2009/10/24 | 投稿者: 木下牧子

 11月16日(月)に関西歌曲研究会の主催で「木下牧子による日本歌曲ゼミナール」という講習会が開かれます。演奏してくださるのは下岡万祐子さん、山本企佐子さん、内藤里美さんのお三方。曲は歌曲集「晩夏」「秋の瞳」「ロセッティの4つの歌」より数曲ずつ抜粋となります。関西方面で興味のある方はぜひご参加ください。詳細を載せておきます。

主催:関西歌曲研究会
【木下牧子による日本歌曲ゼミナール】


■日時:2009年11月16日(月)午後6時から
■会場:三木楽器開成館
■聴講料:¥2,000(自由席)※関西歌曲研究会会員は無料

■演奏者と曲目(ピアノ伴奏:田中実子)
 下岡万祐子‥歌曲集「晩夏」より 手 せめて銀貨の三枚や四枚
 山本企佐子‥歌曲集「秋の瞳」より 秋の悲しみ、竜舌蘭
 内藤里美‥「C.ロセッティの4つの歌」より 私が死んでも、夏

■三木楽器開成館へのアクセス
 地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅下車12番出口から徒歩5分
 〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町3−3−4 Tel 06-6252-1820


■お問合せ:関西歌曲研究会 Tel.06-6135-0503 Fax.06-6135-0504

2009/10/24 | 投稿者: 木下牧子

 きのうは、来週三鷹芸術文化センターで録音予定の連弾曲集の練習立ち会いに行ってきました。演奏は小原孝さんと五十嵐稔さんのお二方。普通連弾というと先生と生徒、大人と子供、といったほのぼのした雰囲気を想像しますが、今回のはバリバリ弾けるピアニストが二人で火花散らしつつエキサイトしていく曲が多くて、練習聴いてても何だか興奮しました。

 全6曲でメロディが美しく流れるリリカルな曲、幻想的な響きを聴かせる曲、変拍子で疾走する曲、爆発的に盛り上がる曲といろいろです。ふふふ、これは録音が楽しみになってきました。リリースは来年4月あたりでちょっと先なので、詳細はもう少し伏せておきます。でも絶対面白いCDになると思うのでお楽しみに。