2009/9/13 | 投稿者: 木下牧子

 どうも。9月に入ってからは他を寄せ付けない感じで作曲がんばっていますが、まだ先は長い…。
 きのうの土曜日は珍しく、上野の旧東京音楽学校奏楽堂の「奏楽堂がおくる日本歌曲のすべて」という4回シリーズコンサートの第一回を聴きにいってきました。私の作品「C.ロセッティの4つの歌」もプログラムに入っていたので。
 なんと言っても、タイトルが「日本歌曲のすべて」ですよ!第一回の作曲者も山田耕筰、貴志康一、清水脩、伊福部昭、團伊玖磨、小林秀雄といった歴史的ビッグネーム揃い。その中に私も加えていただいてほんと光栄なことです。演奏者も日本を代表する日本歌曲スペシャリストの皆さんばかりですから聴きごたえがありました。そんな名手揃いの中でも、私の曲を歌ってくださった神野靖子・小原孝コンビの演奏は本当に素晴らしかったと思います。今まで何度も大きな本番で演奏してくださっているので、作品がすっかりお二人のものになっていて自然に湧き出るような演奏でした。演奏後の会場の拍手の大きさがそれを証明していたと思います。いや〜こういう場に立ち会えるのって作曲家冥利につきるなあ。作曲が遅れても上野に出かけた甲斐がありました。

 今日はまた頭を声楽から器楽に戻してピアノ・カルテットに没頭。2楽章と3楽章を同時進行中です。