2012/7/6 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
大阪コレギウム・ムジクム第五回名古屋公演
「バロックから現代へ」

■日時:2012年3月11日(日)18:00
■場所:しらかわホール
■出演:当間修一(Cond)菊武厚詞(筝)川崎敦久(尺八)木下亜子(Pf)シンフォニア・コレギウムOSAKA(管弦楽)大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
■曲目:
千原英喜:混声合唱のための「レクイエム」
中島はる:萬葉・防人の歌「手放れ惜しみ」
木下牧子:合唱と管弦楽のための「邪宗門秘曲」
S.バーバー:弦楽のためのアダージョ ほか
■主催:大阪コレギウム・ムジクム

■備考:「邪宗門秘曲」の変遷をざっと書き出してみます。
★1988年 ピアノ伴奏版初演
指揮:斉田好男氏
演奏:神戸大学混声合唱団エルデ(委嘱)
★1995年 ピアノ伴奏版改訂初演
指揮:浅井敬壹氏
演奏:住友金属混声合唱団
★2001年 1管オーケストラ伴奏版初演
指揮:当間修一氏
演奏:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
★2011年 2管オーケストラ伴奏版初演
指揮:本山秀毅氏
演奏:らくうた

 最初ピアノ伴奏版で作曲したときから、オーケストラ伴奏を作りたいと思っていたのですが、初演から四半世紀経った今、1管オケ版、2管オケ伴奏版ともに世に出すことができ、こうして今も演奏して頂けるのですから幸せです。どちらのオケ伴もカワイからパート譜レンタルされています。