録音になったと思います。出来上がったCDを聴かせていただくのが楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します
野崎由美リボン日記から借用

 収録曲目は「抒情小曲集」全曲(合唱では「月の角笛」というタイトルです)のほかは新曲という意欲的なプログラムで、昨秋野崎さんの委嘱初演で世に出た歌曲集「古風な月」全曲、それにこの6月に二期会日本歌曲研究会で委嘱初演されたばかりの「動物詩集」全曲です。「古風な月」「動物詩集」とも難易度は高めでどちらかというとプロ向きかもしれませんが、鑑賞用には最適です。とても旋律の美しい作品やちょっとコミカルな作品,ドラマチックな作品など本当にいろんな曲がぎっしり。リリースは野崎さんのクリスマスリサイタル時期になるそうですので、多くの方に聴いていただけたら嬉しいですね。またリリース時期になったらご案内します。