2010/8/20 | 投稿者: 木下牧子

 以前ブログにも書きましたが、予約を取るだけに2時間半もかかった歯科大学病院、ようやく予約日になって再度出かけてきましたが、CTをとるか悩んでいるうち時間が経ってしまい、結局今回も治療に入らず終い。ぶつぶつ文句をいいながら病院をあとにしたのは午後5時ごろ。もう家に帰っても集中できそうになかったので、友人のピアニストを呼び出して映画を見に行きました。

 超多忙な友人なのに、たまたま夜空いているというので、新宿バルト9で落ち合い、今話題の「インセプション」を見ました。最近はもっぱらレンタルDVD頼みな上、ここのところ、ずっと作曲カンヅメ中なので、ちゃんとした映画館は本当に久しぶり。

クリックすると元のサイズで表示します

 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブに「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる、という筋。

 夢の何層も奥深くに入り込んで潜在意識を操作するという複雑なストーリーのわりにわかりやすく、何層もの夢の中の戦いが最後にひとつに集結していくラストは見応えありました。激しい撃ち合いや爆破シーンが多く、幻想よりアクションのほうがメインのようです。とはいえ完成度の高い上質のエンタテインメントで、とくに映像が素晴らしいので映画館まで出かけた甲斐ありました。

 主役のレオナルド・ディカプリオ以外はいろいろな国の俳優を使っていて、日本代表・渡辺謙は格好良く、他のキャストも皆好演。映像はスタイリッシュでゴージャス、音楽もブラスの低音を聞かせたミニマル系の音楽が心地よく、さすがハリウッドだけあってお金と技術をたっぷりかけた映画でした。世界中から才能を集めているんですね。

 ところで久しぶりに映画館に行ってひとつ驚いたことがあります。それは暴力的なほどの音響の大きさ。クラシック作曲家の繊細な耳がこわれるかと思いましたよ。ま、30分もするうち慣れましたけど。大画面と大音量、これが聴衆を魔法にかけるためのコツなんだろうけれど、あれ毎日聴いていたら絶対難聴になると思う。映画館の雰囲気そのものは好きなんだけれど…。