2009/12/21 | 投稿者: 木下牧子

 昨夜は東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユ第35回記念定期演奏会があって杉並公会堂まで出かけてきました。大学合唱団の定演に伺うのはなんだか久しぶり。最終ステージでOB合同ステージ「ティオの夜の旅」全曲、アンコールとして委嘱作「あお」初演を聴くのが目的でしたが、「方舟」初演以来何度も委嘱初演・名演を聴かせてくれているこの団(もちろん指揮は鈴木成夫氏、ピアノは山内知子さん)としても、昨夜は特に素晴らしい演奏だったように思います。

 「ティオ」は全5曲を発声を荒らすことなく、また音楽に破綻をきたすことなく歌いきるのは相当難しい組曲で、人気があるわりになかなか良い演奏に出会えないのですが、昨日の演奏には久々に興奮しました。

 一時期人数が減ってしまって心配したコール・ソレイユですが、いつの間にか人数的にも復活し、発声やピッチの基礎もしっかりして現役生がたくましくなっていました。OBも大勢参加してくださったのですが、皆さんお忙しい中、春頃からこつこつ練習に参加してくださったようで、現役生の瑞々しさとOBの表現力が合体して、ティオならではの躍動感を損なうことなく表現力の豊かな大人の演奏になっていました。ブラボー!!

 初演の「あお」はアンコール・ピースににしてはやや渋めの曲なのですが、詩(谷川俊太郎氏)が本当に繊細で美しく、そこに暗闇と光が交錯するハーモニーをつけてみました。仕上がるのがぎりぎりだったので合唱団に迷惑かけてしまいましたが、そんなこと全然感じさせないしっとり美しい初演を聴かせてくれました。
 今月初旬のオペラといい今回のコンサートといい、いつも一人でこつこつ曲を作っている作曲家へのご褒美!のような素敵な演奏会に立ち会えて幸せでした。

 そんなことで華やかな12月の行事もみんな終わり、下旬から2月下旬までは相当たくさん新曲を書いたりオーケストレーションしたり出版準備したりしなくてはなりません。きょうから作曲モード全開です。

2009/12/16 | 投稿者: 木下牧子

 新曲を出版まで待てない演奏者に、楽譜データをプリントアウトして送る、という約束をたくさんしていたのですが、マイクロラインが天命を全うした後、次に何を購入するかで悩みまくっていたので新機を購入できず、誰にも楽譜をお送りできないでいます。お約束した皆様ごめんなさい。やっと昨日注文したので新機が来るのは25日、楽譜お送りできるのは年内ぎりぎりとなります。もう少々お待ちください。
 
 うちではプリンタは20年くらいずっとOKIのマイクロラインです。何と言っても出力がきれいで丈夫で速くて静か。もう一台、年賀状・案内状の大量出力とカラープリント用にキャノンの複合機もフル回転してますが、楽譜出力専門として、高性能A3モノクロ・ポストスクリプト・プリンタは不可欠です。

 さすがにここ7年間でもっと安く性能のアップした機種がいろいろ出たに違いないと浮気心が起き、何件もの販売店で各社の新製品の実物を見、説明を受けました。しかし…う〜ん…。結局今まで使っていた機種が一番いいようです。最初は同じマイクロラインのTrue1200最高機種に乗り換えようかとも思いましたが、マイクロラインはここ10年近く大きく変わっていないので、もう少し待てばリーズナブルなTrue1200機種も出るに違いないと判断、今回のところは使い慣れた2030Nを再び購入しました。こんなことなら壊れた時すぐ注文しておけばよかった。

 モノクロ・ポストスクリプト・プリンタって需要が限られるせいか新機種が思ったほど出ていないんですよね。しかも、カタログで見るとよさそうでも、実際店頭で見ると本体がヤワで壊れやすそうだったり、一見高性能で安くても、購入時にインクがほとんど入ってなくて、高いインクカートリッジを頻繁に変えなくてはならない場合も多く、トータルすると思いの外高くつくことも多いのです。

 カタログをよ〜く読むと全情報が細かい字でちゃんと書いてあるのですが、その読み取り方はなかなか難しく、それをきちんと説明出来る販売員もなかなかいません。今回アキバ・ヨドバシカメラではよくわかる説明をしていただけて今までの疑問が解決しました!

2009/12/12 | 投稿者: 木下牧子

 オペラ終わったなあ、と思っていたらもう一週間経ってしまいました。2日間のみの公演だったのに、公演直後から観劇した方の感想がネットにたくさん載って、しかもどれも好評だったのが嬉しいですね。音楽関係者はもちろん、演劇系や文学系の方にも多く見ていただいたようです。「不思議の国のアリス」という題材にもよるのでしょう。

 公演の集合写真を何枚か載せておきます。6日の写真が少ないのが残念。そういえば、以前はこうした大きい公演はサイトに詳細にレポートと写真を載せていたのに、最近はブログがあるのできちんと公演記録にまとめることをしなくなってしまいました。いけないいけない。

■東京室内歌劇場第125回定期公演 オペラ「不思議の国のアリス」

クリックすると元のサイズで表示します
 前回も載せましたが、5日公演終了直後の舞台裏で。高揚した感じがよく撮れてますね。一人だけ扮装していないのが木下です。

クリックすると元のサイズで表示します
これも5日公演です。マエストロ大勝秀也氏を囲んで。
前列左から女王:三橋千鶴さん、アリス:里中トヨコさん、笑い猫:大井哲也さん。2列目左から帽子屋:布施雅也さん、ケシの花:末吉朋子さん。3列目左からマエストロ:大勝秀也さん、公爵夫人:前澤悦子さん、ジャック:近藤政伸さん。

クリックすると元のサイズで表示します
これは6日の公演後。演出の鵜山仁氏を囲んで。
前列(しゃがんでいる)左からケシの花:佐々木理江さん、白ウサギ:奥村喜美子さん、王様:明珍宏和さん。後列(立っている)左からお姉さん(ユリの花も):加藤奈保子さん、演出:鵜山仁さん、女王:延命紀子さん、ドードー鳥:大澤恒夫さん、公爵夫人:山本ひで子さん。

 全員の写真を載せたかったのですが、入手できずごめんなさい。特に6日アリスの赤星啓子さんの写真がないのが残念。公演中は出ずっぱり、公演終了直後から大勢のファンに囲まれていたので、写真を撮る暇がなかったようです。関係者で写真データお持ちの方、ぜひ下さい。


2009/12/9 | 投稿者: 木下牧子

 オペラ「不思議の国のアリス」無事終了しました。5日6日とも大入り袋が配られる大盛況で、公演も大成功でした。指揮の大勝秀也さん、演出の鵜山仁さん、アリス役の里中トヨコさん(5日)、赤星啓子さん( 6日)はじめ素晴らしいスタッフ、キャストに恵まれ、オーケストラも充実した響きで支えてくださり、作曲者として本当に幸せな二日間でした。こんな素敵な舞台を作ってくださった制作統括・松井康司さん始め東京室内歌劇場の皆さんに心から感謝します。
それから何といっても、お忙しい中テアトル銀座までお出かけいただいた皆様、本当にどうもありがとうございました!!

クリックすると元のサイズで表示します
5日のオールスターキャストと私。

 でも、これだけ丹念に準備した公演がダブルキャストで一日ずつの公演だけなんて勿体なすぎる気がしますねえ。どちらのキャストも素晴らしかったので、できれば3日ずつくらい上演してもらいたかったなあ…、いやいやあまり欲ばってはいけませんね。

 私は今回改訂もなにもしなかったのに、あまりに面白いので通し稽古、ゲネプロ両日、本番両日あわせて5日間、ま〜ったく作曲もやらずに毎日うきうきホールに通ってしまいました。オペラの現場って本当に面白いんですよね。この高揚感はある種の麻薬ですね。優秀な歌い手の皆さんとも顔見知りになれて、本当に楽しかったなあ。楽日の打ち上げも夜中まで飲んでました。

 またオペラを書きたくなってきてしまいましたが、来年はオケとピアノ曲の年なので、再来年あたりから少しずつ構想を練っていこうかな。

 初日はいろんな人とデジカメを撮ったのですが、二日目はロビーでお客様方とお話していたら出演者の皆さんがもう着替えてしまって、写真を撮れませんでした。残念。写真データは出演者の方からいただけたらまた追ってアップしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
5日女王:三橋千鶴さん(左)王様:明珍宏和さん(右)と。

2009/12/6 | 投稿者: 木下牧子

 きのう、オペラ「不思議の国のアリス」の初日でした。ホールはル テアトル銀座というおしゃれなホールで、京橋駅からすぐ。
 公演は素晴らしかったです。大成功!アリスの里中トヨコさんはじめキャストの皆さんがゲネプロよりさらにパワーアップして本当にいきいきした美しい声と芝居で楽しませて下さいました。新アリス誕生。初演以来演出は鵜山仁さんですが、今回は新プロダクションということで更に洗練された舞台を作ってくださり、照明や衣装、メイクなども素敵で、もうにこにこしながら聴いてました。

 初演、改訂初演の折は当事者なので、ぴりぴりと神経を研ぎ澄まして全身耳にして聴いていたものですが、三度目なので本当に楽。大勝秀也マエストロの指揮が冴えて、全体にオケの音色がとても艶ややかで序曲や間奏の音楽も美しく充実してました。私オケが大好きなので嬉しいです。二管でもいい音鳴るわ〜。

 寒くて雨でしたが、お客様がびっしり入ってくださって東京室内歌劇場から大入り袋いただきました。デジカメは壊れたままなので、出演者の方に写していただいた写真のデータをいただけたら公演の様子アップしますね。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日もル テアトル銀座でプレトークが午後1時半から、上演開始は午後2時からです。今日は赤星啓子さんのアリスです。そうそう、今日は公演後にアフタートークとして演出家・鵜山仁さんのお話もお聴きいただけます。新国立劇場演劇監督でいらっしゃるのに全然偉ぶらない飄々とした素敵な方です。ぜひこちらもお聴きになってお帰りください。