2014/1/1 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
大阪コレギウム・ムジクム演奏会

■日時:2013年11月4日(月/祝)14:00
■場所:浜離宮朝日ホール
■出演:当間修一(指揮)木下亜子、沖田明子(Pf)
    大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
    大阪コレギウム・ムジクム合唱団
■曲目
 木下牧子:アカペラ混声合唱「ELEGIA」
 木下牧子:「原体剣舞連」ピアノ4手連弾版関東初演

 柴田南雄:「宇宙について」
■料金:S席¥5,500 A席¥4,500 B席¥3,500 C席¥2,500
■備考:「ELEGIA」は私のアカペラ作品では最も難しい曲集のひとつ。大阪ハインリッヒ・シュッツの演奏は透明で密度の濃い響きが素晴らしい。「原体剣舞連」はオーケストラ伴奏版がオリジナルで、2006年10月大阪コレギウム・ムジクム創立30周年演奏会で委嘱初演された作品です。今回パナムジカからの提案で、四手連弾版を作成、大阪ハインリッヒシュッツ室内合唱団の協力により初演されました。この4手伴奏版スコアは'13年11月にパナムジカより出版されています。

2014/1/1 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
Tag Blume(ターク・ブルーメ)
サロン・コンサートVol.5

■日時:2013年11月2日(土)17:00
■場所:やなか音楽ホール
■出演:森朋子(sop)薗田可奈子(cl)黒田聡子(pf)
■曲目
 キュネッケ:「どこかのいとこ」より
 シュポア:「6つのドイツ歌曲」ソプラノ、クラリネット、ピアノのための
 木下牧子:音楽物語「蜘蛛の糸」
       〜朗読、ソプラノ、クラリネット、ピアノのための〜 

■料金:一般¥3,000 学生¥2,000
■備考:音楽物語「蜘蛛の糸」は有名な芥川龍之介の短編「蜘蛛の糸」をほぼそのままテキストとして40分の音楽劇に作り上げたもので、声楽家が朗読と歌唱両方を担当し、クラリネット、ピアノはソロ、伴奏両方を担当する。三人のみの演奏で、ある意味、オペラ的なドラマチックな世界が展開する作品。2012年6月に Deux Lilasにより委嘱初演された。ターク・ブルーメの三人による演奏は'13年6/1に「サロンみぎわ」に続いて今回が2度目。カンダタが糸を上り始めてから、他人を蹴落とそうとして自分も地獄の底に転落してしまうまでの行き詰まるようなスリリングな盛り上げ方が素晴らしかったです。




AutoPage最新お知らせ