2010/12/5 | 投稿者: 木下

 11月の疲労困憊したムードを終わらせ12月から新たなスタートを切るため、11月末〜12月にかけて旅をしてきました。いつもなら温泉でまったりが定番ですが、運動不足を少しでも解消するため、私にしては遠出して歩き回るプランを立てました。といっても鳥羽の海沿いのホテルに宿泊してのんびり海を眺めたり、伊勢神宮参拝したり、ホテルそばの鳥羽水族館を見たり、という軟弱コースですが。

 東京から新幹線で名古屋まで行き、そこから近鉄特急で鳥羽まで。駅からホテルの送迎バスで5分くらいで到着。わかりやすいルートですが何やかやで家からホテルまで片道5時間くらいかかりました。

 ホテルはネットで熟考の末決定した、鳥羽の海を一望できる鳥羽国際ホテルです。今年リニューアルしたばかりのホテルでネットでの評判が高かったので決めたのですが、ホテル・サイトの写真どおり部屋が広々していて一面の窓からは鳥羽の海が一望できる最高のロケーションでした(今回の宿泊はオーシャン・ウィングの7階です)。一面の海を鳥の一群が渡っていくのを見ることもできて感動(野鳥の会会員の血が騒ぐ…)。部屋には双眼鏡も置かれていてナイスでしたが、倍率がもうちょっと高いと尚よかったなあ。
 
クリックすると元のサイズで表示します
部屋からの眺めの一部。海の雄大さを写真で撮るのは難しい。

 レストランもバーも大きい窓から海が一望でき、リニューアルしたてということでどこも新しくインテリアも洒落ていてゆったりした気分になれました。特にロビー階の海に面した屋外テラスが最高でした。料理もおいしかったし、ハイセンスなのにゴージャスすぎない程よさも心地よくくつろげました。このホテルはおすすめです!

 ということでホテル到着後はバーでウェルカム・シャンパンをいただいてのんびりゆったり、夕食はフレンチのフルコース(もちろん伊勢エビ料理つき)という豪華版。運動不足解消に出かけたにしては栄養を取りすぎですが、今年の誕生日は作曲の〆切前でお祝いどころではなかったので、遅めの誕生祝いということで。