2010/6/18 | 投稿者: 木下牧子

 梅雨入り直前、実にさわやかな晴天の日が何日かあったので、作曲の合間にベッドパッドやらシーツやら大物をいっぱい洗濯して布団を干して、家じゅう掃除しました。晴天に洗濯物やら布団やらを干すと、なぜあんなに幸せな気持ちになるのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
ベランダにベッドパッドを干した図。

 6月ともなるとベランダから見下ろす公園の木々は樹海状態です。山奥に住んでいるわけではなくて、新宿からも渋谷からも快速で16分の所です。嘘みたいでしょう。曇り空みたいに写っているのが残念。本当は雲一つ無い真っ青な空だったんです。写真で青空を写すのは実に難しい…。

 14日には、7月4日「舫の会」で初演予定の女声合唱曲集の練習に立ち会って来ました。実によい感じに仕上がりつつあります。本格的な大人向けの女声合唱作品集を書くのはこれで一段落となるかもしれないので、ちょっと作曲に力を入れました。演奏会が楽しみです。詳細はまたお知らせしますね。

 16日は歯列矯正の月一度のワイヤー張り替えの日でした。半年経過して漸く慣れて来たと思っていたのに今回のワイヤーの張り方が一番痛くて憂鬱です。おまけに歯のかみ合わせも変えていかなくてはならず大変。一旦帰宅し、オーケストレーションを数ページ仕上げてから、夜新幹線で大阪に向かいました。ホテルニューオータニ大阪に深夜到着。

 17日は午前中ゆっくりして、午後からいずみホールで来年の全日本吹奏楽連盟の課題曲コンクールの演奏審査をしました。吹連の理事の皆さん方と作曲家3人による審査でした。作曲家は北爪道夫、西村朗という巨匠お二人になぜか私という顔ぶれ。最近の吹奏楽課題曲コンクールのレベルは相当上がってきていて、どの曲も(入賞しなかった曲も)聴き応えがあって感心しました。発表前なので詳細には触れられませんが…。今回二次審査に残った人は結果はどうあれ作品に自信を持って良いと思います。

 審査会が終わるやいなや帰宅。歯が痛いので、食いしん坊な私には珍しく新幹線の往復とも少し水分を補給しただけで、何も口にしませんでした。何も食べないほうが疲れが少ないことを発見しました。